情報

ブランディワインの戦い-歴史



ブランディワインの戦い-歴史

ハグレー博物館 デュポンの物語が始まるところです。ブランディワイン川のほとりに沿って235エーカーに沿って位置するハグレーは、1802年にEIデュポンによって設立された火薬工場の場所です。初期のアメリカの産業を垣間見ることができ、復元された製粉所、労働者のコミュニティ、およびエルテールイレアン製粉所が含まれます。デュポン家の祖先の家と庭園。博物館の敷地は、季節を問わず、ブランディワイン渓谷で最も美しい景色のいくつかを提供します。川の景色に浸るだけの時間を確保してください。 Hagleyで午後を過ごし、Hagley's Belin HouseRestaurantの敷地内でランチとパノラマビューを楽しむことができます。

ヴィンタートゥアー美術館と庭園 ヘンリーフランシスデュポン(1880-1969)のかつてのカントリーエステートです。現在、彼の邸宅には、1640年から1860年頃にかけて、H。P。自身がコアを組み立てた175の「ピリオドルーム」に配置された、国内有数のアメリカの家具と装飾芸術のコレクションが収められています。博物館では、アメリカの家具製造の歴史を垣間見ることができます。

チャズフォード歴史協会 Brandywine RiverMuseumの近くのChaddsFordで、cを所有および運営しています。 1714年の納屋-ブリントンハウスとc。 1725年ジョンチャズハウスはどちらも5月の最初の週末から9月の最後の週末まで一般公開されています。夏の間、2人の18世紀の料理の専門家が、チャズフォードワイナリーのバーン-ブリントンハウスで特定の日にスキルを発揮します。

チェスター郡歴史協会 ペンシルバニア州ウエストチェスターのハイストリートにあるPAは、18世紀と19世紀の装飾芸術コレクションを全国的に認めており、その展示は1600年代から今日までの私たちの地域の日常生活と仕事の物語を伝える7つのギャラリーで構成されています。彼らの装飾芸術ギャラリーは、1680年代から1820年代のヨーロッパ人の入植地からチェスター郡で作られた独特の地域の家具を備えています。水曜日から土曜日の午前10時から午後5時まで営業しています。

NS デラウェア歴史センター ウィルミントンのダウンタウンにあるマーケットストリートモールの500ブロックを支配し、デラウェア歴史博物館、旧市庁舎、ウィリングタウンスクエア、HSDの研究図書館で構成されています。博物館は水曜日から金曜日まで開いています:11:00 a.m.-4:00 p.m.土曜日:10:00 a.m.〜4:00 p.m.イベントや展示については、カレンダーをクリックしてください。

NS ウィリアムブリントン1704ハウス ウィリアムペンからの450エーカーの土地の助成金に位置し、ブリントン家によって元の状態に復元されました。ウィリアム・ブリントン・ザ・ヤンガーによって建てられたこの家は、1968年に国定歴史建造物に指定されました。年代物の家具を備えたこの家は、開き窓、屋内のオーブン、裏庭の植民地時代のハーブガーデンにつながっています。家はアメリカのブリントン協会によって維持されており、世話人は第6世代のブリントンです。家は5月から10月に一般公開されています。

デラウェア州の歴史的なニューキャッスル 1651年に設立され、ブランディワイン渓谷の中心部にあるセンタービルのバックリーズタバーンからわずか25分、ウィルミントンの中心部にあるロドニー広場から約10分です。町はウィリアムペンが新世界に上陸した場所です。 1732年に建てられたオールドコートハウスは、ニューキャッスルがデラウェア州の州都であった1777年まで、州の植民地議会が会合した場所でした。火曜日の午前10時から午後3時30分までコートハウスを見学できます。 -土、日曜日の午後1時30分から午後4時30分。入場は無料です。タウングリーンと町自体は、1651年にオランダの知事であるピーターストイフェサントによって設計されました。一般に公開されている家屋や建物の中には、17世紀後半にニューキャッスルの初期のオランダ人入植者のスタイルで装飾された、六角形のビクトリア朝様式で建てられた3番街の古い図書館であるダッチハウスがあります。 ジョージリードIIハウスアンドガーデン 独立宣言の署名者であるジョージ・リードの息子によって1804年に完成した42ストランド。

NS ニューリングリストミル1704年の製粉所と150エーカーの公園は、国家歴史登録財に登録されており、ペンシルベニア州で唯一稼働している製粉所です。この工場は元々、ウィリアムペンから500エーカーの助成金を得たクエーカー教徒のニコラスニューリンによって建てられました。公園は毎日午前8時から夕暮れまで営業しており、営業時間は午前9時から午後4時までです。公園への入場は無料です。歴史的建造物のツアーには料金がかかります。彼らの「収穫祭」は10月に開催されます。入場料は車1台あたり5ドルで、乗り物、植民地時代の製紙、鍛冶屋、料理と工芸品のデモンストレーション、生演奏、職人の屋台、製粉所、ミラーの家、公園内の他の建物への無料入場が含まれます。

NS 植民地時代のペンシルベニアプランテーションは、ペンシルバニア州メディアの近くのリドリークリーク州立公園にある112エーカーの生活史の農場です。それは植民地時代の農場生活に魅力的な開かれた窓を提供します。プランテーションは、4月中旬から11月中旬までの週末に一般に公開されています。イベント以外の週末の営業時間は11〜4時間で、入場料は大人6ドル、4〜12歳の子供4ドルです。4歳未満の子供は無料で入場できます。

5月のADay in Olde New Castleは、米国で最も古い家と庭のツアーです。過去85年間、毎年、この地域の観光客は、ニューキャッスルがデラウェアの新しい植民地の首都として機能していた歴史的な時代にタイムスリップする機会を楽しんできました。居住者は個人の家や庭を一般に公開します。多くの人が自分の所有物のツアーを直接行っており、個人の生活を垣間見ることで、古い構造物が新しい生活に継続的に適応していることを示しています。

9月には、フィラデルフィア空港近くのミフリン要塞で、再現者とその装備をフィーチャーした歴史的な野営地の週末イベントがあります。完全に無傷の唯一の独立戦争の戦場。砦の駐屯軍はジョージ・ワシントン将軍からイギリス海軍を阻止するように命じられたので、大陸軍はバレーフォージの冬の野営地に行くことができた。砦の14の本物の復元された、そして幽霊が出ると言う建物を見学することができます。水曜日から日曜日の午前10時から午後4時まで一般公開されます。

秋には、ブランディワインバトルフィールドは、軍と民間の生きた歴史家、武器の発射のデモンストレーションを提供する軍の再現者、および工芸品のデモンストレーションをフィーチャーしたイベントで活気づきます。を確認してください 戦場のウェブサイト 日付が年ごとに変わるイベントの詳細については。

デラウェア州ウィルミントンでは、 カルマー・ナイッケル ドッキングされています。元々のカルマー・ニッケルは、1638年にスウェーデンから新世界に向けて航海し、現在のウィルミントンにニュースウェーデンと呼ばれる24人の入植者の植民地を設立したアメリカの先駆的な植民地船の1つでした。あなたは船でツアーして航海することができます。日付、時間などの情報については、彼らのウェブサイトをクリックしてください。


