情報

民主的統制連合


1914年7月末、イギリス政府はドイツとの戦争の危機に瀕していることが明らかになりました。政府の4人の上級メンバー、デビッド・ロイド・ジョージ(大蔵大臣)、チャールズ・トレベリアン(教育委員会の議会長官)、ジョン・バーンズ(地方政府委員会の議長)、ジョン・モーリー(インド国務長官)、国がヨーロッパの戦争に巻き込まれることに反対しました。彼らは首相のハーバート・アスキスに、この問題を辞任するつもりであると伝えた。 8月4日に宣戦布告されたとき、トレベリアン、バーンズ、モーリーの3人が辞任したが、アスキスはなんとか大蔵大臣のロイド・ジョージを説得して考えを変えさせた。

戦争が宣言された翌日、トレベリアンは戦争に反対するために結成しようとした新しい政治組織について友人と連絡を取り始めました。これには、自由党の2人の平和主義者、ノーマン・エンジェルとE. D.モレル、および労働党の指導者であるラムゼイ・マクドナルドが含まれていました。会議が開かれ、人民解放委員会や人民自由連盟などの名前を検討した後、彼らは民主的統制連合を選択しました。

4人の男性は、紛争の主な理由の1つは、英国の外務大臣であるエドワード・グレイ卿のような人々の秘密の外交であることに同意しました。彼らは、民主的統制連合が3つの主要な目的を持つべきであると決定した。(1)将来、秘密の外交を防ぐために、外交政策に対する議会の統制が必要である。 (2)戦後、他の民主的なヨーロッパ諸国と、将来の紛争を防ぐための組織を形成するための交渉が行われるべきである。 (3)戦争の終わりに、和平条件は敗北した国を屈辱したり、フロンティアを人為的に再編成したりしてはならない。これは将来の戦争の原因となる可能性があるからである。

民主的統制連合の創設者はマニフェストを作成し、それを支持するよう人々を招待しました。次の数週間で、いくつかの主要人物が組織に加わりました。これには、JA Hobson、Charles Buxton、Ottoline Morrell、Philip Morrell、Frederick Pethick-Lawrence、Arnold Rowntree、Morgan Philips Price、George Cadbury、Helena Swanwick、Fred Jowett、Tom Johnston、Bertrand Russell、Philip Snowden、Ethel Snowden、David Kirkwood、 William Anderson、Mary Sheepshanks、Isabella Ford、HH Brailsford、Eileen Power、Israel Zangwill、Margaret Llewelyn Davies、Konni Zilliacus、Margaret Sackville、Olive Schreiner

ラムゼイ・マクドナルドは、第一次世界大戦に反対したため、新聞から攻撃を受けました。 1914年10月1日、 タイムズ マクドナルドが行った「ドイツの有給代理人は彼女にもっとよく仕えなかった」と書いた「敵を助ける」というタイトルの主要な記事を発表しました。新聞には、イグナティウス・ヴァレンタイン・チロルの記事も含まれています。彼は次のように主張しました。 。実際の戦争の時...マクドナルドは、選ばれた代表である大臣を恥ずべき重複で公然と非難することによって彼の国の評判を傷つけようとしました、そして彼は敵国を助けました...そのような行動はさえの限界を超えます最も過度の寛容であり、英国政府または英国国民が適切または安全に無視することはできません。」

トレベリアンの家(ロンドンのグレートカレッジストリート14番地)がUDCの本部になりました。組織が拡大するにつれ、組織は37 Norfolk Street(1915)と4-7 Lion Court、Fleet Street(1917)に大きな敷地を構えました。 UDCは主に、ジョージ・キャドバリーやアーノルド・スティーヴルなどの繁栄しているクエーカー教徒のビジネスマンによって資金提供されていました。

UDCは、組織の上級職に女性を任命した最初の政治グループの1つでした。ヘレナ・スワンウィックは執行委員会のメンバーであり、12人の女性が総評議会に参加していました。これには、イザベラフォード、マーガレットルウェリンデイビス、マーガレットサックビルが含まれます。

民主的統制連合はすぐに英国のすべての反戦組織の中で最も重要な組織に出現し、1915年までに30万人のメンバーがいました。 E.モレルは、秘書兼会計として、UDCの支配的な人物になりました。 1915年8月、UDCはモレルの秘書業務に支払うことを決定しました。モレルはまた、戦争中に発行されたUDCパンフレットのほとんどを書いた。パンフレットを書いた他の人には、ラムゼイ・マクドナルド、ノーマン・エンジェル、アーサー・ポンソンビー、J。ホブソン、チャールズ・バクストン、ノーマン・エンジェル、ヘレナ・スワンウィック、リチャード・トーニー、H。ブレイルズフォードが含まれていました。 UDCのメンバーは、国際連盟協会も設立しました。

