情報

第二次世界大戦直後に撮影されたこの写真を特定するのを手伝ってもらえますか?


この写真を特定するのを手伝ってもらえますか?

私が知っているのは、それが第二次世界大戦の直後に撮影されたということだけです。


1946年からの極東国際軍事裁判(IMTFEまたは東京裁判)だと思います。たとえば、あなたの写真とこれの間の壁のパターン要素(出典:ウィキペディア):


極東国際軍事裁判です。

壁のパターンと光を確認してください:http://en.wikipedia.org/wiki/File:IMTFE_court_chamber.jpg "> http://en.wikipedia.org/wiki/International_Military_Tribunal_for_the_Far_East


第二次世界大戦直後に撮影されたこの写真を特定するのを手伝ってもらえますか? - 歴史

アラスカの第二次世界大戦の悲しい章
アレウト族は安全のために移転しましたが、多くはワードレイクで亡くなりました
DAVEKIFFER著


アラスカ州ケチカン-65年前の今月、日本人はアラスカのアリューシャン列島に侵攻しました。

第二次世界大戦の壮大な計画では、それはほんのわずかでした。アイデアは、アメリカの「故郷」の領土を攻撃して、日本人がミッドウェイで米軍に壊滅的な打撃を与え、米海軍をパールハーバーやサンフランシスコに戻すことを望んでいた中央太平洋から注意を引くことでした。

戦後に明らかになったアリューシャン列島の攻撃には象徴的な理由もありました。日本の当局者は、1942年春の東京へのドーリットル空襲は、実際には日本列島に接近したアメリカの空母から来たのに、アリューシャン西部のアメリカの基地から来たと確信していました。

1942年6月4日、ダッチハーバーへの日本の爆撃。
歴史的写真-パブリックドメイン:海軍歴史センター
米国海軍省


アメリカの暗号学者が日本の海軍コードを破り、主な推進力がミッドウェーにあることを知っていたため、フェイントは失敗しました。その結果、米国は艦隊の大部分をミッドウェイに送り、日本の攻撃を撃退している間、アリューシャン列島での日本の動きに反対するトークンを作っただけでした。

しかし、日本軍がアリューシャン列島に上陸したことで、アメリカ当局は第二次世界大戦で最も物議を醸した決定の1つを行いました。それは、アリューシャン列島の住民をアラスカ南東部に移すことです。ケチカンのワード湖を含むいくつかのキャンプが設立されました。

1942年8月下旬までに、160から200のアレウト族(連邦政府の数字は正確な数については不明)がケチカンに住んでいました。約25%は、ほとんどが非常に若く、非常に年をとっていますが、ほぼ3年後に家に戻るために生き残ることはできませんでした。

1942年3月以降、アメリカの軍事情報機関は、日本の攻撃が900マイルの島の連鎖に沿っている可能性があることをアラスカの防衛当局に警告していました。 6月3日、日本の飛行機がダッチハーバーのアメリカの施設を爆撃し、数日後、アッツ島とキスカ島が侵攻しました。

40人以上の村人がアトゥで捕らえられ、残りの戦争を日本の捕虜収容所で過ごしました。かろうじて20人は試練を乗り越えてアラスカに戻るでしょう。

1942年6月18日、キスカ港への米国の空襲後の日本の輸送機関の燃焼。
歴史的写真-パブリックドメイン海軍歴史センター
米国海軍省


侵略後、アメリカ当局はチェーン内の残りの小さな村に避難するよう命じました。

「アレウト族の避難は、彼らの安全を確保するためにとられた合理的な予防策でした」と、「個人的正義の拒否」によると、戦時の民間人の強制収容に関する委員会の最終報告書は述べています。 &quotしかし、中心的な質問に答えると明らかになる管理と計画の大きな失敗がありました。アレウト族の福祉を担当する軍と民間の機関は、なぜアッツが実際に捕らえられるまで待ってから島を避難させたのですか?政府部門が予想した敵の攻撃の危険性について最も知識のある避難と移転の方針が策定されなかったのはなぜですか?そして、なぜ日本の侵略の脅威が過ぎ去った後、アレウト族の家への帰還が遅れたのか?」

委員会の報告によると、米軍は1940年以来、アラスカでの紛争の拡大を見越してアラスカとアリューシャン列島の基地を改善してきましたが、難民に対処する計画はありませんでした。その結果、急いで移転しました。

「アレウト族はアラスカ南東部の放棄された施設に移され、適切な保護や医療を受けずに厳しい気候と病気の蔓延にさらされた」と委員会の報告書は述べている。 「彼らは非常に高い死亡率の犠牲になり、彼らの文化を維持していた多くの長老たちを失いました。アレウト族がアラスカ南東部にいた間、アレウト族とプリビロフ諸島の彼らの家はアメリカ軍人によって略奪され、略奪されました。要するに、アレウト族の避難は時宜を得たまたは思慮深い方法で計画されていませんでした。彼らが送られたキャンプの状態は嘆かわしいものでした。彼らの第三国定住は遅く、思いやりがありませんでした。非常に多くのネイティブアメリカンのグループが経験した公式の無関心は、アレウト族にも印を付けました。」

アラスカ南東部の5つのキャンプに移住した800人以上のアレウト族のうち、少なくとも160人がウォードレイクにやって来ました(実際の数は200人だったとの情報もあります)。保全部隊であり、70人以下を収容することを意図していました。

セントポールの住民は、1942年に米国のデラロフ諸島がドックから離れ、アラスカ南東部の収容所に連れて行かれると、自宅を見つめます。
礼儀国立公文書館


CCCは、トータムバイト史跡やワードレイクレクリエーションエリアなど、ケチカンでさまざまなプロジェクトに関与した大恐慌地域の市民活動プロジェクトでした。最大65人の地元の男性がCCCに滞在しました。現在はウォードクリークの隣にある森林局3Cのキャンプ場の場所で、6つの二段ベッド、食堂、オフィスがあります。

CCCキャンプは、1941年12月の戦争の到来とともに解散したため、1942年4月に運用を停止しました。その後、キャンプは、ケチカンと夏のサーモンシーズンの到来とともに、ニューイングランドフィッシュカンパニーの冬の宿舎から追い出されていました。

「その後、ケチカンから北の高速道路から約8マイル離れたワードレイクにある放棄されたCCCキャンプに移動しました。ここでは、ほんの少しのクリーンアップで、使用可能であり、コミュニティからある程度隔離されていました」と救助艇戦隊のメンバーであるラルフMは書いています。 1993年にアンカレッジで開催された「AlaskaAtWar」会議での戦隊の歴史に関するプレゼンテーションでのバーソロミュー。「それは、陸軍訓練の「ブートキャンプ」となり、ナビゲーション、信号、小型ボートの取り扱いクラスの教室にもなりました。」