ブランディワインの戦い

ブランディワインの戦いは、アメリカ人にとって大きな損失の1つでした。イベントは最終的に彼らに有利になりましたが、それは愛国者にとってがっかりしました。

1777年9月、ジョージワシントン将軍は、大陸軍と共にフィラデルフィアに駐屯しました。ワシントンは、ウィリアム・ハウ将軍が率いる次のイギリス軍を知っていた。彼らの到着に備えて、彼はブランディワイン川に沿って軍隊を配置し、主要な砦を守った。彼はイギリス軍をチャズフォードに強制することを望んでいました。チャズフォードには彼の軍隊のほとんどが駐屯しており、彼には利点があります。しかし、ハウはより良い計画を立てました。彼は軍隊を少し遠くまで川を上って航海させ、そこでフォードを渡り、南に行進し、後ろからアメリカ人を攻撃した。

ペンシルバニア州チャズフォードのブランディワイン博物館にあるハワードパイルのネイションメーカー
パブリックドメインの画像

1777年9月11日、地面を覆う濃い霧がありました。これにより、イギリス軍は気付かれずに移動することができました。ワシントンは、ハウがチャズフォードを攻撃するために全軍を派遣するという印象をまだ受けていた。ハウが川を渡ったとき、彼はバーミンガムフレンズ集会所の近くで戦略的優位を獲得しました。

霧はハウが正午までに彼の軍隊全体を川の向こう側に連れて行くことを可能にしました、そしてワシントンが彼の間違いに気づいた時までに、イギリス軍は彼らの右側面に現れました。パニックに陥った彼は、バーミンガムフレンズ集会所の近くの高台に立つよう部下に命じました。しかし、奇襲攻撃と命令の変更の間の混乱の中で、アメリカ人は彼らの立場を適切に擁護しませんでした。

彼らは一日中ブランディワインの戦いを戦ったが、アメリカ人は明らかに彼らの命令に関して機知に富み、混乱していた。夜が明けると、戦いは終わり、アメリカ人はチェスターに退却した。軍隊のほとんどは真夜中までにチェスターに到着しました、しかし、兵士はまだ夜明けまで彼らの道を進んでいました。

敗北のため、アメリカ人はブランディワインをハウ将軍に引き渡すことを余儀なくされた。次の数週間で、ワシントンとハウは両方ともフィラデルフィア(当時の首都)に向かって彼らの軍隊を操縦しようとしました。彼らが近づくにつれ、イギリス軍がフィラデルフィアを占領することが明らかになり、議会は都市から逃げ出し、ジョージ・ワシントンはフィラデルフィアをイギリス軍に失った。


コンテンツ

ブランディワインの戦いでアメリカが敗北した後、ジョージ・ワシントン少将は2つの任務を遂行することに熱心でした。彼はウィリアム・ハウ中尉の指揮下でフィラデルフィアをイギリス軍から守りたかったので、ペンシルベニア州レディングのサミュエル・ヴァン・レアのかまどに保管されていた急速に減少する物資と弾薬を補充する必要がありました。 [4] [5]ワシントンはスクールキル川を渡って撤退し、フィラデルフィアを通って行進し、北西に向かった。スクールキルはマトソンのフォード(現在のコンショホッケン)から始まってはるか上流でしか鍛造できなかったので、ワシントンは首都と西の重要な供給地域の両方を川の障壁の後ろから守ることができました。ワシントンは、負傷者と荷物を運ぶための荷馬車が不足していたため、ブランディワイン以来ほとんど動いていないイギリス軍と向き合うために川を再考し、再横断した。 [6] 9月16日に悪天候により雲の戦いが中止された後、ワシントンは再びスクールキル川を越えて撤退し、ペンシルベニア州チェスターにあるアンソニー・ウェイン准将のペンシルベニア師団を残した。イギリス軍の列が通り過ぎたとき、ウェインはワシントンからの命令の下でイギリス軍に嫌がらせをし、彼らの手荷物列車の全部または一部を捕獲しようと試みた。

ウェインは、彼の存在が検出されず、ペンシルベニア州パオリのイギリス軍の近くに陣取ったと想定しました。彼の師団は、第1、第2、第4、第5、第7、第8、第10、第11ペンシルベニア連隊、ハートレー連隊、付属の砲兵隊、そして小さな竜騎兵で構成されていた。総じて、それは約1,500強でした。約1マイル(1.6 km)離れたところにキャンプしたのは、ウィリアム・スモールウッドのメリーランド民兵で、約2,100人の比較的経験の浅い軍隊でした。

イギリス軍はウェインがその地域にいるという噂を聞き、ハウ将軍は9月19日にパオリ居酒屋の近くにいることを報告するスカウトを派遣した。ウェインの比較的露出したキャンプへの攻撃をすぐに計画しました。

午後10時9月20日、イギリス軍司令官チャールズグレイ少将がイギリス軍陣営から行進し、現在のマルバーン近くにあるパオリ居酒屋将軍の近くにあるウェインの野営地に奇襲攻撃を仕掛けました。グレイの部隊は、第2軽歩兵、13連隊の軽歩兵から形成された複合大隊、および第42歩兵と第44歩兵で構成されていました。全体として、彼の旅団は約1,200名の兵士で構成されていた。

アメリカ人に警告が発せられないようにするために、グレイ将軍は軍隊にマスケット銃を降ろして前進させ、銃剣だけで攻撃するように命じた。武器から荷物を引き出すことができなかった場合、彼は代わりにフリントを取り除くように命じました。これは一般的な命令であるという伝統を生み出し、将軍に「フリントなし」の灰色を付けました。実際、第2軽歩兵大隊の指揮官であるメイトランド少佐は、マスケット銃を搭載した状態で前進する許可を与えられ、部下が信頼できるという個人的な保証を与えられた。

ガイドとして行動することを余儀なくされた地元の鍛冶屋に率いられたイギリス軍は、森からキャンプに近づき、完全な驚きを達成することができました。彼らはキャンプを3つの波で襲撃しました。2番目の軽歩兵が先頭に立ち、44番目と42番目がそれに続きました。完全に準備ができていなかったウェインの軍隊はキャンプから逃げ出し、追跡されました。ホワイトホースタバーンの近くで、イギリス軍はスモールウッドの部隊に遭遇し、それもルーティングした。

死傷者はわずか4人、負傷者は7人であり、[2]イギリス軍はアメリカ軍の師団全体を指揮していた。歴史家のトーマス・J・マグワイアは、53人のアメリカ人が戦場に埋葬されたが、「これらがすべてアメリカ人の死者だったのか、キャンプ場で見つかった人だけだったのか、戦場は不明だ」と語った。 [1]地元の伝統によれば、戦闘で殺されたさらに8人のアメリカ人が、近くの聖公会の聖ペテロ・イン・ザ・グレートバレー教会に埋葬された。 [1] [7] 71人の囚人がイギリス軍に捕らえられ、そのうち40人は重傷を負ったため、近くの家に置き去りにされなければならなかった。 [8]戦闘後、ウェインの師団から合計272人の兵士が殺され、負傷し、行方不明になった。 [1]マクガイアは、戦いの翌日、52人の死んだアメリカ人(そして後で発見された別の人)が埋葬され、そのうち39人が無名であると報告している。殺された最高位のアメリカ人将校は、マリーン・ラマー少佐(時にはマリエンのつづりを間違えた)でした。

公式の調査によると、ウェインは違法行為の罪を犯していないが、戦術的な誤りを犯したことがわかった。ウェインは激怒し、完全な軍法会議を要求した。 11月1日、13人の役員からなる委員会は、ウェインが名誉をもって行動したと宣言しました。

