情報

これらのソフトターゲットはどの「クラス」の兵士でしたか?


「スターリングラードの戦い」で、ロシアのワシーリーチュイコフは、ロシアのゲリラと狙撃兵は、敵の戦闘員との「決闘」を避けようとし、代わりに次のような「柔らかい」標的を探したと書いています。

好きなターゲットには、食べ物や水を他の人に運ぶ(したがって腕を持たない)男性が含まれていました。それらの1つを殺したり負傷させたりすることは、他のドイツ兵からこの栄養を奪うことを意味しました。ある例では、ロシアのパトロールが電話の「ラインマン」を捕まえ、彼らをスタッフの本部につなぎ、ロシア人が盗聴できるようにしました。

これらの軍隊はどのような階級でしたか?彼らは「特別な」任務に就いている正規軍だったのか、それとも「通常の」戦闘から免れた特殊な兵站部隊だったのか。ドイツの師団が12,000人の男性と言った場合、これらの種類の男性は師団の12,000人の戦力に数えられるのでしょうか、それとも別々に説明されるのでしょうか。


兵士はさまざまな専門分野を持っていましたが、彼らはすべて軍隊の一部でした

まず第一に、他のすべての軍隊と同様に、ドイツの第二次世界大戦師団は歩兵だけで構成されておらず、ドイツの機甲師団には機甲師団だけが含まれていなかったことを理解する必要があります。代わりに、彼らは彼ら自身の砲兵、対空ユニット、FlaKそしてもちろん兵站と通信の要素を含んでいました。インターネット上でさまざまなドイツのユニットの組織と設備(TO&E)の表を見つけることができます。これは、さまざまなタイプのユニットのTO&Eが含まれているためと、非常に小さなロジスティックの詳細が表示されているためです。ドイツの歩兵大隊。

さまざまな軍事専門分野が訓練され、戦闘(および日常の兵士生活)でさまざまな役割を果たすことが期待されていましたが、それらはすべてドイツ国防軍(または武装親衛隊)のメンバーであり、武装しており、ライフル、短機関銃、ピストルなどが発行されました。 。これには、下手な料理人も含まれていました。なぜなら、彼らでさえ、戦闘の途中にいることがあるからです。たとえば、このドイツの訓練映画は、後部地域の軍隊でさえ、いつかソビエトの戦車攻撃を経験する可能性があり、彼らを阻止することが期待されていたことを示しています。

あなたの質問を考えると、「ソフトターゲット」または歩兵戦闘に特化していない兵士は、塹壕に座ったり、覆いをしたりする代わりに動き回らなければならないという理由だけで、狙撃兵にとってより簡単なターゲットと見なすことができます。もちろん、訓練も結果に影響を及ぼしますが、食料と水を運ぶ者は、一時的に任務に割り当てられたライフルマンである可能性があります。


対テロ戦争

編集者が提出内容を確認し、記事を改訂するかどうかを決定します。

対テロ戦争、2001年9月11日の同時多発テロに対応して開始されたアメリカ主導の世界的なテロ対策キャンペーンを説明するために使用される用語。その範囲、支出、および国際関係への影響において、テロとの戦いは意図された冷戦に匹敵しました。グローバルな政治関係の新しい段階を代表し、安全保障、人権、国際法、協力、および統治に重要な結果をもたらしました。

対テロ戦争は、ほぼ無限の範囲の多面的なキャンペーンでした。その軍事的側面には、アフガニスタンとイラクでの大規模な戦争、イエメンなどでの秘密作戦、協力体制のための大規模な軍事支援プログラム、および軍事費の大幅な増加が含まれていました。その諜報の側面は、組織の再編成とアメリカの諜報収集能力への資金提供の大幅な増加、テロ容疑者を捕らえてグアンタナモ湾で抑留する世界的なプログラム、外国の諜報機関との協力の拡大、テロ資金の追跡と傍受で構成されていました。その外交的側面には、パートナー国と組織の世界的な連立を構築し維持するための継続的な努力と、中東の反米主義に対抗するための大規模なパブリック・ディプロマシー・キャンペーンが含まれていました。米国のテロとの戦いの国内的側面は、米国愛国者法などの新しいテロ対策法を必要としました。国土安全保障省などの新しい治安機関は、国家安全保障局による数千人の容疑者の監視および情報収集プログラムの予防的拘留を行いました( NSA)、連邦捜査局(FBI)、および地方自治体は、緊急対応手順の強化と、空港、国境、および公共イベントのセキュリティ対策の強化を行っています。

対テロ戦争の最初の数年間の成功には、世界中の何百人ものテロ容疑者の逮捕、アメリカ本土へのさらなる大規模なテロ攻撃の防止、タリバン政権の崩壊、それに続くテロ訓練の閉鎖が含まれていました。アフガニスタンでのキャンプ、アルカイダの多くの上級メンバーの逮捕または排除、そして世界的なテロ対策の取り組みにおける国際協力のレベルの向上。

