情報

オバマ政権の2日目-歴史


オバマ大統領は、ブッシュ政権のテロに関する多くの政策を覆す一連の大統領命令に署名することにより、2日目の任期中に選挙公約を守った。最初に彼はグアンタナモ湾収容所の閉鎖を命じました。彼はまた、テロ容疑者を拘留するために存在する他の選択肢を検討するために、省庁間タスクフォースの設立を命じた。最後に、彼は容疑者を尋問する際の拷問の使用を禁止する命令を出しました。

オバマ大統領は午後に国務省に行きました。国務省のヒラリー・クリントン国務長官は、2人の特別使節を発表しました。ジョージ・ミッチェル(中東特使)とリチャード・ホルブルック(アフガニスタンとパキスタン特使)です。

クリントンがミッチェルの任命を発表したとき、彼女は米国が二国家解決にコミットしていると述べた。ミッチェル自身は、アイルランドの問題を解決した後、解決できない問題はないと信じていると述べた。彼は結局800年の紛争を解決しました。イスラエルの問題がアイルランドの問題と同じくらい単純だったとしたら。

それからオバマは話しました。彼は、米国はイスラエルの友人であり、常に彼女のそばに立つだろうと述べ始めました。彼は続けて、イスラエルに発射されたような何千ものミサイルに自分自身をさらすことを許すことができる国はなく、イスラエルには自衛権があると述べた。彼はその後、ガザのパレスチナ人とイスラエル南部の住民の苦しみに苦しんでいると言いました。彼は人々が希望なしに生きる必要はないと述べた。オバマ氏はさらに、国境検問所を開くべきだと述べたが、そうすることでパレスチナ自治政府の監督下に置かれた。彼は、ガザの再建を支援するために資金を調達するためのドナー会議を調整する上でアメリカの支援を提供しましたが、それはパレスチナ自治政府を通じて行われた場合に限られます。最後に、彼はアラブ和平計画には有益な要素があり、過激主義に反対し、イスラエルとの関係を改善することによって、彼ら[穏健なアラブ諸国]がそれを支援する時が来たと述べた。


経済を2兆ドル削減するための2016年のオバマの規制

水曜日に発表された新しい報告書によると、オバマ政権は2016年にドアを出る途中で記録的な数の新しい規制を発行し、年間2兆ドル近くの経済を犠牲にする行政状態を残しました。

競争企業研究所によると、政府自体が2016年に630億ドルを費やして、独自のすべての規制を管理および施行しました。

ワシントンの共和党員がワシントンを合理化し、バラク・オバマ大統領の業績をロールバックする理由を探しているので、新しいレポートは弾薬である可能性が高いです。

&#8220連邦政府のリーチは、税金、赤字、借入をはるかに超えています。連邦の環境、安全衛生、および経済規制は、年間数千億ドル、さらには数兆ドルの経済への影響を及ぼします。規則。

彼は、2016年に最終決定された3,853の連邦規則を数えました。これは、2005年以降のどの年でも最も多いものです。

オバマ氏は在任中に、ジョージW.ブッシュ大統領の在任中の505と比較して、一般に少なくとも1億ドルの経済効果があると定義されている685の「主要な」規則を発行したとCEIの報告書は述べています。言った。

規制を公表している連邦官報のページ数は、2016年に95,000の新しいページを超え、記録を樹立したと報告書は述べています。

財務省は、行政機関の優先順位の中で469の規則を説明することにより、行政機関の間で先導し、続いて、内務、運輸、商務部門、および環境保護庁(EPA)が続きました。米国西部の金融規制と連邦土地利用問題は、オバマ政権時代の2つの大きな戦いでした。

トランプ大統領はすでに規制改革を彼の議題の重要な部分にしています。彼は、オバマ氏のクリーンパワープランの解体を命じました。これは、国の発電所の炭素排出量を規制するための推進力であり、議会と協力して、オバマ時代の土壇場での約12の規制を廃止しました。

しかし、CEIの報告によると、議会は規制費用の「隠された税金」に対してより多くの責任を負うべきであり、これは1世帯あたり15,000ドルの額で消費者に転嫁されるとのことです。

たとえば、新しい職業訓練プログラムの作成に投票し、連邦の赤字を増やすことの結果を受け入れるのではなく、議員は代わりに、労働省に委任した規則の下で主要企業に職業訓練を提供することを要求する法律を可決することができます、とクルー氏は書いています。

&#8220後者のオプションは、連邦政府の支出にほとんど影響を与えませんが、それでも議会にプログラムの功績を認めさせるでしょう&#8221と彼は書いています。 &#8220支出の代わりに規制することにより、政府は誰にも1ペニーの追加課税を明示することなく、ほぼ無期限に拡大することができます。&#8221

いわゆる「行政国家」の成長は、保守的な法曹界の主要な問題になっており、一部の学者は、連邦裁判所に規制力をロールバックして議会の手に戻す時が来たと述べています。 。

新たに設置された最高裁判所のニール・M・ゴーサッチ判事は、昨年、高等裁判所が規制当局の決定にあまり敬意を払わない時期である可能性があると述べた事件で、保守的なサークルから賞賛を集めました。

キャピトルヒルでは、共和党員が別の解決策を推し進めています。

1月、下院はREINS法を可決しました。これにより、議会は主要な規則が発効する前に投票する必要があります。その法律は上院のどこにも行きませんでした。

しかし、議会は議会審査法(CRA)を使用して、オバマ時代の土壇場での12の規制を覆しました。以前は、このツールはクリントン時代のルールを覆すために一度だけ使用されていました。