しかし、飛行隊がワード湖に到着した直後に、政府はアレウト族を南東に移すことを決定し、飛行隊はアネット島に建設中の陸軍飛​​行場に移されました。

カシェガビレッジ
アラスカ大学アンカレッジ、アーカイブおよび原稿部。
写真提供:ケッチカン美術館

日本人がアッツ島とキスカ島に侵攻してから1週間も経たないうちに、米国はアリューシャン西部とプリビロフ諸島の村を避難させることを決定しました。放棄された缶詰工場は、キリスヌー、ファンターベイ、バーネットインレットで使用されるようになりました。

先月シェーンバー中学校の生徒のグループと話をしたフェイ(マクグラシャン)シュライス氏は、「荷物をまとめるのに数時間しか与えられず、スーツケースを1つずつ持参することを許可された」と語った。

彼女は最初にランゲル研究所に送られた大きなグループの一員でした。このグループ(アクタン、ビオーカ、カシェガ、マクシン、ニコルスキーの村から)は、ワードコーブに行くグループの中核を形成します。

アクータン、窓が板張りの家。
アラスカ州立図書館-歴史的コレクション
写真提供:ケッチカン美術館


「輸送の手配が問題でした」とディーン・コールホフは1995年の著書に「風が川だったとき」の移転について書いています。「カナダのクルーズ船の船長は、8ドルの操舵率でも避難者を乗船させることを拒否しました。沿岸警備隊のキャプテンFredZeuslerが介入し、輸送手段をWrangellに向けるまで、陸軍からの協力はありませんでした。」

当初、米国当局は、ワードレイクの避難者は他のグループよりも良いと考えていました。なぜなら、彼らは8マイルの道路で人口中心に接続される唯一のグループであり、かつてのキャンプも引き継ぐからです。絶えず使用されており、缶詰工場のようにしばらくの間放棄されていません。

また、「キャンプ」はアレウト族の避難者の半分の人数のグループを収容するように設計されていることが明らかだったため、宿泊施設を拡張するための建築資材も提供されました。

ニコルスキー、1942-1945
アラスカ州立図書館-歴史的コレクション
写真提供:ケッチカン美術館


しかし、政府は、水辺に住み、腰の高さを超える植生がない大きな吹きさらしの島から来たアレウト族を、熱帯雨林とその果てしない林分の閉所恐怖症の領域に入れることの心理的影響を考慮に入れていませんでした。 150フィートのトウヒ、杉、ヘムロック。

「アレウト族はワードコーブの海岸にもワード湖の海岸にも住んでいなかった」とコールホフは書いている。 &quotCCCキャンプには、アリューシャンの家を彷彿とさせるかもしれない水の景色さえありませんでした。代わりに、熱帯雨林の奥深くに埋められました。」

NikolskiのDorofeyChercasenは、数年後の移転委員会に対する彼の証言でさらに簡潔でした。ウォードレイクキャンプの第一印象は悪いものだったと彼は言った。

「まるで刑務所に入れられたかのようだった」と彼は委員会に語った。 「私の家は遠く離れていました。」

Faye(Fekla McGlashan)Schlaisは、シェーンバーの学生から、1942年8月24日にニコルスキーから9人の家族がいる18歳のときに到着したキャンプについて何か良いことを覚えているかどうか尋ねられました。

「何もない」と彼女は言った。 「何もありません。」

アレウト族は午前2時にケチカンに到着しました。彼らはキャンプ場に追いやられ、コールホフによれば本質的に「あなたの家を見つける」ように言われました。

彼らには、バーバラとサミュエル・ホイットフィールド、ニコルスキーのインディアン局の教師、そして後に沿岸警備隊に加わるために去る彼女の夫が同行しました。その直後、インディアン局の第三国定住官であるフレッド・ギースリンも収容所に配置された。

CCCキャンプは、9つの小さな小屋と4つの共同の建物でした。各キャビンには小さなキッチンと2段ベッド付きのベッドルームがありました。委員会の報告によると、ほとんどの建物は気密からはほど遠いものの、ランゲルから持ち込まれた材木は追加のキャビンといくつかの家具の建設に使用され、廃材は断熱材に使用されました。

キャンプには、学校、教会、ランドリー、2つの屋台を備えたシャワー施設も含まれていました。

ビオーカビレッジ1942
アラスカ州立図書館-歴史的コレクション
写真提供:ケッチカン美術館


「村の離れ家は座席のない長く開いたトラフであり、トイレの水が絶え間なく流れているにもかかわらず、昆虫は厚かった」と委員会の報告書は述べている。

彼の本の中で、コールホフはまた、彼が「最も深刻な剥奪」と呼んだキャンプでの初歩的な医療の欠如に言及しました。

「訪問中のインド軍医師による検査に基づいて、5人のアレウト族がタコマに送られ、他のアレウト族も最終的に送られました」とコールホフは書いています。

委員会の報告書はまた、インディアンヘルスサービスからのまれな訪問を除いて、ヘルスケアはほとんど存在しなかったと述べました。

シェーンバーの学生とキャンプについて話しているとき、フェイ・シュライスは医療がほとんどないことに同意しましたが、地元の医師がキャンプを何度か訪れ、アレウト族を助けようとしたと述べました。

政府の計画では、キャンプを「順番に」取得した後、アレウト族は地元の缶詰工場で働くことになりましたが、キャンプが「居住可能」になるまでに、鮭の​​季節はすでに終わり、アレウト族の仕事はほとんどありませんでした。

「オッズを考えると、ワードレイクでのアレウト族の業績は印象的でした」とコールホフは書いています。 &quot彼らは実際に施設を改善しました。フレッド・ギースリンは、「これらの人々は私が今まで見た中で最も勤勉な労働者です」と述べました。

アレウト族が到着した直後にキャンプを訪れたケチカンクロニクルも同様の結論に達し、森がハンマーとのこぎりの音を鳴らし、キャンプが新鮮な伐採材を積極的に鳴らしているのを発見しました。

シュライスと彼女の妹のようないくつかのアレウト族は、ケチカンの企業で仕事を得ました。

ほとんどの点で、物事をより良くするのはアレウト族自身次第でした。政府の材木は、少量の食料に加えて、彼らが与えられたすべてでした。政府当局者は、彼らが「土地から離れて暮らす」ことができると期待していましたが、熱帯雨林での狩猟や釣りの経験はありませんでした。アレウト族がキャンプを支援するためにケチカン地域で仕事を見つけることも期待されていました。

ワードレイクCCCキャンプ1940
写真提供:ケッチカン美術館

当時、ユージーン・ワッカーというケチカンの男がワード・コーブに住んでいました(彼の財産は長年「ワッカー・シティ」と呼ばれていました)。ワッカーはワードコーブから町へと往復するバスを運行し、政府から輸送手段を提供されていなかったアレウト族を輸送することを申し出た。