事件は、イギリス人が降伏しようとしたアメリカ人を虐待または切断したと主張した目撃者による説明のために、部分的に悪評を得ました。それらの中には次のものがありました:

私は自分の目で、彼らを見て、彼らが彼らの手に落ちた後、私たちの貧しい男性の何人かを切り刻んでハックし、ほとんど慈悲をほとんど見せません。

—アダム・ハブリー中佐、第10PA連隊。 [9]

。十数人以上の兵士が固定銃剣を持って彼の周りに綱を形成し、スポーツをしている彼ら全員が彼の体と手足のさまざまな部分に彼を刺すことによって彼らの残忍な凶暴さを楽しんだ。医師。彼を調べてみると見つかりました。 46の異なる銃剣の傷。

—ペンシルベニア州ミリティアマン、ウィリアムハチンソン。 [10]

昨夜12時に敵が攻撃した。私たちの部下は睡眠から立ち上がったばかりで、無秩序に動きました—混乱が続きました。大虐殺はとても素晴らしかった。今月は血なまぐさい月です。

—トーマス・ハートリー大佐、第1連隊。 [11]

時代の年代記は、そのような別の肉屋のシーンを生み出すことはできません。

—サミュエル・ヘイ少佐、第7PA連隊。 [9]

軍事歴史家のマークM.ボートナーIIIは、これらの主張に反論し、次のように書いています。

アメリカの宣伝家たちは、グレイの部下が降伏しようとした四分の一と虐殺の無防備な愛国者を拒否したという虚偽の告発で反英感情をむち打ちすることに成功した。 「四半期なし」の告発は、イギリス軍が71人の囚人を捕まえたという事実によって反駁されています。 「壊れた死者」は、銃剣が厄介な武器であるという事実によって説明されます。 [8]

いずれにせよ、ウェインの軍隊は復讐を誓い、「パオリを覚えておいてください!」ジャーマンタウンとストーニーポイントでの戦いの叫びとして彼らによって使用されました。

彼らの反抗を示すために、第2軽歩兵の男性は、アメリカ人がそれらを識別できるように、帽子の羽を赤く染めたという伝統があります。 1833年、第46歩兵連隊の軽歩兵連隊は、明らかにこのジェスチャーを記念して、軽歩兵連隊の緑の代わりに赤い帽子の区別を着用することを許可されました[12]。第49歩兵連隊の伝統は、ヘッドドレスに赤い区別をつけることを許可されていましたが、誤解を招くように、これは「ブランディワインクリークの戦いでの軽歩兵の役割を記念して」許可されました。 [13] 20世紀の後半、両連隊の子孫は帽子のバッジに赤い背中を付け、2006年に軽歩兵とロイヤルグロスターシャー、バークシャー、ウィルトシャー連隊がライフルズに吸収されるまで着用した。

1877年、戦闘現場に花崗岩のモニュメントが建てられ、状態の悪い1817年のモニュメントに取って代わりました。パオリのモニュメントの碑文は、1817年のモニュメントの言葉を片側に複製しています。 [14]それは22.5フィート(6.9 m)の高さで、4つの側面すべてに刻まれています。 [15]それは、1997年に国家歴史登録財に登録されたマルバーンの地元の公園にあります。 パオリ戦場跡とパレードグラウンド。 [3]リストには、2つの寄稿建物、2つの寄稿サイト、および5つの寄稿オブジェクトが含まれています。それらは、パオリの戦場跡、パオリのパレードグラウンド、パオリの虐殺記念碑(1817)、パオリの虐殺オベリスク(1877)、第二次世界大戦の記念碑(1928)、第二次世界大戦の壷(1946年頃)、世話人の家とガレージ(1922)です。 )。 [16]


9月11日の朝、イギリス軍は、クニプハウゼン将軍の下で右に2列に進み、コーンウォリス卿の下でチャズフォードに向かってまっすぐ進み、最高司令官とグレイ将軍、グラント将軍、アグニューは、アメリカ軍の右折して後部を獲得することを目的として、ブランディワインの2つの支部が合流するフォークスに向かう遠回りのルートを進んだ。クニプハウゼン将軍のバンはすぐにマクスウェル将軍の下の軽部隊に反対していることに気づきました。賢明な対立が続いた。クニプハウゼン将軍は高度な警備員を強化し、アメリカ軍を小川を越えて運転し、北岸の砲台の下に身を隠し、フォードを越えた高さでアメリカ軍の砲台を砲撃しました。

その間、イギリス軍の左翼はフォークの上でフォードを横切った。この動きについて、ワシントン将軍は早期に気づきましたが、生のスカウトと未経験のスカウトを通じてさまざまな地区から受け取った情報は混乱し、矛盾していたため、彼の作戦は当惑しました。フォードを通過した後、コーンウォリス卿はディルワースへの道を進み、それが彼をアメリカの右に導いた。その四半期を守るために任命されたサリバン将軍は、バーミンガム教会の上の高さを占領し、左翼はブランディワインまで伸び、砲兵は慎重に配置され、右翼は森に覆われていました。午後4時頃、コーンウォリス卿が単縦陣を組んで攻撃を開始しました。しばらくの間、アメリカ軍は勇敢にそれを維持しましたが、やがて道を譲りました。ワシントン将軍がその方向への発砲を聞いたとき、彼はサリバン将軍を支援するために旅団を持ったグリーン将軍に命じた。グリーン将軍は42分で4マイル行進しましたが、行動の現場に到達すると、サリバン将軍の師団が敗北し、混乱して逃げていることに気づきました。彼は退却をカバーし、しばらくして有利な位置を見つけた後、戦闘を再開し、追跡している敵の進行を阻止しました。

クニプハウゼン将軍は、コーンウォリス卿の師団の発砲を聞くやいなや、チャズフォードの通過を強制し、彼に反対する軍隊を攻撃し、彼らに沈殿物の撤退を強いた。ワシントン将軍は、彼が一緒に保つことができた彼の軍隊の一部と共に、彼の大砲と手荷物と共にチェスターに引退し、そこで彼はイギリス軍から8マイル以内で、翌朝フィラデルフィアに撤退するまで停止した。夜、そしてイギリス軍の疲弊は、不機嫌なアメリカ人を追跡から救った。

フィラデルフィアでは、アメリカの最高司令官が2日間滞在し、散在する部隊を集め、戦闘で失われた店を取り替え、将来の移動の準備をしました。交戦後3日目に、彼はスクールキルの北側を行進し、スウェーデンのフォードでそれを越え、ランカスターに向かって進んだ。

ブランディワインの戦いで、アメリカ人はかなりの損失を被り、約300人が殺され、600人が負傷し、400人が捕虜になりました。彼らはまた、10個の小さなフィールドピースと榴弾砲を失いました。イギリス軍の損失ははるかに少なく、500人から600人の死傷者を超えていませんでした。戦いでは、数人の外国人将校がアメリカ軍に仕えました。その中には、彼がわずか20歳であった有名なマーキス・デ・ラ・ファイエットがあり、若くて熱狂的な自由への愛情によって活気づけられ、彼の国を辞めました。コンテストの最も暗い時期に幼児共和国の旗の下で戦うための豊富な幸運と洗練された社会のすべての愛情。彼は自費で彼をアメリカ大陸に運ぶための船を購入して装備し、フランス政府の禁止にもかかわらず出航しました。フランス政府はマスクを外すのが適切であるとは考えていませんでした。この戦いはアメリカの大義における彼の最初の兵役であり、その中で彼は足に傷を負ったが、フィールドを離れなかった。他の何人かのフランス人将校も同じ側で戦いに参加しており、ポーランドの貴族であるプラスキー伯爵もいました。