民主党は、共和党の規制緩和の取り組みに障害を投げかけようとしました。多くの規則は、特に財政監視の分野で、消費者を保護することを目的としていると述べています。

上院の少数派リーダーであるチャールズE.シューマーは、今月初めに、CRAの最近の使用は、厄介な規制をロールバックすることよりも、特別な利益を助けることに関するものであると述べました。

&#8220彼らは、大きな石油、大きなガス、大きな石炭、大きな鉱業、そして裕福な特別利益への景品です」と彼は言いました。

クルー氏の分析によると、2016年の連邦規制の総費用は1.963兆ドルで、2012年から約1,000億ドルの増加を記録しました。

トランプ氏はまた、経済の手を結ぶルールをノックアウトすることを望んで、彼自身の政権内でレビューを注文することができます。

しかし、ホワイトハウスの予算ディレクターであるミック・マルバニー氏は、長く埋め込まれた規制を緩和することは必ずしも容易ではないと述べた。

&#8220私たちがプロセスを経て、私たちが学んだことは、新しい登録を作成する際に代理店を遅くすることはそれほど難しいことではありません&#8221Mulvaney氏は最近上院予算委員会に語りました。 &#8220しかし、規制緩和を開始するように設計された官僚的な機関である機関に、規制緩和を開始するように依頼すると、&#8230それは彼らが長い間使用していなかった筋肉です。&#8221

それでも、オバマ氏が議会の終焉として規制を使用することを好むということは、規制のいくつかは今や取り消すのが簡単であることを意味する、とアメリカ人繁栄の社長であるティム・フィリップスは述べた。

&#8220今、私たちの側がオバマの8年間に極端な環境法を阻止することに成功したという理由だけで、オバマ時代の極端な環境規制をロールバックする大きな進歩が見られます」と、グループロビーのフィリップス氏は言いました。より低い税金とより少ない規制のために。


ファクトチェック:オバマ大統領時代の経済成長は鈍かったのか?

91人の大統領歴史家を対象としたC-SPANの調査では、バラク・オバマ前大統領が米国の12番目に優れた大統領であり、経済管理において8番目に優れていると評価されました。 &#911&#93&#912&#93社説 NS オクラホマン 「オバマ時代の成長の鈍化は彼の大統領に対する主要なストライキの1つである」と言ってランキングに異議を唱えた。 &#911&#93

オバマ大統領時代の成長は鈍かったのでしょうか?

遅い 主観的な用語です。 Ballotpediaは、国内総生産(GDP)、総雇用者数、および過去11年間の経済拡大期間中の四半期の賃金と給与を比較して次のことを発見しました。

  • 2009年6月から2016年にかけてオバマ大統領の下で始まった拡大では、GDPは年間平均2.1%増加し、1949年以来の拡大期間の中で最低の割合でした。&#913&#93&#914&#93&#915&#93
  • 同じ時期に、総雇用は1億4000万人から1億5200万人へと8.6%増加しました。他の5つの拡張期間では、より大きな雇用の伸びが見られました。 &#916&#93
  • 四半期の賃金と給与は、2009年の第2四半期の7.1兆ドルから、2016年の第3四半期の8.4兆ドル(最新のデータ)に18%増加しました(インフレ調整後)。賃金と給与は、1949年以降の他の5つの拡大期間でより大きな割合で増加しました(成長の範囲は18.3パーセントから59.2パーセントでした)。 &#917&#93&#918&#93&#915&#93

バックグラウンド

C-SPANは、2000年以来、大統領のリーダーシップに関する3つの歴史家調査を実施しています。参加者は、1(効果的ではない)から10(非常に効果的)までのスケールを使用して、10のリーダーシップの資質について各大統領を評価するよう求められます。 C-SPANは、参加者を「歴史家およびその他の大統領職の専門的オブザーバー」と表現しています。 &#919&#93&#9110&#93 2017年の調査では、オバマ大統領は、ワシントン大統領、リンカーン大統領、クリントン大統領、セオドア・ルーズベルト大統領、フランクリン・ルーズベルト大統領、アイゼンハワー大統領、ケネディ大統領に次ぐ経済経営で8位にランクされました。 &#912&#93

経済は周期的な拡大と縮小を経験します(別名 不況)。オバマ大統領は2009年1月20日から2017年1月20日まで続いた。&#9111&#93彼は2007年12月から2009年6月まで続いた不況の中で就任した。それ以来経済は拡大期にある。 &#9112&#93

全米経済研究所によると、1949年以来11の拡大期間がありました。現在の拡大は現在93か月目で、1949年以来3番目に長いです。戦後最長の拡大は1991年から2001年までの120か月でした。 、1961年から1969年の間に106か月の経済拡大が続きました。&#9113&#93&#9114&#93&#9112&#93

商務省の経済分析局によると、現在の拡大期間(オバマ大統領をカバー)では、インフレ調整後のGDPの成長率は年間平均2.1%です。これは、過去11回の拡張期間の中で最も低い成長率です。 2001年第4四半期から2007年第4四半期(暦年)までの1949年以降の1つの拡張期間で、平均年間GDP成長率は3%未満でした。 &#913&#93&#914&#93&#9115&#93&#915&#93

総雇用

オバマ政権の拡大期には、雇用者数は1億4000万人から1億5200万人へと8.6%増加した。 &#916&#93&#9116&#93この雇用の伸びは、過去11回の拡大期間の中で6番目にランクされました。総雇用は、1961年2月(第1四半期)から1969年12月(第4四半期)の拡大期間に最も増加し、1980年7月(第3四半期)から1981年7月(第3四半期)に最も減少しました。 &#9117&#93&#916&#93&#9118&#93