しかし、批評家たちは、アメリカの対テロ作戦の失敗がその成功を上回っていると主張した。彼らは、アフガニスタンでの戦争がアルカイダのネットワークを効果的に分散させ、それによって対抗することをさらに困難にし、アフガニスタンとイラクでの攻撃が世界のイスラム教徒の間で反米主義を強め、それによって過激派イスラム教と共通の原因で異種のグループを団結させる。他の批評家は、対テロ戦争は、世界の石油埋蔵量の管理、国防費の増加、国の国際的な軍事的プレゼンスの拡大、さまざまな地域大国による戦略的課題への対抗など、より大きな米国の地政学的アジェンダを追求するための考案された煙幕であったと主張しました。

米国大統領の時までに2004年のジョージW.ブッシュの再選では、対テロ戦争の欠点が明らかになりつつありました。イラクでは、2003年に米軍がサダム・​​フセイン政権を打倒し、米軍の計画立案者は、機能する政府をゼロから構築することの難しさを過小評価し、サダムの抑圧的な政権によってチェックされたが、彼の除去によって解き放たれた。 2004年後半までに、イラクが混乱に陥っていることは明らかであり、最大の暴力の期間(およそ2004年から2007年)に殺されたイラクの民間人の数の内戦の推定値は大きく異なりますが、一般に20万人を超えます。この期間の米国の死傷者は、2003年の最初の侵攻で被った死傷者をはるかに上回っていました。数年間支配下にあったと思われていたアフガニスタンもすぐに同様の軌道をたどり、2006年までに米国は再建されたタリバンに率いられて本格的な反乱に直面した。

ブッシュ政権は、テロと戦うために必要であると考えたが、批評家が不道徳、違法、またはその両方であると考えた行動について、国内および国際的な批判に直面した。これらには、グアンタナモ湾と米国外のいくつかの秘密刑務所での裁判なしでの告発された敵の戦闘員の拘留、情報を引き出すためのこれらの拘留者に対する拷問の使用、および国の疑わしい敵を殺すための無人戦闘ドローンの使用が含まれますイラクとアフガニスタンの戦場をはるかに超えています。


AIドローンは、リビアで人間の入力なしに「追い詰められ」、兵士を殺害した可能性があります

国連の報告によると、AIドローンはストライキの前に人間に相談することなく人間の標的を攻撃した。

によって操作される少なくとも1つの自律型ドローン 人工知能 国連の報告によると、(AI)は、攻撃前に人間に相談することなく、昨年リビアで初めて人々を殺害した可能性があります。

からの3月のレポートによると リビアに関する国連専門家パネル、致命的な自律型航空機は、リビアのハリファ・ハフタル将軍のために戦っている兵士や護送船団を「追い詰めて遠隔で従事」させた可能性があります。リビアで見つかったそのようなマシンの残骸は、トルコの軍事請負業者STMによって製造されたKargu-2ドローンからのものでしたが、誰がこれらのキラーロボットを正確に配備したかは明らかではありません。

「概念としての自律型兵器はそれほど新しいものではありません。地雷は本質的に単純な自律型兵器であり、あなたがそれらを踏むと爆発します」と、テロリズムとテロリズムへの対応の研究のための全国コンソーシアムの研究関連会社であるザカリー・カレンボーンはメリーランド大学カレッジパーク校はライブサイエンスに語った。 「ここで潜在的に新しいのは、人工知能を組み込んだ自律型兵器です」と、コンソーシアムの型破りな兵器および技術部門に所属するカレンボーン氏は付け加えました。

関連している: 22の最も奇妙な軍事兵器

これらの攻撃は、国連が承認した国民合意政府がリビアの首都トリポリからハフタルの軍隊を追い出した2020年3月に発生した可能性があります。

「致命的な自律型兵器システムは、オペレーターと弾薬の間のデータ接続を必要とせずに標的を攻撃するようにプログラムされていました。事実上、真の「発砲、忘れ、発見」機能です」と報告書は述べています。

NS Kargu-2 STMが「徘徊する弾薬システム」と表現している4ロータードローンです。 AIソフトウェアがターゲットを特定すると、最大速度約45 mph(72 km / h)で自律的に飛行し、徹甲弾頭または非装甲兵を殺すための弾頭で爆発することができます。ドローンは人間のオペレーターとの接続を失った場合に攻撃するようにプログラムされていましたが、レポートにはこれが起こったと明示的には書かれていません。

トルコがドローンを直接操作したのか、それとも国民合意政府に売却しただけなのかも明らかではありませんが、いずれにしても、それは反対です 国連の武器禁輸、これはトルコなどのすべての加盟国とその市民がリビアに武器を供給することを妨げる、と報告書は付け加えた。武器禁止は、2011年にリビアが抗議者を激しく取り締まり、内戦と国の進行中の危機を引き起こした後に課されました。

ハフタルの部隊は「この新技術の効果的な使用を防御するための訓練も動機も与えられておらず、通常は混乱して撤退した」と報告書は述べている。 「撤退すると、彼らは無人戦闘機と自律型致死兵器システムからの継続的な嫌がらせを受けました。」

報告書は、これらの自律型ドローンがリビアの誰かを殺したことを明確に述べていませんが、それはそれを強く示唆しています、とカレンボーンは書いています 原子力科学者会報の報告。たとえば、国連は、致命的な自律型兵器システムが、ハフタル軍の地対空ミサイルシステムの乗組員の「重大な死傷者」の一因となったと述べた。