&quot今、私たちは買い物をして町に乗り込み、仕事をすることができました。 。 。 。彼はポイント間の運賃を請求しましたが、彼の配慮と注意がなければ、町で必要な仕事や物資をうまく処理できなかったでしょう」と、Chercasenは1981年に移転委員会に語り、Wackerはアレウト族の機会にも耳を傾けていたと付け加えました。ケチカンで。 「彼は私たちのキャンプにそれについて話してくれて、仕事をしたい人たちを町に連れて行った。彼はまた、仕事の後に私たちをキャンプに連れ戻すでしょう。 。 。 。私たちのほとんどは仕事を求めて他のコミュニティに行かなければならなかったかもしれませんが、彼のおかげで私たちはキャンプで家族の近くにいました。 。 。 。 Eugene Wackerは、私たちがWardLakeにいた3年間これを行いました。 &quot

ワッカーはまた、コミュニティのほとんどから両手を広げて歓迎されなかったアレウト族の非公式な擁護者であることに気づきました。アレウト族に食料や物資を届け、毛布やその他の品物を与えた地元住民もいましたが、ワッカーは本当にコミュニティの主要な「友達」でした。彼は時折、警察に投獄されていたアレウト族を救出した。

次の春までに、ケチカンの保健当局者であるハリー・マケインは、結核と性病の両方の発生率が高いと彼が呼んだため、キャンプで「検疫」を平手打ちした。

「ケチカンとその近くには多くの軍人がいて、彼らも民間人も彼らの(アレウト族の)病状に感染してはならない」とマケインは1943年5月19日に領土知事アーネスト・グリューニングに手紙を書いた。彼らが不衛生で病気であるという理由で彼女が彼らの後援を拒否することができるかどうか尋ねました、そしてこれは皿を消毒するのに異常な量の問題を必要とすることに加えて彼女の常連客にとって不快でした。」

マケインは知事にアレウト族をワード湖から移動させ、「彼らが多くの人々とすぐに接触しない適切な場所に移動する」ように求めた。

他の地方当局者は、キャンプからの汚染がワード湖に流れ込み、ほんの数年前に建設されたレクリエーションエリアに損害を与えていることに懸念を表明した。湖のテストは、高レベルの汚染を示しました。

しかし同時に、連邦当局はケチカン市の悪徳と彼らがアレウト族に及ぼしていた影響についても同様に懸念していました。

沿岸警備隊のキャプテンFredZeuslerは、1943年5月22日のケチカンクロニクルの手紙でマケインの主張のいくつかに反論しようとしました。

「私はウナラスカからアッツまで事実上すべての家に住んでいたので、彼らがどのように住んでいるかを知っています」と彼は書いています。 &quot彼らの村は清潔で進歩的でした。かなりの結核があったことを除いて、彼らの健康は良好でした。彼らは淋病や梅毒を持っていませんでした(アリューシャン列島に戻って)。市は彼らを助けるために何をしましたか?市は彼らの状態を改善しておらず(横行する密輸入者のチェックに失敗したことにより)、彼らはおそらく病気にかかっているので、あなたは彼らを捨てたいと思っています。」

ワードレイクCCCキャンプ
写真提供:ケッチカン美術館

インド問題担当官のフレッド・ギースリンは、酒を届けようとしたタクシーを湛水するところまで行っても、アルコールがキャンプに入るのを防ごうとしていました。地元の沿岸警備隊の職員は、キャンプの入り口に警備員の形で「監視」を提供することを申し出ました。

「ケッチカンは、売春、性病、酩酊に満ちた罪の街だったようです」とコールホフは書いています。知事代理のボブ・バートレットも介入し、ケチカン当局に、アレウト族と軍人の両方に関して、地域社会の副知事をよりよく取り締まるよう命じました。

残念ながら、市当局はそれをアレウト族に対する取り締まりの言い訳と見なしました。

「その後の取り締まりはアレウト族を傷つけた」とコールホフは書いた。 「彼らはそれを不当な差別や嫌がらせと見なしていました。」

ケチカンでのアレウト族の逮捕は、冬の間大幅に増加しました。しかし、キャンプにはさらに大きな懸念がありました。

到着からわずか1か月後の9月、13歳のフランクベゼコフが亡くなりました。クリスマスまでにさらに3人のキャンプメンバーが亡くなりました。ウォードレイクに到着したとき、何人かは病気でしたが、治療の欠如は、特にキャンプを悩ませた肺炎で、次の3年間でさらに多くのアレウト族が死ぬことを意味しました。連邦政府の推定によると、この数は収容所の居住者のほぼ4分の1であり、アラスカの移転センターの中で最も高い死亡率です。多くはベイビュー墓地に埋葬されましたが、キャンプ近くの森にも墓がありました。

次の5月までに状況は大幅に改善せず、ケチカン市議会は、長い議論の末、連邦政府に収容所の病状を改善するか、アレウト族の別の場所を見つけるよう要請しました。連邦政府は、ケチカンの保健当局が問題に対処するためにより多くの資金を提供することを申し出たが、地方当局は、連邦政府が「戦争努力の一環として」サックスマンに先住民の医療施設を建設することを望んでいると答えた。

そして、アレウト族もさらに2年間はしませんでした。彼らはまた、一般的に地元の公の議論から姿を消した。次の2年間にケチカンクロニクルまたはアラスカフィッシングニュースに登場したのは、クリスマスの頃にケチカン病院とUSOクラブを訪れてキャロルを歌ったときだけでした。

「ケチカンの住民のほんの一握りは、ロシア人によってこの新しい世界に移植されたページェントリーのいくつかで、ワードレイクのアレウトコロニーのメンバーを見ることができました」とケチカンクロニクルは1945年1月8日に報告しました。現在、西半球で唯一の戦争難民は、限られた不健康な場所に避難し、白人の悪徳にさらされ、戦争が故郷に何を意味したかを忘れさせるためにほとんど何もしなかったという伝統的な役割を果たしてきました。」

この時までに、日本人は長い間アリューシャン列島の彼らの足場から追い出されていました。 1943年の夏の戦いは、アッツとキスカを一掃しました。

米国政府は当初、1943年後半にアレウト族を再定住させる計画を承認しました。しかし、何も行われず、計画が1年以上棚上げされた理由を示す政府の記録はありません。

最後に、1945年のクリスマスの直前に、アレウト族が「再定住」することが発表されました。

しかし、その良いニュースでさえ、当局がアレウト族をより大きなコミュニティに集中させ、政府が学校などのサービスをより「効率的に」提供できるようにするために、いくつかの小さな村は第三国定住しないと言っていたという事実によって和らげられました。