ブランディワインの戦い-歴史

ABHサイトインデックス


上の写真:ペンシルベニア州チャズフォードのブランディワインの戦いでのジョージワシントンの本部の現在の写真。

あまり知られていない歴史にスポットライトを当てる


楽しみ、スポーツ、歴史のためのTシャツとギフト。

アメリカの最高の歴史スポットライト

このページでは、アメリカ全土の歴史的景観に点在し、その地域にいるなら訪れる価値のある、あまり知られていない史跡やアトラクションにスポットライトを当てます。そして、それらはあまり知られていないかもしれませんが、いくつかは非常にユニークであり、そのまれな発見になるでしょう。あなたは時々、1階にいるか、他の人が知らないことを知っているかもしれません。楽しくなるよ。それらをご覧ください。

ブランディワインの戦い

アメリカ独立戦争の最大の戦いがあまり知られていない歴史と呼ばれるページに追いやられているのは非常に奇妙な事実です。しかし、それは本当です。史上最大のカテゴリーの南北戦争の戦場は、ゲティスバーグ、アンティータム、シロ、フレデリックスバーグの世帯名ですが、ブランディワインの戦いは南で開催されました フィラデルフィア ワシントンが進軍するわずか3か月前 バレーフォージ、ほとんど不明です。実際、それはほとんど考えられていなかったので、2009年にペンシルベニア州立博物館委員会はそれを閉鎖しようとしていました。友人グループとのパートナーシップがサイトを活気に保っていたので、それは起こりませんでした。しかし、その歴史はより良い価値があり、あまり知られていない史跡としてのステータスを変更する必要があります。キャンペーン1776などのグループが現在(これは南北戦争トラストの新しいアメリカ独立戦争部門です)、より多くのアメリカ独立戦争の風景を保存しようとしているので、おそらく英国がフィラデルフィアに近づくのを防ぐためのある日闘争はより多くの注目を集めるでしょう。そして確かなことの1つは、間違いなくそうすべきです。上の画像:F.C。によるブランディワインの戦いの描画Yohn、1898年、米国議会図書館の厚意による。


ブランディワインの戦い

1777年7月、イギリス陸軍のウィリアムハウ将軍がニュージャージーからメリーランド州エルクトンに向けて航海し、フィラデルフィアに向かって北上することを試み、成功し、1777年9月11日にワシントン将軍の大陸軍の大部分と会談しました。アメリカ革命の基準によると、戦闘には両側に約15,000人の軍隊が含まれていました。駆け出しのアメリカ軍にとっては良い日ではないでしょう。ハウの軍隊による右翼への移動を検出するスカウトがいなかったため、激しい戦いはジョージにとって敗北となり、グリーンの師団による遅い戦いだけが都市への後退を可能にした。しかし、9月26日までにイギリス軍がフィラデルフィアを開催し、次のような場所で勇敢な戦いを繰り広げた後、この都市はワシントンの支配に長くはかからなかったでしょう。 パオリミフリン要塞、ジョージ・ワシントン将軍と彼の軍隊は、 バレーフォージ.

ハウがニュージャージーからメリーランドまで2万人の軍隊を連れて行くのに34日かかったが、ワシントンの敗北はブランディワインが迅速になる前後の戦いと小競り合いにあった。イギリス軍は1778年6月までフィラデルフィアを保持し、彼ら自身の意志で去った。理由を尋ねるのは愚かなことではなく、感謝を言うのは適切でしょう。なぜなら、多くの点で、その決定は、新しい国を勝ち取るためのワシントンのより良い日々につながり始めるからです。

今日は、ビジターセンターで展示品や映画を見たり、ジョージワシントンの本部を見学したり、他の歴史的建造物を見つけたり、戦場の土地を歩いたりすることができます。そして、あなたがそのトレッキングをしている間、アメリカ独立戦争の最大の戦いを覚えて、アメリカの歴史サイトの年代記のより高い位置に上げる必要があることを覚えておいてください。そうすれば、来年、それはこのページの資格がありません。

上の画像:ブランディワインの戦いでジョージワシントン将軍の本部として使用されたベンジャミンリングの農家を描いた、フレデリックスティーブンソンによる絵画(1856年)。米国議会図書館の礼儀。

ブランディワインバトルフィールド州立公園

何がありますか

Brandywine Battlefield Park Associatesが運営するビジターセンター、ミュージアムショップ、映画、ワシントンの本社ツアー。 Brandywine Battlefieldは、1949年にペンシルベニア州立公園になりました。

公園の50エーカーは訪問者に開放されています。

訪問する量

大人-8ドル。 AAA、AARP、シニア-7ドル。子供(6-17)$ 5。入場料には、映画、美術館、本部ツアーが含まれています。

営業時間

3月上旬から12月上旬-日曜日の12:00から4:00を除く9:00から4:00。月曜日は一年中休業。春と秋は他の曜日は休業です。詳細については、以下のWebサイトを確認してください。

どこにありますか

Brandywine Battlefield State Parkは、フィラデルフィアの西25マイルにあるUSルート1にあります。住所は1491Baltimore Pike、Chadd's Ford、PA19317です。

ペンシルベニア州南東部の史跡

それで、ブランディワイン戦場の近くで他に何をすることがありますか。さて、ブランディワインリバー美術館とロングウッド庭園があります。

フィラデルフィア地域には、有名なバレーフォージや、あまり知られていないミフリン要塞など、他のアメリカ独立戦争の遺跡もあります。

写真、歴史、その他のスポットライト

戦いを引き起こしたもの

1777年の初夏、イギリス軍のウィリアム・ハウ将軍はニューヨーク市に駐屯しており、多くの人が北上してニューヨーク州北部でバーゴイン将軍に会う運命にあると考えられていました。しかし、それは計画ではありませんでした。彼はフィラデルフィアの下に266隻の船と20,300人の兵士を乗せて南に航海し、そこから街を脅かしました。船がニュージャージー沖で気づいたとき、ワシントンは彼の軍隊も南に移しました。

敗北の原因

ハウ将軍はロングアイランドの戦いと同様の戦術を用いて、彼の部隊を2つの7,100に分割し、東にヘッセンのウィリアム・フォン・クニプハウゼン将軍と、コーンウォリスの真下でワシントンの右側に隣接する8,500人の兵士を配置した。進路上の砦は無防備であり、ワシントンは側面攻撃があるかもしれないという以前の警告を無視していたため、ブランディワインの戦いの結果は予告されていた。

上の写真:「NationMakers」という名前のハワード・パイルによる絵画。現在はブランディワイン美術館のコレクションの一部です。出典:ウィキペディアコモンズ。

アメリカ独立戦争のタイムライン-フィラデルフィアキャンペーン、1777年秋

1777年8月25日 -ハウの下のイギリス人は7月23日にニュージャージー州サンディフックを離れてメリーランド州エルクトンに向かい、2万人の軍隊をチェサピーク湾北部に上陸させた。

1777年9月3日-デラウェア州クーチ橋の戦い。イギリスのために戦うドイツ軍とマクスウェルの下での軽歩兵の間の小競り合い。アメリカの国旗が最初に飛ばされた戦いとして注目されています。