スティーブン・ホーキングやイーロン・マスクを含む多くの人が自律型兵器の禁止を求めているが、「そのようなキャンペーンは通常、これらの兵器がまだ未来であると想定している」とカレンボーン氏は述べた。 「彼らが今戦場にいるのなら、それは禁止と倫理的懸念についての議論が現在に焦点を合わせる必要があることを意味します。」

「これが今起こっているのはまったく驚きではない」とカレンボーン氏は付け加えた。 「現実には、今日の自律型兵器の作成はそれほど複雑ではありません。」

これらの武器は危険であるが、「映画 『ターミネーター』のようなものではない」とカレンボーン氏は語った。 「彼らは、数十年先にあるかもしれない、そのレベルの洗練に近いところはどこにもありません。」

それでも、自律型兵器に対する恐れは、科学者やその他の人々がAIの分野で提起したより大きな懸念の一部です。

「現在のAIは通常、トレーニング対象のデータに大きく依存しています」とKallenborn氏は述べています。 「通常、機械は猫と犬の画像を入力して、どちらが猫と犬であるかを指定しない限り、猫または犬が何であるかを認識しません。したがって、そのトレーニングデータが不完全な場合、これらの状況でエラーが発生する重大なリスクがあります。または、物事は見た目ほど単純ではありません。兵士は迷彩を着用するか、農民は熊手を着用しますが、農民も迷彩を着用し、兵士は熊手を使用して砲塔を倒す可能性があります。」

AIソフトウェアは、人間が常識と考えるものを欠いていることもよくあります。たとえば、コンピューターサイエンティストは、画像の1つのピクセルを変更すると、AIプログラムがそれを完全に異なる画像であると結論付ける可能性があることを発見したとカレンボーン氏は述べています。

「これらのシステムを台無しにするのが簡単だとしたら、人々が複雑な環境で動き回っているとき、戦場で何が起こるでしょうか?」彼は言った。

カレンボーン氏は、自律型兵器がもたらす可能性のあるリスクの分析に関しては、少なくとも9つの重要な質問があると述べました。

  • 自律型兵器はどのようにして誰を殺すかを決定しますか?カレンボーン氏によると、AIプログラムの意思決定プロセスはしばしば謎に包まれているという。
  • 人間にはどのような役割がありますか?ドローンがどのような決定を下すかを監視する状況では、致命的なミスが発生する前に修正を加えることができます。しかし、自動運転車でのいくつかの事故が実証しているように、人間のオペレーターは最終的にこれらの機械を大惨事に至るまで信頼する可能性があるとカレンボーン氏は述べています。
  • 自律型兵器にはどのようなペイロードがありますか?これらの武器がもたらすリスクは、殺すことができる人の数とともにエスカレートします。
  • 武器のターゲットは何ですか? AIは、潜在的なターゲットの認識に関して誤りを犯す可能性があります。
  • 自律型兵器はいくつ使用されていますか?より自律型の兵器は失敗の機会が増えることを意味し、軍隊はますます戦場にドローンの群れを配備する可能性を模索しています。 「インド軍は、完全に自律的に機能する1,000ドローンの群れを開発していると発表した」とカレンボーン氏は語った。
  • 自律型兵器はどこで使用されていますか?ドローンがもたらすリスクは、ドローンが配備されている地域の人口と、ドローンが移動する混乱した混乱とともに上昇します。天候も違いを生む可能性があります。ある調査によると、道路上の障害物を検出するために使用されるAIシステムは、晴天では92%正確でしたが、霧深い天候では58%正確でした。
  • 武器はどれくらいよくテストされていますか?シアトルのような雨の気候でテストされた自律型兵器は、サウジアラビアの暑さの中で異なった運賃になるかもしれないとカレンボーンは述べた。
  • 敵はどのように適応しましたか?たとえば、AI企業のOpenAIは、85.6%の信頼度でリンゴをグラニースミスとして分類できるシステムを開発しましたが、誰かが果物に「iPod」と書かれた紙をテープで貼り付けた場合、リンゴは99.7%の信頼度であると結論付けました。カレンボーン氏によると、iPod。敵は自律型兵器をだますための同様の方法を見つけるかもしれません。
  • 自律型兵器はどれくらい広く利用できますか?広く利用可能であれば、国連の報告書が指摘しているように、トルコがKargu-2ドローンをリビアに持ち込むべきではなかった場所に配備される可能性があります。

「自律型兵器の将来について私が最も重要だと思うのは、群れに伴うリスクです。私の見解では、人を殺すことができる自律型ドローンの群れは、大量破壊兵器になる可能性があります」とカレンボーン氏は語った。

全体として、「現実は、リビアで起こったことはほんの始まりに過ぎない」とカレンボーン氏は語った。 「これらの兵器の拡散の可能性は非常に重要です。」


変換[編集|ソースを編集]

誘拐、感染、帰還[編集|ソースを編集]

拉致被害者の超兵士への変身は、エイリアンウイルスに感染することで達成されました。これにより、拉致被害者の体は、変身するのに十分な時間だけ生き続けることができます。感染した拉致被害者は、数日または数か月間死んでいると誤解されることが多く、臨床的に生きていたとしても、死んでいるという特徴を示すことがよくありました。死の特徴には、組織(およびおそらく神経系と血管系)の分解、死後の膨張、組織の壊死、心拍、代謝の速度が遅くなり、個人の体の知覚不能性と硬直性が含まれる可能性があります。この変換を受けるように設定された1人の感染した個人は56bpmの脈拍を持っていましたが、別の人は約70bpmの脈拍を持っていました。