注:四捨五入により、数値が合算されない場合があります。

賃金

オバマ政権時代の四半期の賃金と給与は、7.1兆ドルから8.4兆ドル(2017ドル)に18%増加しました。 &#917&#93&#9119&#93その成長率は、過去11回の拡張期間の中で5番目にランクされています。 &#917&#93&#918&#93

結論

91人の大統領歴史家を対象としたC-SPANの調査では、オバマ氏は米国で12番目に優れた大統領であり、経済管理において8番目に優れていると評価されました。 &#912&#93 オクラホマン 社説で調査結果に答えた:「しかし、オバマ年の伸び悩みは彼の大統領に対する主要なストライキの1つです。」 &#911&#93

遅い 主観的な用語です。オバマ大統領の下で始まった拡大期間では、GDP成長率は年平均2.1%であり、1949年以来の11の拡大期間の中で最も遅い速度です。&#913&#93&#914&#93総雇用は1億4000万人から8.6%増加しました。 2009年6月から2016年12月には1億5200万ドルになり、四半期の賃金と給与は18%増加して7.1兆ドルから8.4兆ドル(2017ドル)になりました。 1949年以降の11の景気拡大のうち5つで、雇用と賃金はさらに増加し​​ました。&#916&#93&#917&#93&#918&#93

も参照してください

ソースとメモ

  1. ↑ 1.01.11.2オクラホマン、「オクラホマシザーテイルズ:Real ID法を扱う立法府、ついに」、2017年2月25日
  2. ↑ 2.02.12.2C-SPAN、「Presidential Historians Survey 2017」、2017年3月8日アクセス
  3. ↑ 3.03.13.2アメリカ合衆国商務省経済分析局、「National Economic Accounts」、2017年3月8日アクセス
  4. ↑4.04.14.2を使用して計算された年間成長率 Moneychimp.com、「返品率(割引率/ CAGR)計算機」、2017年3月11日アクセス
  5. ↑5.05.15.2経済分析局は、暦年の統計を提供します。たとえば、2016年の第1四半期は、2016年の1月、2月、3月になります。Ballotpediaによる確認: サラレイノルズ、「米国商務省経済分析局のエコノミスト、ジェフ・ニューマンとの電話通信」、2017年3月22日
  6. ↑ 6.06.16.26.3アメリカ合衆国労働省労働統計局、「現在の人口調査からの労働力統計、雇用レベル」、2017年3月16日にアクセス
  7. ↑ 7.07.17.27.3アメリカ合衆国商務省経済分析局、「業界別の賃金と給与(SQ7、SQyH、SQ7N)」、2017年3月16日アクセス
  8. ↑8.08.18.2数値は、米国労働省のCPIインフレ計算機を使用して調整されています。
  9. C-SPAN、「Presidential Historians Survey:Methodology」、2017年3月20日アクセス
  10. ↑調査の言葉によると、10の資質は次のとおりです。公の説得、危機的リーダーシップ、経済管理、道徳的権威、国際関係、管理スキル、議会との関係、ビジョン/議題の設定、すべての人の平等な正義の追求、パフォーマンス彼の時代の文脈の中で。見る: C-SPAN、「Presidential Historians Survey:Methodology」、2017年3月20日アクセス
  11. バロットペディア、「バラク・オバマ」、2017年3月14日アクセス
  12. ↑ 12.012.1全米経済研究所、「米国の景気循環の拡大と縮小」、2017年3月11日アクセス
  13. ↑大統領ジョージH.W.ブッシュ、ビルクリントン、ジョージW.ブッシュは、1991年3月から2001年3月の拡張期間中に就任しました。ジョン・F・ケネディ大統領、リンドン・ジョンソン大統領、リチャード・ニクソン大統領は、1961年2月から1969年12月までの拡張期間中に就任しました。
  14. ↑景気拡大に関するデータは、 ウォールストリートジャーナル 2016年7月29日。Ballotpediaは全米経済研究所にデータを確認しました。見る: ウォールストリートジャーナル、「7年後、回復は第二次世界大戦後の時代の最も弱いままである」、2016年7月29日
  15. ↑米国商務省経済分析局は、1947年にさかのぼる季節調整済みのGDPデータを四半期ごとに提供しています。1949年は、四半期データを使用した最初の拡張年です。
  16. ↑2009年6月に開始された拡張は進行中です。
  17. ↑1961年2月から1969年12月までの拡張期間中、ジョンF.ケネディ大統領、リンドンジョンソン、リチャードニクソンが就任しました。1980年7月から1981年7月までの拡張期間中、ジミーカーター大統領とロナルドレーガン大統領が就任しました。
  18. ↑雇用レベルの統計は季節調整されており、16歳以上の雇用者を表しています。
  19. ↑経済分析局は、賃金と給与を「労働サービスを提供するために雇用主から従業員(執行役員を含む)が受け取る報酬。これには、ストックオプションの行使と支払いから得られる手数料、ヒント、ボーナスが含まれます。種類。陪審員と証人に支払われる司法手数料は、賃金と給与に分類されます。賃金と給与は、社会保障拠出金、組合費、確定拠出年金制度への従業員の任意拠出金などの控除前に測定されます。」

2015年10月に開始されたBallotpediaによるファクトチェックは、選挙で選ばれた役人、政治任命者、および連邦、州、地方レベルの政治候補者による主張を調査します。私たちは、あらゆる経歴と所属の政治家による主張を評価し、同じ客観的で中立的な審査プロセスにかけます。私たちの焦点は常に個人ではなく主張にあります。ファクトチェックの詳細については、ここをクリックしてください。


バイデンは大きく、速く、そしてシンプルになるべきです

著者について:デレク・トンプソンはのスタッフライターです アトランティック、 彼は経済学、技術、そしてメディアについて書いています。彼はの著者です クレイジー/ジーニアス.