4月17日、ワードコーブアレウト族の大多数が輸送機関に乗せられ、バーネット入り江とキリスヌーからの難民を迎えに北に向かった。

彼らが夏にアリューシャン列島に戻ったとき、彼らは多くの村が略奪され、多くの家が日本軍による使用を防ぐために米軍によって焼かれたことを発見した。

1993年にバーバラ・スミスとパトリシア・ペトリヴェッリによって書かれた「それを正しくする:アレウト族の移転中に損傷を受け失われた教会の回復」によると、ニコルスキーにあるロシア正教会の独特のキューポラは、アメリカ軍による標的の練習に使用されました。

もう一度、アレウト族は夏の終わりまでに全員が収容され、寒いアリューシャンの冬がやってくるようにスクランブルをかけなければなりませんでした。

被害にもかかわらず、ほとんどのアレウト族はアリューシャン列島にとどまることを選択しましたが、フェイ・シュライス、アンネ・フランク、ベラ・ギルバート、ジョニー・ディアカノフのような少数の人々がケチカンに戻り、家族を育てました。

1950年代に、アレウト族の指導者たちは、戦争中に連邦政府に対する訴訟で強制収容された日系アメリカ人に加わった。

1987年、議会はついに、アレウト族の賠償金をそれぞれ12,000ドルに加え、物的損害に対して2,000万ドル以上を認める法案を可決しました。そのお金の多くは、Aleut NativeCorporationが管理するプログラムに使われました。


アウシュビッツ:最大の死の収容所

ナチスのすべての死の収容所の中で最大かつおそらく最も悪名高いアウシュビッツは、1940年の春にオープンしました。最初の司令官は、ドイツのオラニエンブルクでザクセンハウゼン強制収容所の運営を以前に支援したルドルフH&#xF6ss(1900-47)でした。 。アウシュビッツは、ポーランド南部の町、クラクフの近くにある、国の最大の都市の1つである、かつての軍事基地の外にありました。キャンプの建設中、近くの工場が割り当てられ、その地域に住むすべての人々は、ナチスによってブルドーザーで覆われた彼らの家から強制的に追い出されました。

アウシュビッツはもともと、ドイツが1939年に国を併合した後に逮捕された多くのポーランド市民の収容所として使用される強制収容所として考案されました。これらの収容者には、反ナチス活動家、政治家、レジスタンスメンバー、文化科学コミュニティの著名人が含まれていました。 。しかし、ヒトラーの最終解決策がナチスの公式政策になると、アウシュヴィッツは理想的な絶滅収容所の場所と見なされました。一つには、それはヨーロッパ大陸のすべてのドイツ占領国の中心近くに位置していました。もう1つは、被拘禁者をナチス収容所のネットワークに輸送するために使用された一連の線路のすぐ近くにあったことです。

しかし、アウシュヴィッツに到着したすべての人々がすぐに絶滅したわけではありません。仕事に適していると思われる人々は、第二次世界大戦におけるドイツの取り組みに不可欠であると考えられる軍需品、合成ゴム、およびその他の製品の生産における奴隷労働者として雇用されました。


2つの文化の占領には、単なる条約や政府の議定書以上のものがあります。日本の民間人とアメリカの軍人の生きた経験は、占領の年を定義するために同じように重要です。 1946年から1952年の間に、日米の芸術家は、映画、漫画、芸術などを通じて、占領中の生活の側面を同様に描写しました。

以下の一次資料は、2つの文化がお互いをどのように見ているか、そして日本人とアメリカ人の生活がどのようであったかを描写しています。


第二次世界大戦のタイムライン1939年から1945年まで

第二次世界大戦(第二次世界大戦)は、約6年間続いた長く血なまぐさい戦争でした。ドイツがポーランドを侵略した1939年9月1日から正式に始まり、第二次世界大戦は1945年にドイツ人と日本人の両方が連合国に降伏するまで続きました。これは戦争中の主要な出来事のタイムラインです。

9月1日は第二次世界大戦の公式の始まりかもしれませんが、それは真空中で始まったわけではありません。ヨーロッパとアジアは、1939年以前、ドイツでのアドルフヒトラーと第三帝国の台頭、スペイン内戦、日本の中国侵攻、ドイツのオーストリア併合、数千人のユダヤ人の投獄のために緊張していた。集中キャンプ。ミュンヘン会談でこれまで合意されていなかったチェコスロバキアの地域のドイツによる占領とポーランド侵攻の後、ヨーロッパの他の地域は、もはやドイツをなだめることはできないことに気づきました。アメリカは中立を維持しようとし、ソビエト連邦はフィンランドを侵略しました。

  • 8月23日:ドイツとソビエト連邦がナチス・ソビエト非侵略協定に署名。
  • 9月1日:ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が始まりました。
  • 9月3日:イギリスとフランスがドイツとの戦争を宣言。
  • 9月:大西洋の戦いが始まります。

戦争の最初の1年間は、ドイツがヨーロッパの隣国であるベルギー、オランダ、フランス、デンマーク、ノルウェー、ルクセンブルグ、ルーマニアに侵入し、イギリスの爆撃は数か月続きました。それに応じて、イギリス空軍はドイツで夜間襲撃を行った。ドイツ、イタリア、日本は軍事経済合同協定に調印し、イタリアはイギリス、アルバニア、ギリシャに支配されていたエジプトに侵攻した。米国は、連合国を支援する方法を見つけることができるように、中立ではなく「非好戦」のスタンスに移行し、レンドリース法(その後、外国軍に使用される資産の99年間のリースのための物資援助の交換)基地)は年末に提案されました。世論はまだ「あそこ」の別の戦争でアメリカ人を望んでいませんでした。一方、ソビエト連邦はルーマニアに参加し、バルト三国に共産主義者を設置し、後にそれらを併合しました。

  • 5月:アウシュビッツが設立される。
  • 5月10日:ドイツがフランス、ベルギー、オランダに侵攻。
  • 5月26日:フランスのダンケルクから連合軍の避難が始まる。
  • 6月10日:イタリアがフランスとイギリスに宣戦布告。
  • 6月22日:フランスがドイツに降伏。
  • 7月10日:バトルオブブリテンが始まります。
  • 9月16日:米国は最初の平時草案を開始します。

1941年は、世界中でエスカレートした年でした。イタリアはギリシャで敗北したかもしれませんが、それはドイツが国を奪わないという意味ではありませんでした。それからそれはユーゴスラビアとロシアに行きました。ドイツはソビエト連邦との協定を破り、そこに侵攻したが、冬とソビエトの反撃により多くのドイツ軍が殺害された。ソビエトは次に連合国に加わった。真珠湾攻撃から1週間以内に、日本はビルマ、香港(当時は英国の支配下)、フィリピンに侵攻し、米国は公式に紛争に巻き込まれた。