2001年にスーパーソルジャーに変身した最終段階の1つで、拉致被害者のビリーマイルズはシャワーを浴びて血を流しました。

超兵士への変身の最終段階は発作であり、その間、感染した拉致被害者の2つの心拍が、脈拍が正常に戻る前に明らかに検出され、その後の皮膚の血の脱落が見られました。 (TXF:「デ​​ッドアライブ」)

超兵士への変身は、変身の原因となるエイリアンウイルスに対するワクチン、またはジェレマイア・スミスなどのエイリアンの治癒能力によって防ぐことができます。 (TXF: "DeadAlive"、 "This is Not Happening")ただし、感染した身体を生命維持装置に接続したままにしておくと、ウイルスが培養されてウイルスが妨害されます。ただし、これが事実であるという証拠は、個人をから切断することで判断できます。生命維持、バイタルサインに影響を与えることなく人の体温を急速に低下させます。個人の完全な回復を助けるために、その人には輸血と抗ウイルス薬のコースが投与されます。 (TXF:「デ​​ッドアライブ」)

超兵士への変身の準備の感染状態から回復した人は、変身した人も変身を妨げられた人も含めて、最初は少し歩くのが困難でしたが、徐々に元気になりました健康。たとえば、ビリーマイルズが回復した後、彼のすべての医療データは100%正常でしたが、彼が明らかに受けた回復に続いて、血液、体液、電解質の不均衡、および脳機能の喪失が通常予想されます。 。 (TXF: "DeadAlive")モルダーの回復により、誘拐前に苦しんでいた神経障害が検出できなくなり、顔、手、足、胸に傷跡ができたようです。 。 (TXF:「3つの言葉」)

TXFからのいくつかの証拠があります:「DeadAlive」は、超兵士への変身が、変身した個人の混乱や記憶喪失を引き起こす可能性があることを示唆しています。

その他の方法[編集|ソースを編集]

2001年、シャノンマクマホンは、エージェントドゲット、スカリー、レイエスに、カールワームスとローランドマクファーランドの両方が政府プログラムの一環としてメリーランドの給水を準備しているだけでなく、同じプログラムがクロラミンの分子構成を変えたと主張しました。それを水に加える前に、受精と妊娠において、子孫の突然変異を促進する何かを水に加えることによって、超兵士の世代を繁殖させるために人口を準備するという秘密の意図で。 (TXF:「今日IIで重要なことは何も起こらなかった」)

彼を超兵士に変えようとして失敗した。

翌年、ジェフリー・スペンダーは、彼の傷跡は彼の全​​身、内外を問わず燃えた何かによって注射されたためであり、この手順は彼をその種のエイリアンの一人に変える試みに失敗したことを明らかにした今、政府内で陰謀を企てていました。スペンダはまた、エイリアンが他のすべての人に同じ手順を実行することを計画していると主張し、彼が自分の身元を明らかにしてウィリアムの生物学を正常化した後でも、エイリアンがウィリアムにこの手順を課すリスクがあることを示唆しました。 (TXF:「ウィリアム」)


テロの定義

テロリズムの定義は通常複雑で物議を醸すものであり、テロリズムの固有の凶暴性と暴力のために、その一般的な使用法の用語は激しい汚名を開発しました。 1790年代に最初に造られたのは、フランス革命中に革命家が敵に対して使用した恐怖を指すためです。マクシミリアン・ロベスピエールのジャコバン派は、ギロチンによる大量処刑を含む恐怖政治を実行しました。この使用法におけるテロリズムは、国内の敵に対する国家による暴力行為を意味しますが、20世紀以降、この用語は、政策に影響を与えたり、既存の敵を倒したりするために、直接的または間接的に政府を狙った暴力に最も頻繁に適用されてきました。政権。

テロリズムは、存在するすべての法域で法的に定義されているわけではありませんが、一般的にいくつかの共通の要素を共有しています。テロリズムは、暴力の使用または脅迫を含み、直接の犠牲者だけでなく、幅広い聴衆の間で恐怖を生み出そうとします。それが恐怖に依存する程度は、テロリズムを従来の戦争とゲリラ戦争の両方から区別します。従来の軍隊は常に敵との心理戦に従事していますが、彼らの主な勝利手段は武器の強さです。同様に、しばしばテロ行為や他の形態のプロパガンダに依存するゲリラ軍は、軍事的勝利を目指し、時には成功します(例えば、ベトナムのベトコンやカンボジアのクメールルージュ)。したがって、適切なテロリズムとは、直接的な軍事的勝利が不可能な場合に、恐怖を生み出し、それによって政治的目標を達成するための暴力の計算された使用です。これにより、一部の社会科学者は、ゲリラ戦争を「弱者の武器」と呼び、テロリズムを「最弱者の武器」と呼ぶようになりました。