1777年9月11日 -ブランディワインの戦い。

1777年9月16日 -雲の戦い(マルバーン)。

1777年9月22〜26日 -ジョージ・ワシントンは、イギリス軍がレディング近くの補給基地に向かって西に向かっていると考えて、キャンプ・ポッツグローブに彼の軍隊を配置しました。

1777年9月26日 -ハウ将軍の指揮するイギリス軍は、ワシントンの西側の過ちを利用して、反対することなくフィラデルフィアを占領しました。

1777年10月4日 -ジャーマンタウンの戦い。

1777年10月22日 -レッドバンクの戦い。

1777年12月11日 -マトソンのフォードの戦い(コンショホッケン)。

1777年12月19日 -ジョージワシントンと大陸軍が入る バレーフォージ 冬の野営地のために。ワシントンは1778年6月19日にバレーフォージを去るでしょう。

上の写真:ブランディワインの戦いで敗北した後の冬のバレーフォージでの大陸軍兵士の画像。米国議会図書館の礼儀。

9月のスポットライト

ゲティスバーグのホームステッド博物館での内戦の尾。

11月のスポットライト

バッファロービルのスカウトのレストランチ、ノースプラット、ネブラスカ。

10月のスポットライト

ホリーホテルアンドキャリーネイション、ミシガン州ホリー

だいたい

アメリカの歴史のタイムラインと、その歴史を自分たちの土地に保持している史跡や国立公園を見てみる、アメリカの最高の歴史。

写真は、米国議会図書館、国立公文書館、国立公園局、americasbesthistory.comおよびそのライセンサーの厚意により提供されています。

フォローする

私たちのような

あなたが私たちを好きなら、Twitter、Facebook、またはあなたの他のお気に入りのソーシャルメディアサイトのいずれかでこのページを共有してください。


ハウ&rsquos推論

フィラデルフィアキャンペーンは、イギリスのキャンペーンとして成功しましたが、答えよりも多くの質問を残しています。ジョン・バーゴイン将軍はカナダから行進して北部の植民地を占領し、植民地を効果的に半分に分割していました。バーゴインはハウが彼の努力を支持すると言われたが、彼の行進の間に、ハウはワシントンと交戦してフィラデルフィアを占領する許可を得た。

歴史家は、この決定に頭を悩ませたままになっています。フィラデルフィアを占領するというハウの決定により、サラトガのブルゴイン北部軍の破壊が可能になりました。しかし、フィラデルフィアキャンペーンをさらに掘り下げると、別の動機を示唆する証拠の断片があるかもしれません。

後から考えると、ハウの決定に疑問を呈するのは簡単ですが、彼がフィラデルフィアを捕らえ、ブルゴインに加わらない原因となった3つの決定要因があったと私は主張します。

  1. 彼は供給ラインを過剰に拡張しました: ハウが部下をブルゴインに向かって進軍させたとしたら、彼はワシントンに影を落とされていただろう。ワシントンは、トレントンとプリンストンの戦いでイギリス軍が補給線を過剰に拡張したときに、イギリス軍を攻撃する効果をすでに示していた。
  2. 戦争を終わらせる唯一の方法は、ワシントン軍を破壊することでした。 サラトガは戦争のターニングポイントになりましたが、アメリカの勝利を確実にすることはできませんでした。ハウがブランディワインでワシントンの軍隊を破壊することに成功したなら、サラトガは無関係だろう。ハウは、反乱を終わらせる唯一の方法はその主要な軍隊を破壊することであることを知っていました。彼はニューヨークで2回失敗し、それを知っていました。 Brandywineが彼に別の機会を提供したように見えました。
  3. それはロジスティック的に不可能でした:兵站は戦術よりも戦争において重要であり、それを忘れがちです。 Howe&rsquosの決定の主な理由は、ロジスティックな理由であったと私は主張します。都市の範囲内で彼の軍隊を養い、保護することははるかに簡単でした。イギリス軍は、露出した補給線とゲリラ戦のために、戦争中ずっと軍隊に補給するのに問題がありました。フィラデルフィアに移るというハウの決定は、主にこれに基づいていました。

In my opinion, take it for what you think it is worth, General Howe made the right decision in attacking Brandywine. He almost succeeded in surrounding Washington and politically almost destroyed him. With the victory at Saratoga and the loss at Brandywine, many in Congress began to doubt Washington&rsquos competence.

Some began to push for Horatio Gates to be commander-in-chief of the Continental Army, a decision that would have devastated the cause and ultimately ruined the army. Gates proved incompetent at Camden and according to many witnesses took credit for Daniel Morgan and Benedict Arnold&rsquos accomplishments at Saratoga.


Ancestor Research

Do you have an ancestor who you know fought in the American Revolution? Do you suspect that they were involved in the Battle of Brandywine on September 11, 1777? Brandywine Battlefield Park Associates would like to offer our help!

To help preserve the history of each soldier who fought at Brandywine, our newly developed Ancestor Reports includes the following information: name, birth date, death date, brigade, regiment, superior officer’s name, role at Brandywine, and the significance of that role.

Although this service is complimentary, we graciously accept donations to continue our mission. By donating to the Brandywine Battlefield Park Associates, you are helping to fund programs for school children (K-12) and newly created history programs for adults.

This service, however, does not offer complete genealogical information and will only include your ancestors role at the Battle of Brandywine. The more information you can provide us, the more information we can give back to you.


The Battle of Brandywine

The Battle of the Brandywine on September 11, 1777, marked the apparent end of a long period of frustration for the British in North America. For Lieutenant-General Sir William Howe, commander of the British forces in North America, it was the first chance he had to come fully to grips with General George Washington's army since the British victory of Long Island in August 1776. That battle resulted in the loss of New York City to the United States for the remainder of the war. Since then, however, the only serious engagements between the armies had been the inconclusive affair at White Plains, N.Y. in October 1776, and the Battles of Trenton and Princeton, N.J. in December 1776 and January 1777, when Washington inflicted minor but stinging defeats on Howe's forces.

The British commander spent the first part of the summer campaign of 1777 in New Jersey, trying to lure Washington into the open for another major engagement that would finally wipe out the main American army while Lieutenant-General John Burgoyne's northern expedition severed New England from the rest of the colonies. Washington's stubborn refusal to risk a major engagement forced the British commander to find another means of forcing battle, and on July 8 he began embarking his 16,500 men on board his brother Admiral Richard Howe's armada at Sandy Hook, N.J.

General Howe's intention was to sail via the Delaware Bay to the Delaware River, threatening Philadelphia and preventing Washington from reinforcing Major-General Horatio Gates's northern army against Burgoyne. In the process he might force the pitched battle he had sought unsuccessfully in New Jersey. The fleet set sail on July 23 and reached the Delaware Bay on July 30, where Howe received misleading intelligence of American obstructions in the Delaware River that seemed to make an approach from that direction impracticable.

He decided in view of this to enter the Chesapeake Bay, landing at the northernmost point possible and approaching Philadelphia overland. The Americans were meanwhile kept guessing about Howe's destination. The sighting of the British fleet in the northeast Chesapeake Bay on August 22 and the subsequent British landing at Turkey Point, 8 miles below Head of Elk, Md., on August 25 finally put an end to all speculation.