フランクリンD.ルーズベルトが1932年に大統領に就任したとき、国は同心円状の危機に直面していました。貧困。ルーズベルトの最初の100日間は、歴史的な直接性で最初の2つの危機に対処しました。彼は銀行を再開し、市民保全部隊などの措置を通じて数千人のアメリカ人を直接雇用しました。その後、彼の最初の任期の終わり近くに、彼は社会福祉法に署名しました。これは、高齢者の貧困を減らし、米国で最も人気のある連邦プログラムの1つになりました。

ジョー・バイデン大統領はまた、パンデミックの生物学的脅威、景気後退、そしてそれを超えて、子どもの貧困の根強い問題など、あなたがそれらを剥がすにつれて未来に向かって外側に移動する同心の危機に直面しています。彼はまた、一世紀にわたって影を落とす問題、気候変動の実存的危機と闘わなければなりません。

バイデンの最初の100日間は、ルーズベルトの焦点を当てて最初の2つの危機に対処する必要があります。その瞬間の大火を鎮め、未来の火と戦ってください。政府の統一された管理により、バイデンと民主党はパンデミックの終焉を加速し、数十年で最強の経済成長の基礎を築き、子どもの貧困をなくし、アメリカを気候変動緩和技術の世界的リーダーになる道に導くことができます。

しかし、これを達成するために、バイデンは彼が副大統領を務めていた前の民主主義政権のいくつかのシボレスを捨てなければならないでしょう。

バラク・オバマのチームが行ったように、微妙なテクノクラートのナッジでアメリカ人の行動を変えようとするのではなく、バイデンは彼の署名政策をできるだけ愚かに単純にすることを目指すべきです。前任者のように赤字の中立の針に糸を通す代わりに、彼はパンデミック不況によって残された穴を埋めるためにすぐに予算を吹き飛ばすという強い主張をするべきです。オバマ政権のアプローチがあまりにも巧妙で、予算の奇抜さが散らばっている場合、バイデンの公式は反対のことを受け入れるべきです:大きく、速く、そして単純です。

2009年、バラクオバマ大統領と民主党は、別の深刻な不況の間に政府の統一された支配権を掌握しました。彼らは、2010年に署名された医療保険制度改革法を制定する前に、最初の数か月で当時の記録的な刺激策で不況と戦いました。刺激策とオバマケアは重要な欠陥のある良い法律でした。バイデンは両方から学ぶべきです。

オバマの刺激は小さすぎて微妙すぎた。共和党の野党は一過性ではなく、民主党連合はGDPギャップを埋めるために必要な数兆ドルの赤字に不快感を覚えていたため、それは小さすぎました。そして、規制の皇帝キャス・サンスティーンを含むオバマのチームが、アメリカ人に効率的な意思決定を促すための「ナッジ」または卑劣な政策の新たな科学に夢中になったため、それは微妙すぎました。たとえば、2009年の景気刺激策の税の目玉は、給与税の源泉徴収を適度に減らすことで家族にお金をもたらしました。アメリカ人が政府から一時金の小切手を受け取った場合、彼らはお金を節約するかもしれないという厄介な考えでした。しかし、彼らが自分の銀行口座を見て行った場合、 ええと、それは私が思っていた以上です!、彼らはすぐにそれを使うかもしれません。残念ながら、減税は非常に卑劣だったので、多くの人々はその政策についてさえ知らなかった。ましてやオバマにその功績を認めた。

Affordable Care Actには、サイズと微妙さの問題が同じでした。 スレートのジョーダンワイスマンは主張しています。再び、ジョー・リーバーマン上院議員などの民主党連合のメンバーが、公的選択肢などの最も野心的な部分を支持することを拒否したため、それは小さすぎました。歴史的な行為は、その最も重要な要素が10年間の予算への影響を減らすために延期されたため、すぐには感じられませんでした。たとえば、メディケイドの拡大は、オバマが法律に署名してから数年後まで始まりませんでした。

バイデンは、彼の議題の中心に重さ、スピード、そしてシンプルさを置くことによって、これらのエラーを修正することができます。そしておそらく彼はそうするでしょう。からの報告によると ニューヨークタイムズワシントンポスト、バイデンの最初の救済法案は、2兆ドル近くの支出があり、ワクチンと検査、失業手当、州および地方の援助のために数千億ドルが含まれます。 COVID-19ポリシーのインスピレーションを得るために、バイデンは、ワクチンの早期購入で大成功を収め、公園、学校、駐車場をワクチン接種のメガセンターに転換するという配布に猛烈な勢いで進み、最初のトランシェに簡単な基準を使用したイスラエルに目を向けることができます。ショット:医療従事者と高齢者。

米国の救済の目玉は、個人への2,000ドル相当の直接支払いです。 (この数字には、技術的には、すでに数百万の世帯に送金されている600ドルが含まれています。)直接支払いは、2009年の刺激策でオバマ当局が好んだ卑劣なパターナリズムの反対です。アメリカ人は、銀行口座に2つのグランドが表示されて行くのを見ることはありません。 えーと、指が上がらないけど、無意識のうちに靴下を買いたくなりました。彼らは非常に意識的に、非常にこぶしを上げて高揚していると感じるでしょう。小切手は、経済刺激兵器の紙吹雪の大砲です。最大限に効率的ではなく、最大限に素晴らしいものです。