広範な恐怖を生み出すために必要な宣伝を引き付け、維持するために、テロリストはますます劇的で、暴力的で、注目を集める攻撃に従事しなければなりません。これらには、ハイジャック、人質取り、誘拐、銃乱射事件、自動車爆弾、そしてしばしば自爆テロが含まれています。一見ランダムですが、テロ攻撃の犠牲者と場所は、衝撃値のために慎重に選択されることがよくあります。学校、ショッピングセンター、バスや駅、レストランやナイトクラブは、大勢の人が集まる場所であると同時に、一般市民の人々が親しみやすく、安心できる場所であるため、ターゲットにされています。テロの目的は、一般的に、最も身近な場所で国民の安心感を破壊することです。主なターゲットには、大使館や軍事施設など、重要な経済的または政治的シンボルである建物やその他の場所も含まれる場合があります。テロリストの希望は、これらの行為が引き起こす恐怖の感覚が、特定の政治的目的に向けて政治指導者に圧力をかけるように国民を誘導することです。

一部の定義では、政治的動機に関係なく、すべてのテロ行為を単純な犯罪行為として扱います。たとえば、米国連邦捜査局(FBI)は、国際テロと国内テロの両方を「暴力的な犯罪行為」に関係していると定義しています。しかし、犯罪の要素は、異なる政治的および法的なシステムを区別せず、したがって政府に対する暴力的な攻撃が合法である可能性がある場合を説明できないため、問題があります。よく言及される例は、南アフリカのアフリカ民族会議(ANC)です。この会議は、南アフリカのアパルトヘイト政府に対して暴力的な行動を起こしましたが、世界中で幅広い共感を示しました。別の例は、第二次世界大戦中のフランスのナチス占領に対するレジスタンス運動です。

20世紀以来、イデオロギーと政治的日和見主義により、多くの国が国際テロに従事するようになり、多くの場合、国家解放運動を支援することを装っています。 (したがって、「ある人のテロリストは別の人の自由の闘士である」ということわざが一般的になりました。)特に多くのゲリラグループがしばしばテロ戦術を採用したため、テロリズムと他の形態の政治的暴力の区別が曖昧になり、管轄権と合法性の問題が発生しました。同様に隠されていた。

これらの問題により、一部の社会科学者は、犯罪ではなく、テロリストによる暴力の犠牲者がほとんどの場合無実の民間人であるという事実に基づいてテロの定義を採用するようになりました。しかし、この定義でさえ柔軟であり、時には、テロ行為が秘密または秘密である、テロ行為が圧倒的な恐怖感を生み出すことを目的としているなど、他のさまざまな要因を含むように拡張されています。

20世紀後半、用語 エコテロリズム ペルシャ湾岸戦争中のイラク軍によるクウェート油井の焼却など、政治的目標を推進するために、または戦争行為として行われた環境破壊行為を説明するために使用されました。この用語は、環境に有害であるとされる活動を妨害または防止することを目的とした、材木のスパイクなどの犯罪行為ではあるが、特定の環境に優しいものにも適用されました。


イラクの見えない戦争の秘密の歴史

この記事を改訂するには、[マイプロフィール]にアクセスし、[保存されたストーリーを表示]にアクセスしてください。

この記事を改訂するには、[マイプロフィール]にアクセスし、[保存されたストーリーを表示]にアクセスしてください。

イラク戦争の初期に、米軍は非常に秘密の技術を開発したので、兵士はすぐに国外に護送されました。その機器(無線周波数妨害装置)は数回アップグレードされ、最終的にはイラクの反乱軍から最も強力な兵器である遠隔操作爆弾を奪いました。しかし、国防総省が170億ドル以上の費用で50,000ユニット以上を購入した後でも、妨害装置を取り巻く暗いベールはほとんど無傷のままでした。

しかし、最近、私は、それらの50,000人の妨害者の大多数を作った防衛請負業者であるITTから珍しい申し出を受けました。会社の幹部は、妨害装置、つまりその進化と機能について話し合う準備ができていました。彼らはついに、反乱が続くにつれて、目に見えないほど激怒した電磁スペクトルのための大部分が隠されていた戦いを再び語ることができました。彼らは私をR&ampD施設に連れて行く準備ができていました。そこでは、会社の技術者がこの電磁戦争の究極の武器に相当するものを開発していました。爆弾を妨害するだけでなく、爆弾を見つけ、GPS信号を遮断し、敵を盗聴することを約束するツールです。通信、そしてドローンの混乱も。これらのマシンの最初のものは、来月フィールドテストを開始します。

ひどく寒い冬の朝、私はハドソン川を渡って電車に乗って秘密のジャマーラボに行きました。

ターゲットとオリーブガーデンのノックオフの後ろに隠れている、平らな匿名のオフィスビルは、中身のヒントを何も示していません。また、空白の蛍光灯のホールもありません。しかし、それらのホールの1つからドアを開けると、人々は叫び始めます。

&quotScreens off!&quotは、フルバックのビルドで男性を吠えます。 「テスト機器の電源を切ります!」天井では、黄色のアラームライトが点滅して回転します。これは、セキュリティクリアランスのない人が機密扱いの施設にいることを示しています。