  • 3月11日:米国大統領フランクリンD.ルーズベルトがレンドリース法案に署名。
  • 5月24日:イギリスの船 フード ドイツによって沈められた ビスマルク。
  • 5月27日: ビスマルク 沈んでいます。
  • 6月22日:ドイツがソビエト連邦(バルバロッサ作戦)に侵攻。
  • 8月9日:大西洋会議が始まります。
  • 9月8日:レニングラード包囲戦が始まります。
  • 12月7日:日本人がハワイの真珠湾攻撃を開始。
  • 12月11日:ドイツとイタリアが米国に宣戦布告し、次に米国がドイツとイタリアに宣戦布告します。

米軍は1942年1月に初めてイギリスに到着しました。また、その年、日本はイギリスの太平洋で最後の場所であるシンガポールと、ボルネオやスマトラなどの島々を占領しました。しかし、年の半ばまでに、連合国は着実に動き始め、ミッドウェー海戦がターニングポイントになりました。ドイツはリビアを占領しましたが、連合国はアフリカで利益を上げ始め、ソビエトの反撃もスターリングラードで進展しました。

  • 1月20日:ヴァンゼー会議
  • 2月19日:ルーズベルトは日系アメリカ人の強制収容を許可する大統領令9066号を発行します。
  • 4月18日:日本へのドーリットル空襲
  • 6月3日:ミッドウェー海戦が始まります。
  • 7月1日:エルアラメインの最初の戦いが始まります。
  • 7月6日:アンネ・フランクと彼女の家族が隠れるようになります。
  • 8月2日:ガダルカナルキャンペーンが始まります。
  • 8月21日:スターリングラード攻防戦が始まる。
  • 10月23日:エルアラメインの第2の戦いが始まります。
  • 11月8日:連合国が北アフリカに侵攻(トーチ作戦)。

スターリングラードは1943年にドイツの最初の大敗になり、北アフリカの膠着状態は終わり、枢軸国はチュニジアの連合国に降伏しました。 3月の4日間にドイツが大西洋で沈没した27隻の商船の人々にとっては十分な速さではありませんでしたが、ようやく潮流は変わりつつありました。しかし、ブレッチリーのコードブレーカーと長距離航空機はUボートに深刻な犠牲を強い、大西洋の戦いをほぼ終わらせました。その年の秋には、イタリアが連合軍に陥落し、ドイツがそこに侵攻するようになりました。ドイツ軍はムッソリーニの救出に成功し、イタリアで北軍と南軍の戦いが続いた。太平洋では、連合軍は、オーストラリアを日本の侵略から守るために、ニューギニアとガダルカナルに領土を獲得しました。ソビエトはドイツ人を彼らの領土から追放し続けました、そしてクルスクの戦いは鍵でした。年末には、ウィンストン・チャーチルとヨシフ・スターリンがイランで会合し、フランスの侵略について話し合った。

  • 1月14日:カサブランカ会談が始まります。
  • 2月2日:ドイツ人はソビエト連邦のスターリングラードに降伏します。
  • 4月19日:ワルシャワゲットー蜂起が始まります。
  • 7月5日:クルスクの戦いが始まる。
  • 7月25日:ムッソリーニが辞任。
  • 9月3日:イタリアが降伏。
  • 11月28日:テヘラン会談が始まります。

1944年にフランスを取り戻すための戦いでは、アメリカ軍が大きな役割を果たしました。これには、ドイツ人を驚かせたノルマンディーのビーチへの着陸も含まれます。イタリアもついに解放され、ソビエトの反撃はドイツ兵をポーランドのワルシャワに押し戻した。ドイツはミンスクでの戦闘中に10万人の兵士を失った(捕らえられた)。しかし、バルジの戦いは連合国のドイツへの進軍をしばらく延期しました。太平洋では、日本は中国でより多くの領土を獲得しましたが、その成功はそこでの共産軍によって制限されていました。連合国はサイパンを奪い、フィリピンを侵略することで反撃した。

  • 1月27日:900日後、レニングラード包囲戦はついに終わりました。 。
  • 6月6日:D-Day
  • 6月19日:フィリピン海の戦い
  • 7月20日:ヒトラーに対する暗殺の試みは失敗する。
  • 8月4日:アンネ・フランクとその家族が発見され、逮捕されました。
  • 8月25日:連合国はパリを解放する。
  • 10月23日:レイテ沖海戦が始まる。
  • 12月16日:バルジの戦いが始まります。

アウシュヴィッツなどの強制収容所の解放は、連合国にとってホロコーストの範囲をより明確にしました。 1945年にはまだロンドンとドイツに爆弾が投下されましたが、4月が終わる前に、Axisのリーダーのうち2人が死亡し、ドイツの降伏が間もなく続きました。フランクリンD.ルーズベルトも4月に亡くなりましたが、自然死しました。太平洋戦争は続いたが、硫黄島、フィリピン、沖縄での戦闘で連合国は大きく前進し、日本は中国から撤退し始めた。 8月中旬までに、それはすべて終わりました。 Japan surrendered shortly after the second atomic bomb was unleashed on the island nation and Sept. 2, the surrender was formally signed and accepted, officially ending the conflict. Estimates put the death toll at 62 and 78 million,   including 24 million from the Soviet Union,   and 6 million Jews, 60 percent of all the Jewish population in Europe. 


Guerrilla Warfare—Making The Rules Up as They Go

None of the Americans had any experience with guerrilla warfare, so they had to make the rules up as they went along. Hundreds, even thousands, of Filipinos had military experience, and some had managed to escape from Bataan. The American officers awarded them commissions or positions as NCOs. Many of the Filipinos organized units of their own, then placed them under the command of the U.S. Army officers who had been given official positions by Colonel Thorpe.

Joe Barker and Ed Ramsey relied on the principles of guerrilla warfare set forth by Chinese Communist Mao Tse-tung, who at the time was leading the Communist revolution in China. Barker had found a copy of Mao’s “little red book” and used it as a guide for organization. One of Mao’s principles was to gain the confidence of the people another was to avoid combat with superior units and to fight only when the guerrillas had the advantage.

As guerrilla strength began growing in the islands, the Japanese became more and more aware of their existence and their American leaders. General Masao Baba, chief of Japanese counterintelligence in Manila, organized an all-out effort to eradicate the Filipino guerrillas and their American leadership. Baba gave responsibility for finding the guerrillas to Colonel Akira Nagahama, chief of the kempei-tai, the Japanese military police. The Japanese were relentless in their efforts to discover the locations of the camps and to kill or capture the leaders.