素晴らしさが重要です。オバマ時代からの教訓の1つは、賢明な政策立案は、頭のいいことをすることだけではなく、より良いことをできるように力を維持する方法で、良い人気のあることをすることです。 2010年に民主党が経済を適切に刺激しなかった、または彼らの非常に現実的な貢献が認められなかったため、オバマの過去6年間の在任期間中、民主党は破滅的な中期的損失を被り、多くのことを成し遂げることができなくなりました。不思議ではない理由で、世論調査は、地獄から一年を通してそれを成し遂げるための一種の刺激-準慰めの贈り物としてすべてのアメリカの家庭に2,000ドルを与えることへの並外れた支持を示します(1つの研究は10人の共和党員の7人が直接支払いを支持することを示しました)。刺激チェックで、バイデンは米国の有権者の説得力のある真ん中に自分自身を慕うことができました。 好み かつてのアメリカ大統領。

ワクチンの配布をスピードアップし、経済が開放されたときに家族が過ごす準備を整えることは、バイデンの最優先事項です。ロックされていない小売およびレジャー部門と高い国民貯蓄の組み合わせは、2021年の後半に記録的な経済ブームにつながるはずです。

バイデンの次の焦点は子供であるべきです。彼の現在の救済法案はすでに児童税額控除の拡大を求めています。しかし、子どもの貧困を減らすことは、単なる項目以上のものでなければなりません。

米国は、最年少の貧困と不平等に関して恥ずべき記録を持っています。アメリカの子どもの貧困率は、カナダやオーストラリアなどの同様に豊かな国のそれよりも高いだけでなく、メキシコやロシアのそれよりも高いです。アメリカの問題は2つあります。第一に、米国は英国やデンマークの半分以下しか乳幼児や子供に費やしていない。第二に、米国の子供への福祉支出が多すぎると、貧困の家族に届きません。これは、政府がその支出の大部分を連邦所得税法(課税所得のない家族にはほとんど役立たない)に注ぎ込んでいるためです。

バイデンの救済法案には、児童税額控除の拡大が含まれています。それは良いスタートです。しかし、税額控除は、子どもの貧困と戦うための非効率的なツールです。財務省によると、子供がいる世帯の5人に1人以上がCTCを請求していません。それは、彼らがそれが存在することを知らないか、彼らが彼らの返還を提出するのを間違えたためである可能性があります。

バイデンが本当の違いを生み出したいのであれば、彼は児童税額控除を普遍的な児童手当に置き換えることを支持すべきです。つまり、社会保障局は18歳未満のすべての子供に対して毎月の小切手を切るだけで、質問はありません。福祉研究者で左翼シンクタンクの人民政策プロジェクトの創設者であるマット・ブルーニッヒは、月額370ドルの普遍的な児童手当は、子どもの貧困を約3分の2削減すると計算しています。

普遍的な児童手当はすぐに家族の手にお金を手に入れるでしょう。そして、政治的な見返りは明らかです。前大統領との明確な対比を描くことを超えて-「私たちは子供たちを貧困から解放した檻の中に閉じ込められた子供たちを切り倒す」-この法律は有用なFDRエコーを持っているでしょう。社会福祉法はほぼ90年後に高い高齢者の貧困を引き受けました、我々は同じ機関を改造して高い子供の貧困のアメリカの恥を引き受けることができました。

そうして初めて、バイデンは今世紀の最も重要な問題である気候変動に目を向けるべきです。銀行が閉鎖されている間にルーズベルトが長期的な高齢者の貧困に焦点を合わせるのは政治的に奇妙だったのと同じように、パンデミックが1日に数千人を殺している間、バイデンは炭素排出について話すことに多くの時間を費やすべきではありません。しかし、大統領就任の2イニングでは、バイデンが手打ちでの配布に関するグリーンニューディールを支持することは理にかなっています。 Bidenは、アメリカの石油およびガス産業をひざまずくのではなく、クリーンエネルギーポートフォリオのすべての技術の価格を下げるのに役立つ補助金パルーザを約束する必要があります。バッテリーなどのクリーンエネルギー技術の連邦政府による購入が数千億ドル保証されています。電気自動車は、太陽エネルギーと風力エネルギーに対するより多くの助成金と、クリーンエネルギーと炭素除去へのより多くのR&ampD支出をもたらします。 「インフラストラクチャウィーク」だった冗談は忘れてください。バイデンのグリーンエネルギー法案は、インフラストラクチャの10年を開始する可能性があります。

野心的な議題を通過させ、有権者を彼の側に保つために、バイデンは物事を率直で伝達しやすいものに保つ必要があります。幸いなことに、これは彼の本能のようです。民主党予備選挙の間に、オバマ政権の駐在員は、副大統領として、バイデンが感動的なステムワインダーとの本質的な政策議論を中断することで評判があったことを思い出しました。大統領選挙で、彼はテクノクラートのゴブルディグックを始めたとき、まだ補佐官を黙らせています。 「あなたの電話を取り、あなたの母親に電話し、あなたがちょうど私に言ったことを彼女に読んでください」と彼は彼らに言います。 「彼女が理解すれば、私たちは話し続けることができます。」

この技術の回避は、いつの日か、立法案の弱点であることが明らかになるかもしれません。しかし今のところ、それは大きな強みです。バイデンは、感情的なストーリーテリングに対する彼の超自然的な贈り物を区別するのと同じ資質を彼の公共政策に注入することを目指すべきです。おそらくそれは、オバマの統治スタイルに関するバイデンの編集の1行の要約として役立つかもしれません。 もう一度、感じて.