Unexpected as the landing was, the American main army, numbering roughly 16,000 men, was not in a bad position to defeat or at least contain it. Marching from positions along the Neshaminy Creek in Pennsylvania, the Americans passed through Philadelphia to Darby, Pa., reaching Wilmington, Del. just as the British commenced landing. Morale among the Continental troops was high, as John Adams and others who watched them march through Philadelphia attested. Though lacking the smartness of professional soldiers they were, Adams noted, "extreamly well armed, pretty well cloathed, and tolerably disciplined." The general orders for the day had demanded the strictest march discipline, threatening any soldier who broke ranks with "thirty- nine lashes" though Washington was not above stopping for refreshments with his entourage at the City Tavern.

Although Howe's landing was unopposed, his soldiers were seasick and exhausted. Their horses were in a wretched state, many having died on the voyage and although the local Tory inhabitants and deserters from the American dragoons helped to re-equip the British, this took some time. A concentrated American attack, given the disorganized state of the militia and the distance of the main army, was however clearly impossible, and Howe was left to rest and reorganize his command in peace.

The British moved forward on September 3 in two divisions, one commanded by the Hessian Lieutenant-General Baron Wilhelm Knyphausen and the other by Major-General Earl Charles Cornwallis. The two columns converged at what is now Glasgow, Delaware, whereupon Cornwallis's division took the lead on the road leading north. Here they met an advance guard of Brigadier- General William Maxwell's light infantry, which had been sent forward to observe and if possible harass the British advance. After a brief, running engagement ending at Cooch's Bridge a short distance north, Maxwell's men were driven off and Howe settled down to rest his troops.

Washington ordered Maxwell's corps to take up positions on White Clay creek after this engagement, while the main army encamped behind Red Clay Creek just west of Newport, Del., on the direct route to Philadelphia. Howe threw his army to motion again on September 8 to the accompaniment of what one of his officers called "a remarkable borealis." A small force marched to demonstrate against the American front while the main army marched around Washington's right. Although a general alarm was beat in the American camp, by early the next day Washington had seen through Howe's plan and ordered a redeployment to Chad's Ford on the Brandywine. The American movement commenced on the afternoon of the 9th. Howe, meanwhile, proceeded to Kennett Square, reaching it on September 10.

Chad's Ford, where the American army now took up positions, was at the point where the Nottingham Road crossed the Brandywine Creek on the route from Kennett Square to Philadelphia. It was the last natural line of defense before the Schuylkill River, which could be forded at so many points that it was practically indefensible. The Brandywine, a shallow (knee to waist-high) but fast-flowing creek, was fordable at a comparatively small number of places that could, so it seemed, be covered fairly easily. At Chad's Ford, really made up of two fords about 450 feet apart, the creek was 150 feet wide and commanded by heights on either side. The surrounding area was characterized by thick forests and irregular but low hills surrounded by prosperous farms, meadows and orchards. Many of the local Quaker inhabitants were sympathetic to the British cause, a fact that would prove to be important in the efforts of both armies to secure accurate intelligence.

Washington concentrated the American defenses at Chad's Ford, but also prepared to prevent possible British flanking movements to the south or north. Pyle's Ford, an easily defensible crossing and the only practicable one south of Chad's Ford, was covered by two brigades of Pennsylvania militia under Brigadier General John Armstrong. Nathaniel Greene's 1st Division, composed of the 1st and 2d Virginia Brigades under Brigadier Generals Peter Muhlenberg and George Weedon, was entrusted with the primary defense of Chad's Ford. Greene's troops straddled the Nottingham road leading east from the Brandywine. To Greene's right was Brigadier General Anthony Wayne's 4th division containing two brigades of Pennsylvania Continentals. Colonel Thomas Procter's Continental Artillery Regiment was placed on some heights commanding Chad's Ford to Wayne's right.

On the right, Major General John Sullivan's 3rd Division consisting of the 1st and 2d Maryland brigades was posted opposite Brinton's Ford about a mile above Chad's Ford. Major General Lord Stirling's 5th Division, containing a Pennsylvania brigade under Brigadier General Thomas Conway and a New Jersey brigade, was placed in reserve a short distance behind Sullivan. Major General Adam Stephen's 2d Division, made up of the 3rd and 4th Virginia brigades under Brigadier Generals William Woodford and Charles Scott, was also in reserve, apparently in a position to move to the support of either the right or left of the army. Finally, Maxwell's light corps was posted to the west of the Brandywine along the Nottingham Road and on some hills on the western side of Chad's Ford.

The most vulnerable point of the American position, as Washington and his generals were well aware, was on the right. Sullivan was therefore ordered to provide adequate cover at the three known fords above Brinton's, namely Painter's, Wistar's, and Buffington's Ford, each about two miles apart. Buffington's Ford was on the east branch of the Brandywine, just above where the creek forks about six miles above Chad's Ford. Sullivan detached for this purpose a Delaware regiment and Colonel Moses Hazen's mixed "Canadian" Regiment, the latter unit being divided to cover the two upper fords. The area north of Buffington's Ford on both sides of the Brandywine was the responsibility of the light horse under the general command of the Virginian Colonel Theodorick Bland. Sullivan assumed that his responsibility went no further north than Buffington's, and relied on Bland to watch this area. Only a mile further upstream, however, another ford known as Jeffries' provided in conjunction with Trimble's Ford on the west branch of the creek an entirely unguarded route around the American right flank. Washington and Sullivan appear to have been unaware of the existence of this critical ford, of which neither Bland nor any locals had informed them.

As dawn broke on the morning of September 11th, Sir William Howe was in the process of dividing his army. At six o'clock, Knyphausen marched with 6,800 men along the Nottingham Road directly toward Chad's Ford. His mission was to engage Washington's attention while Howe marched at five o'clock with 8,200 men northeast from Kennett Square up the Great Valley Road, turned east across the Brandywine at Trimble's and Jeffries' fords, and then proceeded south around the American right flank. A dense fog cover initially shielded Howe's march, and locals kept him well informed of his route.

Knyphausen's Tory vanguard of the Queen's Rangers and Major Patrick Ferguson's Riflemen advanced only three miles before running into Maxwell's outposts near Welch's Tavern. The Americans took advantage of the numerous defiles and woods along the road, as Sergeant Thomas Sullivan of the British 49th Foot wrote, to keep up "a running fire, mixed with regular volleys for 5 miles, and they still retreating to their main posts, until they got almost in gun shot of the Ford." At the hills before Chad's Ford, Maxwell's men unleashed an ambuscade from wooded and marshy ground on either side of the road, taking the Tories by surprise and leaving "nearly half of the two corps . . . either killed or wounded," according to a Hessian witness.

"All the woods were full of enemy troops," wrote the Hessian Major Carl Leopold Baurmeister, shouting "Hurrah" at the work their musketry had done among the Tories. Proctor's artillery on the other side of the Brandywine was now firing on the British as well, shredding trees but doing little real damage due to poor siting. Some of Greene's men splashed across the creek to support Maxwell, who began building breastworks on a hill overlooking the road on Knyphausen's right. The Hessian general rallied the Tories and ordered Ferguson's riflemen to take position behind a house on his right. He also dispatched the 28th and 49th Foot along with two heavy and two light artillery pieces to an elevation behind them. The British cannon promptly began pummeling the American breastwork, which apparently mounted nothing more than a couple of light field pieces. At the same time the Queen's Rangers and the 23d Foot filed off to the left, and by musket and bayonet "quickly drove the rebels out of their woods and straight across the lowland." On his right, Knyphausen then pushed the 28th Foot in a flanking march around Maxwell's left, to an eminence slightly behind the breastwork. Maxwell had had enough. Once his breastwork had been outflanked, he ordered a withdrawal across the creek, a maneuver carried out in good order despite close pursuit by Knyphausen's troops. By 10:30 A.M., the British and Hessians had cleared the west bank of the Brandywine and taken up positions overlooking the Ford. Aside from some halfhearted British feints and random artillery fire, this part of the battlefield lapsed into inactivity.