Baba utilized the efforts of a pro-Japanese Filipino organization that had supported the Japanese before and during the invasion. The Filipino collaborators wore no uniforms and could easily slip in among the population to ferret out information and put the finger on the guerrillas. Baba also offered monetary rewards for information, and literally put prices on the heads of the Americans. Captain Ralph McGuire, commander of the guerrillas in western Luzon, was one of the first to be betrayed. One of his own men killed him and cut off his head, then took it to the Japanese for the promised bounty.


10 Ways World War I Changed Music

November 2018 marked 100 years since the guns were silenced in Europe on “the 11 th hour on the 11 th day on the 11 th month” in 1918, ending World War I. Concerts were held across the globe to commemorate how the war influenced the world of music. Here are ten ways the war had an impact on the arts and culture:

1. Irving Berlin pens God Bless America.

The United States’ unofficial anthem was written towards the end of WWI by Irving Berlin, but it was kept tucked away for twenty years. Berlin pulled it out when singer Kate Smith performed it to mark the 20 th anniversary of the war.

The song was inspired by Berlin’s experiences as an immigrant. His family came to the United States from Russia in the late 1800s. After Berlin became a composer, he was drafted in 1917. The military wanted him to use his talent to motivate the troops. To do this, he wrote a musical called Yip Yap Yaphank that included humorous numbers such as Oh! How I Hate to Get Up in the Morning。 He originally wrote God Bless America for the musical’s finale but decided it was too serious for the show. His daughter says the song was written from a first-person perspective for Berlin to show his gratitude.

“It was a very personal song to him because he came to this country and this country gave him the opportunity. It allowed him to become who he became – a great song writer. So his gratitude to America was enormous,” said Mary Ellen Berlin-Barrett, Berlin’s daughter.

2. War compositions encourage pride in the American military.

On the day the United States announced it was joining the Allied Powers, Berlin’s friend George M. Cohan wrote a song titled Over There on his way to work. It quickly became one of the most popular songs of the war and sold two million copies. As the Library of Congress notes, singing was a popular pastime among the troops, especially before the advent of commercial radio in the 󈧘s, and inspirational songs like Over There were popular with the troops as well as the folks at home. For his efforts to encourage patriotism, Cohan was awarded the Congressional Gold Medal, becoming the first entertainer ever to be honored in this way.

3. In Flanders Fields focuses on the deep cost of war.

Another song created shortly after the United States entered the war was In Flanders Fields。 It is based on a poem written earlier in the war by Canadian Lieutenant-Colonel John McCrae, who wrote the poem after performing a burial service for his close friend Alexis Helmer who was killed during a battle in Belgium.

The song that utilized the poem was composed by Charles Edwards Ives. To this day, the poppies mentioned in the lyrics are used to recognize soldiers who have died in conflict.

4. Gustav Holst composes The Planets.

Gustav Holst began writing this renowned orchestral suite months before the war broke out. He started by creating the movement titled Mars, the Bringer of War。 Each of the work’s seven movements focus on a different planet based on Holst’s astrological views.

Like the rest of the world, the war proved to be a challenging period for Holst. He wanted to contribute to the war effort and volunteered to serve but was rejected for health reasons. Later he wrote the piece Ode to Death to mourn friends lost in the conflict. However, such Holst works failed to receive the attention The Planets did. This major orchestral work influenced culture over many years. This includes John Williams’ use of the Mars movement as inspiration for NS Imperial March composition for Star Wars.

5. The war forces composer Igor Stravinsky to change focus.

World War I limited opportunities for the large-scale ballets that helped make composer Igor Stravinsky’s music famous. That led to him changing direction when he took refuge in Switzerland during the war. He created the theatrical work called L’Histoire du soldatThe Soldier’s Tale that included a small ensemble of seven instruments. The work utilizes what is thought to be the first percussion solo.

The music is filled with changing time signatures and difficult passages. As trumpeter Wynton Marsalis told the New York Times when he was asked to play the composition in 1998, “Man, that’s hard to play. That’s what goes through the minds of trumpet players when they hear it.”

6. Composer Claude Debussy spends the last years of his life watching the war’s destruction.

Claude Debussy was one of the world’s great composers who didn’t live long enough to see the end of war. When it broke out, he was worried about his debt and didn’t concern himself too much with politics. As the war progressed, his writing changed. He increasingly conveyed his pride in French culture and his anger at how the war was harming his countrymen. It led him to composing the piece Christmas for Homeless Children, which includes lyrics about children losing everything in the war. When Debussy died in 1918, Paris was under siege and his funeral procession had to move through deserted and dangerous streets to a temporary grave.

7. Composer Arnold Schoenberg gets drafted.

Austrian-born composer Arnold Schoenberg originally viewed the war as a way to dampen the popularity of French music that he said exemplified “decadent bourgeois values,” along with the works of some composers, including Georges Bizet and Igor Stravinsky whom he called “mediocre kitschmongers.” However, he would end up being drafted to serve in the Austrian army at the age of 42, which interrupted his work and caused him to do little composing during the war. It would not be until later that Schoenberg would be able to introduce his influential 12-tone method of composing.

8. Music halls are used for military recruitment.

Britain’s music halls were popular gathering places for the working class, where patrons could eat, drink and watch performers. Much of the entertainment was designed to be funny, and the audiences had a reputation for often being rowdy. By the time the war rolled around, there were hundreds of music halls across Britain, and they were heavily used for military recruitment and promoting the sale of war bonds. Innumerable soldiers began their military service after being recruited at a music hall.

9. Cultural influences continue decades after the war.

Years later, memories of World War I have crept into culture in sometimes unexpected ways. Cartoonist Charles Schultz gave us the heroic Snoopy pretending to be a flying ace battling the Red Baron, who was based on a real German pilot. A year after the story line was introduced, the first song about Snoopy and the Red Baron performed by The Royal Guardsmen was released.

Another example is the inclusion of Maurice Ravel’s Piano Concerto for the Left Hand in an episode of the long-running television show MNSNSH. Ravel was commissioned to write the piece by Austrian pianist Paul Wittgenstein, who lost his right arm during World War I. The MNSNSH episode features the composition and Wittgenstein’s story being used to inspire a character whose right hand was permanently injured in combat.

10. The ultimate cost – those we lost.

In the end, the full effects of the war may never be known. Numerous musicians were lost during the conflict. Among the more promising composers killed were George Butterworth and Rudi Stephan. Butterworth was considered one of the most talented British composers of his generation. At age 31, he was killed by a sniper.

On the German side, Stephan was a promising composer who died at the age of 28. Few pieces are available from either composer – leaving unanswered questions about might have been if their fates had been different.

To try some band compositions from World War I, view Echoes from the Battlefield.


World War Two Pictures

By Stephen Sherman, Dec. 2002. Updated July 8, 2013.