アフガニスタンの過激派は、2001年10月の侵攻後の最初の数日で、即席爆発装置で米軍を攻撃し始めました。初期の&#x2702までに、アルカイダの爆弾製造業者は、無線周波数受信機と単純なデジタル信号デコーダーを日本のInstaLite蛍光灯の基地に詰め込んでいました。次に、2.5インチ幅のランプベースを発射回路とソビエト時代の軍需品に接続します。その結果、アメリカ人によって「スパイダー」と呼ばれる粗野なラジコン兵器が生まれました。これにより、攻撃者は獲物を待ち、適切なタイミングで爆弾を発射することができ、捕まる心配はありません。爆発が起こったとき、彼は何百ヤードも離れていました。

さらに悪いことに、米軍にはスパイダーのトリガー信号をブロックする方法がありませんでした。軍の爆弾分隊は、数人のろくでなしの妨害者を運びました。しかし、それらは車両に搭載できず、「弱すぎて数ヤードを超える保護を提供できませんでした」とリック・アトキンソンは彼の絶妙な歴史の中で述べています。 ブームの左:道端の爆弾を倒すための闘争.

&#x27誰かがラジオを持って1 km離れたところに座って、私たちの男たちを標的にした場合、私たちは彼を捕まえることができません。&#x27

海軍のエンジニアは、もう少し強力で、もう少しポータブルなものを作るために急いでいました。 2002年11月までに、彼らはスパイダーを止めるために配線されたエイコーンと呼ばれる妨害装置を持っていました。それほど多くはありませんでした。いわゆる「アクティブジャマー」として、どんぐりは電力を消費し、あらゆる種類の干渉を生成する比較的無差別な「弾幕信号」を出しました。これにより、実効放射電力(1つの爆弾受信機に当たる信号の量)が低く抑えられました。信号が非常に弱かったので、妨害装置はオンのままにして、絶えず叫ばなければなりませんでした。そうでなければ、軍隊は爆弾を阻止する前に爆弾の危険半径の内側にいるでしょう。さらに悪いことに、スパイダーで使用されている特定のレシーバーしかブロックできませんでした。爆撃機が周波数を切り替えた場合、対抗策は役に立たないでしょう。

一方、陸軍は、軍隊を大砲や迫撃砲から保護するように設計された遊撃手電子保護システムを変更する方法を模索していました。これはいわゆる「反応的」対策でした。電波を監視し、軍需品の近接信管で使用される無線信号の1つをリッスンしました。対抗手段がその信号を聞くと、遊撃手はそれを記録し、修正し、そして弾薬に爆破しました。武器を独自の信号と混同することにより、遊撃手は砲弾をだまして時期尚早に爆発させる可能性があります。

兵士たちは、ラジコン爆弾のトリガー周波数をスキャンし、ハンビーの電源に依存するように遊撃手を微調整しました。 「あるフォートモンマスのエンジニアの妻が、デバイスの新しい名前であるウォーロックグリーンに影響を与えたミニチュアキッチンの魔女を集めました」とアトキンソンは語ります。

2003年3月に5つのウォーロックグリーンが米軍に同行してイラクに入った。真夏までに、ウォーゾーンには100人の妨害者がいた。それはほとんど十分ではありませんでした。イラクの過激派は、アフガニスタンの同胞から学び、遠隔地で爆発した爆発物をいたるところに発射していました。

この即席爆発装置(IED)戦争の最初のターンのように、電子的対抗手段は爆弾に追いつくのに苦労していました。最終的にEDOCorporationによって製造されたWarlockGreenは、トリガー信号を記録、変更、および再ブロードキャストするのに数秒かかりました。反乱を起こした爆撃機は、ガレージドア開閉装置のような単純で低電力のトリガーがあれば、ほんの数分の1秒で爆発物を発射することができます。妨害者は追いつく時間がありませんでした。

妨害装置は、無線周波数スペクトルのごく一部しかカバーできませんでした。武装勢力が引き金を変更する必要があるときはいつでも(たとえば、ドアオープナーからキーフォブに)、妨害者は設計図に戻らなければなりません。ウォーロックグリーンは、制限内で再プログラムされる可能性があります。どんぐりは、新しい脅威がそれらを役に立たなくすることができませんでした。

「特にウォーロックを使って、現場で対抗策を講じるたびに、彼らはそれを上回ることができました」と、EDOとITTコーポレーションで妨害装置の製造作業を監督した長年の防衛幹部であるポールミューラーは言います。 「彼らは私たちの一歩先を行っていました。」

&#x27対策を講じるたびに、彼らはそれを上回ることができました。&#x27

しかし、武装勢力が週に50のIEDを開始したため、妨害装置がまったくない場合よりも、後ろの妨害装置でさえ優れていました。 By May 1, 2004 – one year to the day since President George W. Bush declared the end of major combat operations – the improvised bombs had wounded more than 2,000 American troops in Iraq. The IEDs killed 57 servicemembers in April alone, and injured another 691. "IEDs are my number-one threat in Iraq. I want a full-court press on IEDs," Gen. John Abizaid, then the top military commander in the Middle East, wrote in a June 2004 memo.