Washington had moved his headquarters to the heights where Procter's guns were stationed in order to observe the commotion. From there he was heard to "bitterly lament that Coll Bland had not sent him any information at all, & that the accounts he had received from others were of a very contradictory nature." Bland's silence forced Washington to rely on reports passed on by Sullivan, who was becoming nervous about his flank and had sent scouts of his own to look for signs of the British upstream. Major John Jameson reported to Sullivan at nine o'clock A.M. that "he came from the Right of the Army & I might Depend there was no enemy there" another officer sent in the same direction returned to say that "no Enemy had passd that way." Close on the heels of these reassuring reports, however, an officer arrived at Proctor's battery with a letter from Sullivan stating that Colonel Moses Hazen, stationed by Sullivan at Buffington's Ford, had sighted a body of the enemy across the creek. Although this was actually a detachment of Knyphausen's troops taking positions along the river, Washington could not afford to ignore the possibility that it was the first indication of a flanking attack and ordered Bland to investigate it.

A more substantial report arrived shortly before noon in the form of a letter from Lieutenant Colonel James Ross, who with a mixed force of militia and dragoons was scouting the Great Valley Road. Ross, writing at eleven o'clock, reported that he had skirmished with "a large body of the enemy--from every account 5000, with 16 or 18 field pieces" led by Howe himself and on its way northeast to "Taylor's and Jeffries ferries on the Brandywine." Certainly no clearer proof could be offered than this of Howe's having split his forces. If true, the American right might be in peril at the same time, however, an immediate attack on Knyphausen might cripple half of the British army before Howe had a chance to bring his force to bear. It was a risk worth taking.

Washington seized the opportunity offered him, ordering Sullivan "to cross the Brandywine with my division and attack the enemy's [Knyphausen's] left, while the army crossed below [Sullivan] to attack their right." Sullivan promptly put the orders into effect, and elements of his division had already "crossed the river, and skirmished with and drove the Yagers" before orders arrived for their immediate recall. New intelligence had arrived.

Some time between noon and one o'clock, a Major Joseph Spear of the militia arrived at Sullivan's headquarters and reported that he had just returned from a morning reconnaissance along the Great Valley Road without detecting any sign of the British. The major was, indeed, "confident they are not in that Quarter." How Spear had contrived to miss any sign of Howe's column, marching along this very route, has never been determined. Sullivan was suspicious of the report and hesitated before sending it along to Washington, understanding it might mean an end to the attack on Knyphausen. If, however, Howe's move up the Great Valley Road was only a feint followed by a countermarch back to Chad's Ford, Washington's planned attack across the creek might well end in disaster. Sullivan sent the report and Washington called off the attack.

Howe's column was at that moment nearing the end of a grueling seventeen-mile march in sweltering heat, the fog having burned off early that morning. The British crossed the west branch of the Brandywine at Trimble's Ford at about 11 o'clock and then marched east, crossing the east branch at Jeffries' Ford about three hours later. They had to "cross these two branches in up to three feet of water." At 2:30 P.M. the tired men were given leave to throw themselves down on some heights to the east of the ford and rest for an hour. Bland sighted an advanced party of Howe's column about two miles southeast of Jeffries' Ford at a quarter after one o'clock, but his scribbled note conveying this information to Washington came too late.

By this point, with the British already moving toward his rear, Washington had no choice but to make defensive dispositions. He therefore ordered his reserve of Stirling's and Stephen's divisions to take up positions near Birmingham meeting- house, a small Quaker church on the east side of the road leading southeast from Jeffries' Ford and about two miles north of Chad's Ford. Directly across the road to the west was Birmingham Hill, a small eminence that was nevertheless reasonably well-suited for defense.

Sullivan had meanwhile received another report from Bland of British movements "in the Rear of my Right about two miles Coming Down." The colonel added that he had seen "Dust Rise back in the Country for above an hour." The situation demanded swift measures, and Washington responded by ordering Sullivan to abandon Brinton's Ford and join Stirling and Stephen near Birmingham meeting-house, where Sullivan would take overall command of the three divisions. While putting his division into motion, Sullivan encountered Col. Hazen, who declared that the enemy were "Close upon his Heels," testimony backed up by the almost immediate sighting of the British advance guard. Sullivan rushed his men to take up positions to Stirling's left on Birmingham Hill, with Stephen's division already in place on the right. Inadequately trained as the Americans were in drill, this nevertheless took some time, especially given the rough terrain.

Howe knew his dominating position and could afford to show a "Cheerful Countenance" to his officers, with whom he chatted amiably as he observed the American deployments. His troops meanwhile formed into line for the critical assault on Birmingham Hill. The attack began at about four o'clock, before Sullivan's division had a chance to take up proper positions on the American left. On the right, Stirling and Stephen's well-sited 3 and 4 pounder guns, which had been dragged up the hill with tremendous effort, tore holes with canister and grape shot in the ranks of the advancing Hessian jägers and British grenadiers. The British were forced to halt and take cover a short distance from the base of the hill. "The small arms fire was terrible," wrote one jäger, "the counter-fire from the enemy, especially against us, was the most concentrated."

Sullivan's men hurried to take up their positions but were forced to march "through a narrow lane," where Hessian grenadiers who had clambered up the slope picked them off by the dozens. On this side of the hill, the Hessian grenadiers and the Guards were to their delight able to advance out of the line of fire of the American artillery. Their assault threw Sullivan's men into utter confusion. Sullivan himself was away on the right conferring with Stirling and Stephen, but Brigadier General Preudhomme de Borré, the French commander of the 2d Brigade who commanded in Sullivan's absence, fled with his men (he was forced out of the service after the battle). On the way down the hill Borré showed Lieutenant-Colonel Samuel Smith of the 4th Maryland "some scratches on his cheek, which he said had been done by the English firing fish-hooks, but more probably by the briars." Sullivan had meanwhile returned to rally his men, but "no Sooner did I form one party but that which I had before formed would Run off."

The fight for Birmingham Hill was nevertheless far from over. Hazen's Regiment, still in good order, formed up on Stirling's left facing the Hessian grenadiers. The British at the base of the hill had meanwhile brought up cannon to bombard the American artillery, but though outgunned the American gunners returned fire as long as possible. "The Enemy Soon began to bend their principal force against the Hill," Sullivan later wrote, "& the fire was Close & heavy for a Long time & Soon became General . . . five times did the Enemy drive our Troops from the Hill & as often was it Regained & the Summit often Disputed almost muzzle to muzzle." Several companies of the British 1st Light Infantry, hoping to gain the east slope of the hill, attempted to bypass the Birmingham Meeting-house, but here they were met by a withering fire from Colonel Thomas Marshall's Virginia Regiment stationed behind the meeting-house wall. The British infantry sustained severe casualties before they were able to gain a blind spot on the slope out of sight of both Marshall's men and the artillery on the hill. At this point Howe and Cornwallis ordered a series of attacks on the left, right and center of the hill, gradually forcing the Americans off with substantial casualties on both sides. Hazen's regiment was all but shattered by the Hessian grenadiers while Stirling's division retreated in fairly good order most of Stephen's division was disorganized if not routed altogether, a fate that was prevented by a gallant rearguard action of Woodford's Virginians. After an hour and forty minutes of what General Conway called the most "Close & Severe a fire" he ever saw, the British had possession of the hill but not, Sullivan claimed, "till we had almost Covered the Ground between [the hill] and Bremingham [sic] meeting House with The Dead Bodies of the Enemy."