一方、 マンチェスターガーディアン国家、UDCの目的にかなり共感し、ほとんどの新聞や雑誌は非常に敵対的でした。 NS デイリーエクスプレスラルフ・ブルーメンフェルドが編集した、UDCに対するキャンペーンを主導しました。 1915年4月、E。モレル、ラムゼイマクドナルド、ノーマンエンジェルの指名手配のポスターを印刷しました。次のような見出しの下で: 'E。モレルは誰ですか?そして、誰が彼の親ドイツ連合にお金を払うのか?それは、UDCがドイツ政府のために働いていることを示唆しました。

ホレイショ・ボトムリー、 ジョンブルマガジン ラムゼイ・マクドナルドとジェームズ・ケア・ハーディが「親ドイツキャンペーン」のリーダーであったこと。 1915年6月19日、雑誌はマクドナルドが裏切り者であり、「軍法会議による彼の裁判、王の敵の援助者および善人としての彼の非難、そして彼は塔に連れて行かれ夜明けに撃たれることを要求する」と主張した。 1915年9月4日、雑誌は彼の背景を攻撃した記事を発表しました。 「私たちは長い間私たちが所有していた特定の事実について沈黙を守っています。まず、この男が養子縁組の名前で暮らしていること、そして彼がジェームズ・マクドナルド・ラムゼイとして登録されていることを知りました。したがって、彼は庶民院への入場を偽りの色で取得しており、おそらく彼の選挙を無効と宣言するために重い罰則を科せられたでしょう。しかし、この状況を開示したことは私たちに非常に苦痛で不快な義務を課したでしょう。男の出生証明書を作成するように強制されるべきでしたそしてそれは今日私たちが明らかにすることを正当化するものを明らかにしたでしょう-私たちがすぐに述べる理由のために...それは彼をスコッチの使用人の女の子の非合法な息子として明らかにしたでしょう!」

NS デイリーエクスプレス 将来のUDC会議の詳細をリストし、読者にそれらを分割するように促しました。 UDCは、新聞による「暴力への煽動」と呼ばれるものについて内務大臣に不満を述べたが、彼はいかなる行動を取ることも拒否した。次の数ヶ月間、警察はUDCスピーカーの保護を拒否し、彼らはしばしば怒った群衆に襲われました。 1915年11月29日の1つの特に暴力的な出来事の後、新聞は誇らしげに「親ドイツ人の完全な敗走」を報告しました。

NS デイリースケッチ UDCに対するキャンペーンに参加しました。それは1915年12月1日にその読者に次のように語った:「この陰謀を殺しなさい私達はアーチ陰謀者、E。モレルを手に入れなければならない」。次の数ヶ月で、E。モレルは数回物理的に攻撃されました。彼は組織を運営し続け、1917年までにUDCと関連組織の会員数は65万人に達しました。

政府は現在、E。モレルを非常に危険な政治家と見なしています。スコットランドヤードの犯罪捜査部長であり、将来の特別支部長であるバシル・トムソンは、モレルと民主的統制連合の調査を依頼されました。トンプソンは、UDCは革命的な組織ではなく、その資金は友の会と「キャドバリー、フライ、ロウンツリー夫人」からのものであると報告しました。

トンプソンが犯罪行為の証拠を見つけられなかったにもかかわらず、内務大臣はモレルの逮捕を指示した。 1917年8月22日、モレルの家が捜索され、スイスに住む友人にUDCパンフレットを送ったという証拠が発見されました。これは国土防衛法の技術的違反であり、モレルは懲役6か月の刑を言い渡されました。すでに健康状態が悪かったモレルは、ペントンビル刑務所の過酷な状況から完全に回復することはありませんでした。

フレデリックペシックローレンスは民主的統制連合(UDC)の会計係であり、1917年の春に南アバディーン補欠選挙で組織の候補者として選ばれました。ペシックローレンスは333票しか獲得できなかったのに対し、政府代表は3,283票で勝利しました。彼は46歳でしたが、政府は1917年にペシックローレンスを徴兵しようとしました。彼は拒否しましたが、投獄される代わりに、戦争が終わるまでサセックスの農場に配属されました。

1918年の総選挙で、民主的統制連合のすべての主要メンバーは議会の議席を失いました。しかし、1924年までに、彼らは戻ってきて、ラムゼイ・マクドナルド(首相/外務大臣)、フィリップ・スノーデン(大蔵大臣)、アーサー・ヘンダーソン(内務大臣)、チャールズ・トレベリアン(教育大臣)、フレッド・ジョウェット(委員)を含む数人が戻ってきました。 of Works)はすべて新しい労働党政権のメンバーでした。モレル 内閣のポストは与えられなかったが、外務省のマクドナルドの主要な顧問だった。

民主的統制連合のメンバーは、ヴェルサイユ条約の強力な反対者でした。ヒューバート・ゴフ将軍、C。B。トンプソン准将、ケンワーシー司令官、ブルース・キングスミル大佐など、数人の上級陸軍将校が条約に抗議してUDCに加わった。