歴史のこの日 2021年2月23日

スコットランドの科学者たちは、羊のドリーのクローン作成が成功したことを発表しました。

イギリスのロマン派詩人ジョン・キーツが亡くなりました。

メキシコの将軍サンタアナはアラモの包囲を始めました。

トゥーシーロールはレオ・ハーシュフィールドによって紹介されました。

1898年フランスの小説家エミールゾラは名誉毀損で有罪判決を受け、反ユダヤ主義の政府を非難し、アルフレッドドレフュス大尉を誤って投獄したことで彼の「私は弾劾」の手紙を書いたとして懲役刑を言い渡されました。

米国の土壌の最初のAxis砲撃は、カリフォルニア州サンタバーバラの近くで行われました。

アメリカ海兵隊は硫黄島の星条旗を掲げた。

オバマ政権は、結婚防衛法は違憲であると判断しました。


オバマ大統領:リビアの余波&#x27大統領の最悪の過ち&#x27

オバマ氏は、フォックスニュースでの彼の在職期間の最高と最低に関する一連の質問に答えていました。

しかし、彼は、リビアへの介入は「正しい行動」であったと述べた。

米国およびその他の国々は、2011年の蜂起の際に民間人を保護することを目的としたストライキを実施しました。

しかし、元リビアの指導者が殺害された後、リビアは民兵が乗っ取り、2つのライバル議会と政府が形成されて混乱に陥りました。

いわゆるイスラム国(IS)が足場を築き、リビアはヨーロッパに到達しようとする移民の主要な出発点になりました。

国連の支援を受けた挙国一致内閣が今月初めに首都トリポリに到着したが、担当するのを待っている。

リビア西部を統治する派閥の指導者は、国連が支援する政権に協力する彼の大臣のいずれかを起訴すると脅迫し、大臣が辞任するという以前の発表と矛盾している。

オバマ大統領は、クリス・ウォレスに話しかけて、簡潔でありながら明快な答えを出しました。

オバマ: おそらく翌日の計画に失敗したのだろうが、リビアに介入するのは正しいことだと私は思う。

オバマ大統領がリビアに遺憾の意を表明したのはこれが初めてではない。彼は先月アトランティック誌に、手術は期待通りに進んだと語ったが、リビアは今や「混乱」していた。

そのインタビューで、彼はまた、フランスと英国を批判し、特に英国のデービッド・キャメロン首相が介入後に「気が散った」と述べた。

それは親しい同盟国にとってまれな叱責であり、当時のBBC特派員はダウニング街を怒らせたと述べた。

オバマ大統領はフォックスに、彼のオフィスでの最大の成果は「大恐慌から経済を救うこと」であると語った。

彼は大統領職の最高の日は彼が医療制度改革を通過したときだったと言った。最悪の事態は、サンディフック小学校での銃乱射事件への対応だったと彼は語った。

オバマ氏は昨年のBBCのインタビューで彼の遺産について話し、銃規制法の厳格化に失敗したことが大統領の最大の不満であると述べた。


製造

特に製造業では、状況は少し異なります。

米国の製造業の雇用の創出は、ドナルド・トランプ(プレコロナウイルス)の最初の3年間で、バラク・オバマの下での最後の3年間の場合よりもスピードアップしましたが、オハイオではそうではありませんでした。

全国的に、米国は、2014年1月から2017年1月までのオバマの最後の3年間の在職中に、2.4%の成長で288,000の製造業の仕事を追加しました。

米国労働統計局によると、トランプの下で、彼の最初の3年間で、475,000の製造業の仕事、つまり3.8%が追加されました。

しかし、オハイオ州では話が異なり、オバマ氏が最後の任期を終えたため、製造業の方がうまくいきました。

オバマの過去3年間で、オハイオ州は、トランプの下での最初の3年間の11,500の仕事、つまり1.7%と比較して、18,700の製造業の仕事、つまり2.8%を追加しました。

Note to readers: if you purchase something through one of our affiliate links we may earn a commission.


Obama's list of pros and cons

CHARLOTTE &mdash The balance sheet on Barack Obama stands at zero right now. The country is evenly divided about his performance as president. And he's tied in the polls with Republican Mitt Romney.

"It's a neck-and-neck race," said Rick Snyder, Michigan's Republican governor, in an opinion widely shared across the political spectrum.

Let's take a look at the Democratic incumbent's assets as he heads into his party's national convention in Charlotte this week &mdash and his liabilities.

Which way do you think the ledger of public opinion will eventually tip?

1. Most Americans still like him.

Although the president's personal approval rating has slipped from 79 percent to 50 percent since he took office, more Americans have a favorable view of him than an unfavorable one (44 percent), according to the Washington Post/ABC News poll. Romney's likability level is dangerously deficient, particularly among swing voters. The NBC News/Wall Street Journal poll found that only 16 percent of undecided voters have a favorable view of the Republican nominee.

2. His oratorical skills are superior to his opponents'.

Obama is a more fluid communicator than Mitt Romney. He is a better orator before big crowds, he connects better with people in small groups and he comes across better on television.

3. The Electoral College gives the Democrats a built-in edge in the presidential contest.

Texas is the only large state ruled by Republicans. President Obama has an Electoral College cushion because he can count on Democratic dominance in most of the nation's Electoral Vote-rich states (California, New York, Illinois and Pennsylvania). Romney can't afford to lose more than one of the three competitive big states: Florida, Ohio and Michigan. If Obama can win North Carolina, it becomes almost impossible for Romney to reach the magic number of 270 electoral votes.