After the loss of Birmingham Hill, the American priority for the rest of the battle had to be the successful withdrawal of the remainder of the army. There could be no question of reforming either Sullivan's or Stephen's divisions, which were no longer effective fighting formations. Conway was, however, able to form a second defensive line out of his 3d Pennsylvania brigade on another small hill a short distance southeast of Birmingham Hill. The British came on quickly, routing in the process those remnants of Stephen's division which had been too slow to retreat. Unfortunately for the Americans, Conway's men initially resisted boldly but, lacking bayonets themselves, were averse to facing the British bayonet charge and broke very suddenly. The Marquis de Lafayette, who had come to observe the attack and attempted to rally Conway's men, received a British musket ball in the leg and had to be carried off the field.

What remained of the three divisions fled a mile further east to Dilworthtown, just north of which place Greene's division was forming up. Washington had dispatched Greene to this place after learning of the fall of Birmingham Hill, and he now arrived to supervise the positioning of Greene's troops. By this time the 1st division was the last fresh American division on the field. Knyphausen had assaulted Wayne's and Maxwell's positions around Chad's Ford at five o'clock, rapidly driving them back and capturing all of Procter's guns. The position at Dilworthtown was therefore critical if the rest of the army (including Armstrong's militia, which had not been engaged but was busy retreating eastward) was to be preserved.

That this position held until sundown was partly because of Washington's careful positioning, at Sullivan's suggestion, of Brigadier Generals Peter Muhlenberg's and George Weedon's brigades respectively on the front and flank of the British advance. As the Hessian grenadiers marched on Dilworthtown, Captain Johann Ewald wrote, they "received intense grapeshot and musketry fire [apparently from Muhlenberg's men] which threw [the Hessians] into disorder, but they recovered themselves quickly, deployed, and attacked the village." Brigadier-General James Agnew's brigade of redcoats, occupying at Ewald's suggestion a hill on the flank, "ran into several American regiments" of Weedon's brigade, preparing to fall upon the Hessians' flank. "At this point," Ewald wrote, "there was terrible firing, and half of the Englishmen and nearly all of the officers of these two regiments (they were the 44th and 64th regiments) were slain." Fortunately for the British, an English artillery officer arrived opportunely with two six-pounders on Weedon's flank, breaking up their attack. By this time it was growing dark and Greene's men could follow their compatriots to Chester while the British remained in Dilworthtown, tending the wounded of both sides.

Lieutenant James McMichael of the 13th Pennsylvania Continental Regiment wrote that "this day for a severe and successive engagement exceeded all I ever saw." The casualties reflected the bitterness with which it was fought. The official British casualty figure was 89 killed and 488 wounded, but was probably slightly higher. The American losses have never been conclusively ascertained, but are estimated at 1,100, including 200 killed, 500 wounded and 400 captured. The battle had clearly been an American defeat, and was to lead to the loss of Philadelphia on September 26. Had the attack on Birmingham Hill begun earlier, the defeat may have turned into a rout. Howe could thank fortune, his superior intelligence gathering and the efficacy of the British bayonet for his victory. The Americans, for their part, were beaten but not broken they knew very well that in general they had stood up well to the professional British soldiers. It was not without reason that Washington wrote John Hancock from Chester shortly after midnight: "Notwithstanding the misfortune of the day, I am happy to find the troops in good spirits and I hope another time we shall compensate for the losses now sustained."

Edward Lengel

Lengel is the editor-in-chief of The Papers of George Washington project at the University of Virginia in Charlottesville, Virginia. He is the author of General George Washington: A Military Life, which was a finalist for the 2006 George Washington Book Prize, and of Inventing George Washington: America's Founder, in Myth and Memory.

Baurmeister, Carl Leopold. Revolution in America: Confidential Letters and Journals 1776-1784 of Adjutant General Major Baurmeister of the Hessian Forces. Translated by Bernhard A. Uhlendorf. New Brunswick: Rutgers University Press, 1957.

Burgoyne, Bruce, ed. Diaries of Two Ansbach Jaegers. Bowie, Md.: Heritage Books, 1997.

Enemy Views: The American Revolutionary War as Recorded by the Hessian Participants. Bowie, Md.: Heritage Books, 1996.

Chase, Philander, and Edward Lengel eds. The Papers of George Washington. Revolutionary War Series, vol. 11. Charlottesville: University of Virginia Press, not yet published.

Cooch, Edward. The Battle of Cooch's Bridge, Delaware, September 3, 1777. Cooch's Bridge, Del.: privately printed, 1940. Elmer, Ebenezer. "Extracts from the Journal of Surgeon Ebenezer Elmer of the New Jersey Continental Line, September 11-19, 1777. Pennsylvania Magazine of History and Biography 35 (1911): 103-107.

Ewald, Johann. Diary of the American War. Translated and edited by Joseph P. Tustin. New Haven: Yale University Press, 1979.

Hammond, Otis G. Letters and Papers of Major-General John Sullivan .巻1, 1771-1777. Concord, N.H.: New Hampshire Historical Society, 1930.

McMichael, James. "Diary of Lieutenant James McMichael, of the Pennsylvania Line, 1776-1778." Pennsylvania Magazine of History and Biography 16 (1892): 131-159.

Montrésor, John. "Journal of Captain John Montrésor, July 1, 1777, to July 1, 1778." Pennsylvania Magazine of History and Biography 5 (1881): 393-417.

Muenchhausen, Friedrich von. At General Howe's Side 1776-1778. Translated by Ernst Kipping. Monmouth Beach, N.J.: Philip Freneau Press, 1974.

Showman, Richard K., ed. The Papers of General Nathaniel Greene.巻2, 1 January 1777-16 October 1778. Chapel Hill: University of North Carolina Press, 1980.

Smith, Samuel. "The Papers of General Samuel Smith." The Historical Magazine 2d series 7 (1870): 81-92.

Smith, Samuel S. The Battle of Brandywine. Monmouth Beach, N.J.: Philip Freneau Press, 1976.

Ward, Christopher. The War of the Revolution. 2巻New York: MacMillan, 1952.

The Brandywine Campaign

Check out our interview with author Michael Harris whose book covers the 1777 Brandywine Campaign.


Aftermath [ edit |ソースを編集]

Although Howe had defeated the American army, his lack of cavalry prevented its total destruction. Washington had committed a serious error in leaving his right flank wide open and nearly brought about his army's annihilation had it not been for Sullivan, Stirling and Stephen's divisions, which fought for time. Evening was approaching and, in spite of the early start Cornwallis had made in the flanking maneuver, most of the American army was able to escape. In his report to the Continental Congress detailing the battle, Washington stated: "despite the day's misfortune, I am pleased to announce that most of my men are in good spirits and still have the courage to fight the enemy another day".

British and American forces maneuvered around each other for the next several days with only a few encounters such as the Battle of Paoli on the night of September 20–21.

The Continental Congress abandoned Philadelphia, first to Lancaster, Pennsylvania for one day and then to York, Pennsylvania. Military supplies were moved out of the city to Reading, Pennsylvania. On September 26, 1777, British forces marched into Philadelphia unopposed.


ビデオを見る: ブランディワインの戦い (1月 2022).