H ere is a collection of iconic photographs of World War Two, photos that have been widely circulated. Each one is memorable, because each one captures some telling aspect of the war.

Times have changed values have changed, but World War Two is still important, because its outcome has defined the world for more than fifty years. And each one of these photographs tells the viewer something, not just about that long-ago war, but about the world today. Is modern Israel an intransigent state? Maybe it is now look at the boy in the Warsaw Ghetto. "Never again," the Israelis say. Is modern Germany pacifist, to a fault? Maybe it is now look at the worn-out expression on that German soldier's face. "Never again," modern Germans say. Does the United States behave like the self-appointed world's policeman? Maybe it does. Now look at the flag-raising at Iwo Jima. "Making the world safe for democracy, anywhere and everywhere." That sense still impels American foreign policy.

Click on each image open it up look it over carefully and read the caption. Every one is worth it.

Frenchman crying - June, 1940

He cries for the Twentieth Century.

Churchill Portrait - by Yousuf Karsh, 1941

Churchill's favorite portrait. He looks the wartime leader, the defiant bulldog.

"We shall never surrender." I sometimes wonder if the modern enemies of English-speaking democracies and freedom understand Churchill and Roosevelt.

Yousuf Karsh took the famous photograph of Winston Churchill. It was in 1941, in Ottawa, following Churchill’s speech in the House of Commons. Prime Minister King arranged for a portrait session in the Speaker’s chamber. No one had told Churchill of the session, so after lighting up a cigar he growled, “Why was I not told of this?”

Karsh then asked Churchill to remove the cigar for the photographic portrait. When Churchill refused, Karsh, then 33, walked up to the great man, said, “Forgive me, sir,” and calmly snatched the cigar from Churchill’s lips. As Churchill glowered at the camera, Karsh snapped the picture. Karsh regards that portrait as one of favorites.

Smoking battleships at Pearl Harbor - December 7, 1941

Sailors in a motor launch rescue a survivor from the water alongside the sunken USS West Virginia (BB-48) during or shortly after the Japanese air raid on Pearl Harbor. USS Tennessee (BB-43) is inboard of the sunken battleship.

Note extensive distortion of West Virginia's lower midships superstructure, caused by torpedoes that exploded below that location. Also note 5"/25 gun, still partially covered with canvas, boat crane swung outboard and empty boat cradles near the smokestacks, and base of radar antenna atop West Virginia's foremast.

Lexington at the Coral Sea - May 7, 1942

Task Force 17 with the carrier USS Yorktown (CV 5), bombed Japanese transports engaged in landing troops in Tulagi Harbor, damaging several and sinking one destroyer. They then joined the other Allied naval units, including Task Force 11 with USS Lexington (CV 2). On 7 May, carrier aircraft located and sank the light carrier Shoho.

The next day, the Japanese covering force was located and attacked by air, resulting in the damage of the carrier Shokaku。 Simultaneously, the Japanese attacked task Force 17, scoring hits on Yorktown. レキシントン was struck by a torpedo. Seconds later, a second torpedo hit directly abreast the bridge. At the same time, she took three bomb hits from dive bombers, listing to port and burning. Soon her damage control parties had brought the fires under control and returned the ship to even keel making 25 knots, she was ready to recover her air group. Then suddenly レキシントン was shaken by a tremendous explosion, caused by the ignition of gasoline vapors below, and again fire raged out of control.

At 1558 Capt. Frederick C. Sherman, fearing for the safety of men working below, ordered all hands to the flight deck. At 1707, he ordered, "abandon ship!", and the men began going over the side into the warm water, almost immediately picked up by nearby cruisers and destroyers. Capt. Sherman and his executive officer, Cmdr. M. T. Seligman insured all their men were safe, then were the last to leave their ship.

レキシントン blazed on, flames shooting hundreds of feet into the air. The destroyer USS Phelps (DD 361) closed to 1500 yards, fired two torpedoes into the carrier's hull and, with one last heavy explosion, Lexington slid beneath the waves.

Jewish boy raising his hands, in the Warsaw Ghetto - May, 1943

This photograph was used in the Nuremburg Trials, to help convict SS General Stroop, as evidence of the forced deportation of Jews from the Warsaw Ghetto in 1943, to extermination camps like Auschwitz.

Eisenhower with airborne troops before D-Day - June 5, 1944

"Some of the men with Gen Eisenhower are presumed to be: Pfc William Boyle, Cpl Hans Sannes, Pfc Ralph Pombano, Pfc S. W. Jackson, Sgt Delbert Williams, Cpl William E Hayes, Pfc Henry Fuller, Pfc Michael Babich. and Pfc W William Noll. All are members of Co E, 502d Parachute Infantry Regiment. The other men shown on the photo are not identified. Ike punches the air forcefully, "Full victory, or nothing else," he says. The determined troopers, faces blackened, listen attentively. The next morning, they dropped into Ste. Mere Eglise and other places to secure the beachheads at Normandy.

Soldier going ashore on D-Day, - by Robert Capa, June 6, 1944

Capa described the morning, "After the pre-invasion breakfast at 3 am with hot cakes, sausages, eggs and coffee, served on the invasion ship by white-coated waiters, at 4 am the invasion barges were lowered down into the rough sea. The men from my barge waded in the water. I paused for a moment on the gangplank to take my first real picture of the invasion. The boatswain who was in a hurry to get the hell out of there, mistook my picture-taking attitude for explicable hesitation, and helped me make up my mind with a well-aimed kick in the rear. The water was cold and the beach still more than a hundred yards away. The bullets tore holes in the water around me and I made for the nearest steel obstacle." His three rolls of film were rushed to London for processing. There a darkroom technician, eager for glimpses of the landing, dried the film too fast. The excessive heat melted the emulsion and ruined all but 10 frames. The soldier in the picture has been identified as Huston Sears Riley.

German Soldier - 1944?

The individual soldier is unknown (at least to me), taken in Belgium in the winter of 1944-45, although I originally assumed it was from the Russian Front, the classic image of the cold and worn-out German soldaten, "Winter Fritz."

MacArthur wading ashore in the Philippines - by Carl Mydans, October 1944

Carl Mydans of 人生 took the dramatic photograph of General Douglas MacArthur and staff coming ashore at Lingayen Gulf, Luzon, in the Philippines on January 9, 1945. MacArthur was commander of the United States forces in the Pacific. When the United States lost the Philippines, he promised to return. Here’s Mydans’ description of that event:

"Luck is forever at play in a photographer’s life. It is part of his intellectual training to know where luck is most likely to lie and to take advantage of it. In January 1945 I was the only press photographer aboard General Douglas MacArthur’s command ship as he prepared to invade Luzon, in the Philippines. I was invited to go ashore with him. As our landing craft neared the beach, I saw the Seabees had got there before us and had laid a pontoon walkway out from the beach. As we headed for it, I climbed the boat’s ramp and jumped on to the pontoons so that I could photograph MacArthur as he stepped ashore. But I suddenly heard the boat’s engines reversing and saw the boat rapidly backing away. I raced to the beach, ran some hundred yards along it and stood waiting for the boat to come to me. When it did, it dropped its ramp in knee-deep water, and I photographed MacArthur wading ashore."