In the early fall of 2004, the Army signed a contract for 1,000 Warlocks. By March, 2005, the Army upped that order to 8,000 jammers. It was a high-tech, electromagnetic surge. And it was meant to send the militants sliding back down the scale of sophistication. "If somebody can sit a click [kilometer] away with a radio and target our guys, we've got almost no ability to get him," says a source familiar with the jammer buildup. "But if he's doing the Wile E. Coyote thing, and pushing down that plunger, at least we've got some chance to shoot him before he gets it down."

All the big defense contractors – and lots of little ones – got into the electronic countermeasure business. The Marines bought one model the Army another Special Operations Forces, a third. The Army began buying Warlock Reds – small, active jammers that blocked out the low-powered triggers that Warlock Green couldn't stop in time. Warlock Blue was a wearable jammer, to protect the infantryman on patrol. Each countermeasure had its shortcomings Warlock Blue, for instance, was "a half-watt jammer at a time when some engineers suspected that 50 watts might be too weak," Atkinson notes. But no commander could afford to wait for a perfect, common bomb-stopper too many men were getting blown up. By May 1, 2005, the number of U.S. troops wounded by the bombs had climbed to more than 7,700.

There were drawbacks to throwing all those countermeasures into the field at once. Warlock Green would sometimes mistake Warlock Red's signal for an enemy's, and go after it. That would lock the jammers in a so-called "deadly embrace," cancelling one another out.


About the Author(s)

Nilanthan Niruthan is a defense analyst and researcher for the Bandaranaike Centre for International Studies, Colombo. His writing revolves around global security, having covered issues like hybrid warfare, lethal drones, maritime piracy, human shields and urban insurgency for various international publications. He also teaches Low Intensity Warfare at the Defense Services Command and Staff College, the highest seat of military education in Sri Lanka. He is a recurring guest on radio and television news shows to discuss current affairs.He has also contributed in formulating security policy in the South Asian region, for bodies like BIMSTEC.


3 Jack Churchill

An allied commander in WWII, and an avid fan of surfing, Captain Jack Malcolm Thorpe Fleming Churchill aka "Fighting Jack Churchill" aka "Mad Jack" was basically the craziest motherfucker in the whole damn war.

He volunteered for commando duty, not actually knowing what it entailed, but knowing that it sounded dangerous, and therefore fun. He is best known for saying that "any officer who goes into action without his sword is improperly dressed" and, in following with this, for carrying a sword into battle. In WWII. And not one of those sissy ceremonial things the Marines have. No, Jack carried a fucking claymore. And he used it, too. He is credited with capturing a total of 42 Germans and a mortar squad in the middle of the night, using only his sword.

Churchill and his team were tasked with capturing a German fortification creatively called "Point 622." Churchill took the lead, charging ahead of the group into the dark through the barbed wire and mines, pitching grenades as he went. Although his unit did their best to catch up, all but six of them were lost to silly things like death. Of those six, half were wounded and all any of them had left were pistols. Then a mortar shell swung in and killed/mortally wounded everyone who wasn't Jack Churchill.

When the Germans found him, he was playing "Will Ye No Come Back Again?" on his bagpipes. Oh, we didn't mention that? He carried them right next to his big fucking sword.

After being sent to a concentration camp, he got bored and left. Just walked out. They caught him again, and sent him to a new camp. So he left again. After walking 150 miles with only a rusty can of onions for food, he was picked up by the Americans and sent back to Britain, where he demanded to be sent back into the field, only to find out (with great disappointment) the war had ended while he was on his way there. As he later said to his friends, "If it wasn't for those damn Yanks, we could have kept the war going another 10 years!"

The Best Hollywood Could Come Up With:

Colonel Bill Kilgore (Robert DuVall) from Apocalypse Now, of "I love the smell of napalm in the morning" fame.

Well, truth be told, they're pretty much the same person. They're both at home on the battlefield, they have the same philosophies of war and both of them seem to be immune to mortar fire and bullets. Churchill's basically a crazier, Scottish version of Kilgore. With a big fucking broadsword. Like if Kilgore was played by William Wallace from Braveheart on crystal meth.

Related: A Review Of What Is (Maybe) The Worst Book On The U.S. Presidency Ever Written


Shelter for the people

Anderson shelter © In the first years of the Blitz, Anderson shelter were provided by the government, and 150,000 of these were distributed to houses with gardens. They were constructed of corrugated iron, many quite poorly, and were usually cold and damp, but they did provide a little private shelter for those who had them.

Many people did not want to leave their homes, and even owners of Anderson shelters would forsake their shelters for the comfort of the understairs cupboard. The Morrison shelter was an iron cage that doubled as a table, but was designed to protect the family as their house collapsed around them. The theory was that they would crawl out from the rubble unhurt. However, if they were trapped and the house was on fire, they would die, powerless to save themselves.

But what of those without a Morrison or Anderson shelter, those without a garden and who lived in high density housing? For these people, communal shelters were constructed in the basements of certain houses, to be used by those who happened to be out and about when the raid happened. The government also decided to build surface shelters, in streets. These were built of brick, with concrete roofs, and were for families in surrounding estates.

Due to the incompetence of the Government's construction specification, however, an ambiguous instruction was misinterpreted, and resulted in a sand and lime mix being used in the construction, without the benefit of cement. These dark shelters quickly became squalid, unsanitary and dangerous. When the bombs began to fall, these inadequate shelters simply crumbled, and many people sheltering in them died.