4. Mitt Romney is a flawed candidate running a flawed campaign.

With all of President Obama's weaknesses, Mitt Romney has not been able to open a lead. One example of his strategic missteps: His international trip to Israel, Poland and England was an off-message debacle, with self-inflicted wounds at almost every stop. Romney's unforced errors have helped Obama to remain in contention. "In almost every dimension, the Obama campaign is crisper, sharper, more thought-through," said Charlie Cook, publisher of the nonpartisan Cook Political Report. "The Romney campaign is more tactical."

His decision to authorize the raid that killed Osama bin Laden was a gutsy gamble that has largely neutralized terrorism as a partisan issue. It also helps Democrats counter Republican arguments that the president is a failure. Fifty-eight percent of Americans approve of Obama's handling of terrorism &mdash the highest total he receives for any issue.

6. He has notched some significant foreign policy successes.

The withdrawal of U.S. forces from Iraq went smoothly and the tenuous democracy has held. And there have been no disasters in Afghanistan as the American presence winds down there. A sign of Obama's strength: In the key swing state of North Carolina, a hawkish state on military issues, likely voters said Obama would be better than Romney on foreign policy, 47 percent to 41 percent.

7. He had no primary election challenge, so he's been able to focus on the general election all year long.

Every incumbent president since Herbert Hoover who has lost a re-election race has faced a primary challenge (Gerald Ford, Jimmy Carter, George H.W. Bush). President Obama was able to escape a Democratic primary contest. While Mitt Romney was trying to fend off serial challenges from Michele Bachmann, Rick Perry, Herman Cain, Newt Gingrich and Rick Santorum, the Obama campaign team was positioning itself for the general election and taking aim (from the beginning) at Romney, the man they expected to emerge as the GOP nominee. "The Obama team got the jump over the Romney team at defining Romney and it left Romney on the defensive," said Harvard University political analyst David Gergen, who worked for four presidents from Nixon to Clinton.

8. He can harness the power of incumbency.

The day after Mitt Romney delivered his acceptance speech in Tampa, President Obama was live on national television in front of a crowd of applauding Army personnel at Fort Bliss. The incumbent always has the advantage of looking presidential. If used well &mdash and Obama has frequently used it well &mdash it can make a difference in a tight race.

9. His support for the DREAM Act and executive actions to limit deportations have increased support in the Latino community.

Hispanic voters will be pivotal in Nevada, New Mexico and Virginia, and could be important in North Carolina, Michigan and Pennsylvania, if those states are close. The president's election-year initiatives &mdash and strong attacks on illegal immigrants by prominent Republicans &mdash have increased the intensity of Latino support for the incumbent. Romney's Latino support &mdash about 25 percent in several recent polls &mdash is far below the levels garnered by John McCain (32 percent) and George W. Bush (estimated between 39 percent and 44 percent).

10. Thank goodness for Clint Eastwood and Todd Akin.

Romney is running as an unthreatening, mainstream conservative. But unscripted moments have caused Republicans heartburn. The "legitimate rape" gaffe by Missouri Senate candidate Todd Akin reminded centrists and independents about the extreme positions held by some of Romney's fellow Republicans.

1. The economy is still weak.

Franklin D. Roosevelt is the only president of the past century to win re-election with a jobless rate as high as 8 percent. The computer models that predict presidential election results based on economic statistics project Obama losing with 45 percent of the vote. Of course, computers can be wrong and history is always writing a new chapter, but there's no doubt that the economy presents serious challenges to Obama's re-election effort.

2. Voters do not believe the president has done a good job managing the economy.


Promised Unity, Americans Receive a 3rd Obama Term

Since Inauguration Day, President Biden has promised to bring Americans together. In his words: “History, faith, and reason show the way, the way of unity. We can see each other not as adversaries, but as neighbors.” The left-leaning mainstream media is selling the same bag of goods to the general public, echoing Biden’s aspirational talking points.

Yet Biden’s reality has been anything but aspirational. His reality is anything but unifying. After one week in the White House, Biden took 40 executive actions, including 33 executive orders—and counting. That is more than triple the number of executive orders signed by Presidents Trump, Obama, and Bush combined in their first weeks of office (33 to 10). President George W. Bush’s first executive order did not come until nine days after his inauguration.

How times change. President Obama, for one, praised Biden’s unprecedented exercise of executive authority. According to Obama, “This is a time for boldness and President Biden is already delivering.” But Americans weren’t promised boldness on Inauguration Day they were promised 団結.

It is no surprise that President Obama would celebrate government by fiat. After all, rather than finding bipartisan compromise on Capitol Hill, the Obama administration often relied on executive power to score points with his liberal base. Moreover, many of Biden’s executive orders are essentially Obama-era throwbacks that were reversed by President Trump from 2017 on. For example, Biden was quick to rejoin the Paris Agreement, which remains legally non-binding for the world’s leading polluters. Countries like China and India essentially have the choice to set and adhere to new carbon-emission standards, or not.

Nevertheless, Biden marches to the beat of the radical Left’s drum, regardless of whether or not an executive order may be divisive. There’s the reversed ban on transgender troops serving in the military. Then there’s the executive order on gender identity, which opens the door to biological men using female bathrooms or playing on women’s sports teams. Then there’s the slew of executive actions on climate change and so-called “environmental justice.”

Despite promising otherwise on the campaign trail, Biden has ordered a job-killing end to the Keystone Pipeline and halted fracking on federal land, which will cripple the oil and gas industry while undermining economic growth. He even tried to set a 100-day ban on deportations of illegal immigrants, including criminal aliens, until he was met by a court challenge in Texas.