Flag Raising at Iwo Jima - by Joe Rosenthal, February 1945

And, no, it was not staged. The actual story has led to some confusion over the years. As soon as Mount Suribachi had been somewhat secured, some Marines raised a flag. It was a small flag, not too imposing from a distance. The commanders ordered a second, larger flag to replace it. Six Marines (Doc Bradley, Mike Strank, Rene Gagnon, Harlon Block, Ira Hayes, and Franklin Sousley) were assigned to put up the larger flag. Photographer Joe Rosenthal went along. It was still quite dangerous, as Japanese snipers lay concealed all over the island. The flag-raising party made it to the top without incident, and Rosenthal caught the famous image, quite hastily, as he had been distracted moments before the famous event. His original caption: "Atop 550-foot Suribachi Yama, the volcano at the southwest tip of Iwo Jima, Marines of the Second Battalion, 28th Regiment, Fifth Division, hoist the Stars and Stripes, signaling the capture of this key position."

The son of one of the flag-raisers, James Bradley, has written an excellent book, Flags of Our Fathers, about the men involved, their service leading up to Iwo Jima, the events surrounding the flag raising and the famous photo, and the life of the men afterwards.

Flag Raising over the Reichstag - by cameraman Khaldei, May, 1945

Stepan Andreyevich Neustroyev commanded the battalion that stormed the Reichstag in 1945 and hoisted the flag over the building. This is one of the most famous images of World War Two and only in 1997 did it become known that the photo had been doctored. Photographer Khaldei had made the flag in the photograph himself from red tablecloths from Tass, the Soviet press agency, emblazoned with the Soviet hammer and sickle. Erich Kuby's book The Russians and Berlin, page 60, says:

It seems strange that the Russians should have looked upon the Reichstag, . now an empty piece of masonry, its windows and doors bricked up, as the symbol of Germany. 。 Mednikov describes this historic action in great detail:

"About noon on April 28 [1945], one of our battalions advanced on the Spree. At the same time the commander of the regiment, Col. F.M. Zinchenko, took charge of a red banner . expressly set aside for planting on the dome. It was Red Banner No. 5 of the [150th Rifle Division] 3rd Shock Army . [it was] twenty-three-year-old Capt. Stefan Andreyevich Noystroev men [who] battled their way into the building, fighting for every room and corridor. . Noystroev ordered a shock detachment commanded by Lt. Berest to escort the two standard-bearers . [who] took nearly half a day to reach the dome. At 10:50 p.m. on April 30, the banner of victory was unfurled over the Reichstag."

Evidently, the photograph of raising the Hammer and Sickle over the Reichstag was not taken at 10:30 at night. Soldiers on the street below are walking about. Most likely the famous photo was taken a day or two later.

Sailor kissing girl in Times Square - by Alfred Eisenstaedt, V-J Day, 1945

Surrender on USS Missouri - Sept. 2, 1945

Overhead, a thousand American F4U Corsairs and F6F Hellcats roared over. What had started at Pearl Harbor had been finished.

Public Domain? Copyrights?

I understand these memorable images to be in the public domain. If I am mistaken, and a copyright holder would like better attribution, I would be pleased to do so. Or, if a copyright holder wants the images removed, of course, I would do so promptly.


RELATED ARTICLES

The destruction of the Pacific island is captured in the Life photographs, with bleak landscapes bearing the detritus of bombings and gunfire.

Many of the men in the photographs are faceless - their backs turned to the camera or faces obscured - highlighting the stark loneliness and anonymity of fighting on the front lines.

Helping hand: A U.S soldier offers his hand to a woman leaving a cave where she had hidden with her child during the battle between Japanese and American forces

Fight for survival: In a July 1944 photograph, an American Marine lifts a nearly dead infant from a cave where native islanders had been hiding during the battle for Saipan

Desperation: Saipan civilians commit suicide rather than surrendering to American troops. Around 1,000 civilians perished this way

Medics tenderly patch together their wounded comrades as they lay in debris-scattered fields. In one photograph, soldiers show similar touching tenderness towards a wounded dog.

Another casualty of the war in the Pacific lies on a cot in a cathedral on Leyte, in the Philippines, waiting for treatment for the bullet wound in his stomach.

Smith also documents the struggles of the Japanese. A U.S. Marine cradles a near-dead infant he found face down under a rock while moving along Japanese soldiers hiding in caves on Saipan.

In another picture, Japanese civilians are shown jumping to their deaths from cliffs. Around 1,000 civilians killed themselves in this manner, jumping from 'Suicide Cliff' or 'Banzai Cliff' after propaganda led them to fear occupation under Americans.

Brothers in arms: On the Marianas Islands, an American soldier comforts a wounded comrade during the fight. More than 3,000 U.S. troops perished in the battle

Wounded: An American soldier, a casualty of the war in the Pacific, lies on a cot in a cathedral on Leyte, the Philippines, waiting for treatment for a bullet wound in his stomach. U.S. medics show tenderness towards a dog harmed in the crossfire

Care: A U.S medic applies a field dressing to the neck of an injured soldier in Tanapag, Saipan in June 1944. In the distance behind them, a soldier is visible in a foxhole

Got his back: While under fire, U.S. Marines advance on occupying Japanese forces in Tanapag, Saipan in June 1944

Debris: In another fight against Japanese forces, Smith captures aircraft wreckage on a beach. The photographs, taken following Marines' fierce battle against Japanese for Iwo Jima, capture one man sleeping under the debris, while American forces scour the beach

Hoisted to safety: In a photograph taken in a separate battle against Japanese troops in Guam, Smith captures the moment a wounded American Marine is loaded onto an 'alligator' tracked amphibious vehicle for evacuation

Aerial view: A Grumman TBF-1 Avenger flies over fields bombed by U.S. soldiers on the Japanese-occupied island on June 30, 1944

War-weary: Marine Sgt. Angelo Klonis, left and right, is captured on Saipan during the fight to wrest the island from Japanese troops

Alone: A Marine, pictured in July 1944, looks at the bodies of Japanese soldiers killed during the battle for control of Saipan. Nearly 30,000 Japanese troops died

Battle fields: American aircraft in flight during battle against Japanese for Iwo Jima, left, and during the struggle for Leyte Island, right


ビデオを見る: AIで白黒写真が鮮明なカラーに 戦争下の様子伝える200815 (1月 2022).