On 7 September 1940, as the bombs began to fall on London, it quickly became clear to those seeking shelter that there was not enough space for everyone. And that even those in the poorly constructed surface shelters weren't safe. Without anywhere to sleep at night, public anger rose ,and people felt that it was time to take the responsibility for shelter into their own hands.

The demand for deep shelter returned, but this time more strongly. The obvious and most popular move in London was to take over the underground tube system. The government had previously ruled out - indeed forbidden - the use of the tube. But for many it was the last place of refuge. So by simply buying a ticket and staying underground for the duration of the raid, people slowly began to occupy the underground system.

The shelterers made it clear that they intended on making these new sanctuaries their homes. The government had to bow to pressure, and began to supply bunk beds and toilets for the tube dwellers. Nightly, a community of 60,000 would convene underground in London. A community was born, and the first victory for the people was won.


コンテンツ

The Pennsylvania rifle developed from earlier and much heavier Jaeger rifle which were brought to the American colonies by German gunsmiths. [3] The Jager rifle was a short, heavy rifle that fired a large caliber bullet. It was designed for hunting in Europe by the well to do. [3] Like the longer and heavier smoothbore muskets of the time, both were not well suited for hunting in America. [3]

These gunsmiths centered their activities around Lancaster County, Pennsylvania for a number of good reasons. [3] It was an important crossroads for trade at the time. It lay between Philadelphia, Pennsylvania and the wilderness to the west. [3] The area also had large iron ore deposits for gun barrels and hardwood forests for gun stocks. [3] The product that evolved from the earlier gun designs could shoot up to five times farther. The Pennsylvania rifle could accurately hit targets at 300 yards (270 m). [4] From about 1730 and through the War of 1812, the Pennsylvania rifle was the preferred long range rifle in America. [3]

During the American Revolutionary War companies of Pennsylvania riflemen created disruption behind the British lines. [5] Well out of range of the British Brown Bess smoothbore musket, militiamen and snipers could target individual soldiers and officers from a long distance. [5] George Washington was delighted to have these men equipped with their Pennsylvania rifles. Most soldiers used the musket because it was much easier and quicker to load in battle. But an American sharpshooter with his long rifle could pick off a British general who thought he was far enough away from the battle to be safe. [6] This could and did change the outcome of several battles. Ashley Halsey Jr. wrote:

[A British general was outraged] that certain uncouth American frontiersmen, who wore their shirttails hanging out down to their knees, picked off his sentries and officers at outlandishly long ranges. Forthwith, the general ordered the capture of one specimen, each of the marksmen, and his gun. A raiding party dragged back Cpl. Walter Crouse, of York County, Pennsylvania, with his long rifle. At that point, the British … made a psychological blunder. They shipped their specimen rifleman to London. … Crouse, commanded to demonstrate his remarkable gun in public, daily hit targets at 200 yards—four times the practical range of the smoothbore military flintlock of the day. Enlistments faded away, so the story goes, and King George III hurriedly hired Hessian rifle companies to fight marksmanship with marksmanship. [6]

The sharpshooters who carried these weapons are part of American history and myth. But they most certainly did exist and played an important part in battles such as the Battle of Saratoga in 1777 and the Battle of New Orleans in 1815. [1]

There have been a number of names applied to this rifle and the name depended on where it was used. [1] Whether the design was called a Kentucky rifle, a Schimmel, southern poor boys or a Tennessee rifle, many have consistently been manufactured in Lancaster, Pennsylvania. [1] A typical rifle of this design had a barrel from 42 inches (1,100 mm) to 46 inches (1,200 mm) in length. [2] It was .50 caliber (13 mm) and had a stock made of curly maple. [2] The stock fully supported the barrel. It had a crescent-shaped buttplate, a patch box and a cheekpiece were also common. [2] Early models used a flintlock firing mechanism while later models used the percussion cap. The barrels were rifled.

Daniel Boone's rifle is a typical example of a Pennsylvania rifle. It was 5 feet, 3 inches long (160cm). [1] It was .44 caliber and fired a ball that weighed about 130 grains (8.4 g). The gun weighed 11 pounds (5.0 kg). [1] Using a bullet mold, Boone could get about 55 lead balls from a single pound (0.45 kg) of lead. [1] To fire a ball this size would require only about a thimble-full of black powder. [1]

In a situation where there might be Hand-to-hand fighting, the Pennsylvania rifle was too delicate to use as a club. [1] Striking it against anything could cause the stock to break. The long thin wrought iron barrel was relatively soft could be easily bent. [1] Frontiersmen knew this and were careful not to damage their main hunting weapon. In battle, it took twice as long to reload a Pennsylvania rifle as it did the Brown Bess musket. [7] Worse, due to the barrel length, the shooter almost had to stand up to carefully measure the powder, load the ball and patch, and tamp it down with a ramrod. [7] It is no wonder Pennsylvania riflemen hid behind trees so as not to expose themselves to enemy fire. [7] The main weapon during the Revolutionary war was the musket on both sides. Fewer than 10% of the American soldiers carried a long rifle. [7]


ビデオを見る: TARGET frontier JVターゲット使い方編パート2 買える逃げ馬と危険なケース (1月 2022).