Where is the broad-based unity on the “science” of gender identity, oil and gas antagonism, or unchecked illegal immigration? Does that sound like a president trying to unify a country, or a Democratic puppet simply pandering to his left-wing radical base?

Rhetoric is empty without the action to back it up. While Biden often speaks the right words, those words have only proven to be a smokescreen for the Left’s radical agenda. Meanwhile, the liberal media—eager to be rid of President Trump—shamelessly celebrates Biden’s executive orders, giving a new meaning to mainstreamed propaganda.

Let’s call a spade a spade: Biden is a left-wing Democrat who is surrounded by left-wing radicals, and they are governing like the leftists that they are. From chiefs of staff to legislative directors, the Biden administration is filled with countless retreads from the Obama years. Newly confirmed Secretary of State Anthony Blinken is perhaps the most notable example, given his involvement in the disastrous Iran deal (which Biden, unsurprisingly, hopes to resurrect).

For those Americans yearning for unity, pin your hopes elsewhere. Based on his actions thus far, President Biden is hell-bent on dividing America.


Transcript: Obama's Speech Against The Iraq War

The following is a transcript of the remarks then-Sen. Barack Obama delivered in Chicago on Oct. 2, 2002. In his speech, Obama said that what he was opposed to was "a dumb war . a rash war." He said the war was a "cynical attempt" to shove "ideological agendas down our throats" and would distract from domestic problems such as poverty and health care.

Good afternoon. Let me begin by saying that although this has been billed as an anti-war rally, I stand before you as someone who is not opposed to war in all circumstances. The Civil War was one of the bloodiest in history, and yet it was only through the crucible of the sword, the sacrifice of multitudes, that we could begin to perfect this union, and drive the scourge of slavery from our soil. I don't oppose all wars.

My grandfather signed up for a war the day after Pearl Harbor was bombed, fought in Patton's army. He saw the dead and dying across the fields of Europe he heard the stories of fellow troops who first entered Auschwitz and Treblinka. He fought in the name of a larger freedom, part of that arsenal of democracy that triumphed over evil, and he did not fight in vain. I don't oppose all wars.

After Sept. 11, after witnessing the carnage and destruction, the dust and the tears, I supported this administration's pledge to hunt down and root out those who would slaughter innocents in the name of intolerance, and I would willingly take up arms myself to prevent such tragedy from happening again. I don't oppose all wars. And I know that in this crowd today, there is no shortage of patriots, or of patriotism.

What I am opposed to is a dumb war. What I am opposed to is a rash war. What I am opposed to is the cynical attempt by Richard Perle and Paul Wolfowitz and other armchair, weekend warriors in this administration to shove their own ideological agendas down our throats, irrespective of the costs in lives lost and in hardships borne.

What I am opposed to is the attempt by political hacks like Karl Rove to distract us from a rise in the uninsured, a rise in the poverty rate, a drop in the median income — to distract us from corporate scandals and a stock market that has just gone through the worst month since the Great Depression. That's what I'm opposed to. A dumb war. A rash war. A war based not on reason but on passion, not on principle but on politics. Now let me be clear — I suffer no illusions about Saddam Hussein. He is a brutal man. A ruthless man. A man who butchers his own people to secure his own power. He has repeatedly defied UN resolutions, thwarted UN inspection teams, developed chemical and biological weapons, and coveted nuclear capacity. He's a bad guy. The world, and the Iraqi people, would be better off without him.

But I also know that Saddam poses no imminent and direct threat to the United States or to his neighbors, that the Iraqi economy is in shambles, that the Iraqi military a fraction of its former strength, and that in concert with the international community he can be contained until, in the way of all petty dictators, he falls away into the dustbin of history. I know that even a successful war against Iraq will require a U.S. occupation of undetermined length, at undetermined cost, with undetermined consequences. I know that an invasion of Iraq without a clear rationale and without strong international support will only fan the flames of the Middle East, and encourage the worst, rather than best, impulses of the Arab world, and strengthen the recruitment arm of al-Qaida. I am not opposed to all wars. I'm opposed to dumb wars.

So for those of us who seek a more just and secure world for our children, let us send a clear message to the president today. You want a fight, President Bush? Let's finish the fight with bin Laden and al-Qaida, through effective, coordinated intelligence, and a shutting down of the financial networks that support terrorism, and a homeland security program that involves more than color-coded warnings. You want a fight, President Bush?

Let's fight to make sure that the U.N. inspectors can do their work, and that we vigorously enforce a non-proliferation treaty, and that former enemies and current allies like Russia safeguard and ultimately eliminate their stores of nuclear material, and that nations like Pakistan and India never use the terrible weapons already in their possession, and that the arms merchants in our own country stop feeding the countless wars that rage across the globe. You want a fight, President Bush?

Let's fight to make sure our so-called allies in the Middle East, the Saudis and the Egyptians, stop oppressing their own people, and suppressing dissent, and tolerating corruption and inequality, and mismanaging their economies so that their youth grow up without education, without prospects, without hope, the ready recruits of terrorist cells. You want a fight, President Bush? Let's fight to wean ourselves off Middle East oil, through an energy policy that doesn't simply serve the interests of Exxon and Mobil.

Those are the battles that we need to fight. Those are the battles that we willingly join. The battles against ignorance and intolerance. Corruption and greed. Poverty and despair. The consequences of war are dire, the sacrifices immeasurable. We may have occasion in our lifetime to once again rise up in defense of our freedom, and pay the wages of war. But we ought not — we will not — travel down that hellish path blindly. Nor should we allow those who would march off and pay the ultimate sacrifice, who would prove the full measure of devotion with their blood, to make such an awful sacrifice in vain.