1930年代、民主的統制連合はドイツとイタリアのファシズムに反対するキャンペーンを行い、日本の侵略との闘いにおいて中国を支援し、インドの独立を主張しました。

私たちが第一次世界大戦に巻き込まれた状況についてのこれらすべての疑問は、1914年の後半に私の頭に浮かびました。ロンドンで、私は私のいとこであるチャールズ・トレベリアン卿に会いに行きました。私はそうしました、そして私たちは一緒に、戦争の宣言について下院で非常に勇気ある演説をしたバートランド・ラッセル、E。モレル、アーサー・ポンソンビー、ロウズ・ディキンソン、ラムゼイ・マクドナルドに会いに行きました。私は民主的統制連合の創設メンバーの一人になりました。当時、戦争を引き起こしたヨーロッパの無政府状態を暴露する最善の方法は、頭を失っていない人々がこのような社会を形成することだと考えていました。所属することができます。また、私は座って、タイトルの付いた本を書きました 戦争の外交史。これは、すべてのヨーロッパの大国が何らかの形で災害に責任があることを示すことを目的としていました。ジョージ・エイリアン&アンウィン女史は、戦争熱が急速に高まっていたため、ほとんどの評論家から大きな攻撃を受けた本を出版することにかなりの勇気を示しました。それにもかかわらず、この本はホットケーキのように売れ、すぐに第2版になりました。

これらの政治家が国の名誉に訴えることなしに、この性格の政治家によって犯された犯罪はありませんでした。私たちは名誉のためにクリミア戦争と戦いました。私たちは名誉を失ったために南アフリカに急いだ。閣下。紳士(エドワードグレイ卿)は、私たちの名誉のために今日私たちにアピールしています。実際のところ、ヨーロッパの地図を現在の位置に残そうとしているヨーロッパ全体の戦争に従事しているときに、ベルギーの援助に来ることについて話すことの使用は何ですか?

1.国民投票またはその他の方法でそのような州の人口の同意なしに、州をある政府から別の政府に移すことはできません。

2.議会の認可なしに、英国の名義で条約、取り決め、または事業を締結してはなりません。外交政策の民主的管理を確保するための適切な機構が作られなければならない。

3.英国の外交政策は、「勢力均衡」を維持する目的で同盟を結ぶことを目的とせず、両国間の協調行動と、その審議と国際評議会の設立に向けられるものとする。決定は公にされ、国際合意を確保するための仕組みがあり、平和を維持することが保証されます。

4.英国は、和平合意の一環として、すべての交戦国の兵器を同意により大幅に削減する計画を提案し、その政策を促進するために、兵器製造の一般的な国有化を確保しようとするものとする。ある国から別の国への兵器の輸出の管理。

5.軍事作戦が終了した後、ヨーロッパの紛争は経済戦争によって継続されてはならない。英国の政策は、すべての国間の自由な商業的性交の促進と、オープンドアの原則の維持と拡大に向けられるものとします。

私は民主的統制連合に参加し、その会計係になりました。その名前が示すように、外交政策は将来、国内政策と同様に、国民の意志に従うべきであると主張するために設立されました。その意図は、人々に十分な情報を提供し、彼らの承認を得ることなしに、約束を締結してはならないということでした。自然な移行によって、連合の目的は、戦争が終結するかもしれないことに基づいて、永続的な和解の条件の形成を含むようになりました。

最初はどこでも公開会議を開いて自分たちの主張を述べることができましたが、時が経つにつれて、国の戦いを戦っている勇敢な男性の反対者として私たちを代表する報道機関のセクションによって組織的な反対が行われました。ロンドンでの私たちの会議はそれに応じて分割されました。特に、議長としてプラットフォームから投げ出された場所を覚えています。闘争の最中に、若い兵士が「老人を傷つけないでください」と呼びかけました。ちょっと面白がって形容詞を聞いた。私は43歳でした。

私は、知恵が悲惨さを通して貧しい人間にもたらされ始めるかもしれないことを知っています。しかし、ジョージ(ジョージ・マコーリー・トレベリアン)のような人々が浅い恐怖と情報不足の憎しみに夢中になっているのを見ると、私は疑っています...彼は他のすべての人がドイツ人を憎みたいと思っているのが好きです...それは国民の情熱の前に知性の無力さを示しているので、私は他の何よりもそれによって落胆しています。

閣僚の辞任に関して現在行われている多くの報告の中で、3つに関してはほとんど疑いがないようです。彼らは、モーリー卿、ジョン・バーンズ氏、チャールズ・トレベリアン氏のものです。彼らがとった行動には広く共感があります。

男性がその行動を承認するかどうかにかかわらず、この暗い瞬間に、名誉の感覚とそれが示す良心への忠誠を証言することは楽しいことです...トレベリアンは、自由の根底にあり、戦争や社会的混乱の時ほど危険にさらされることは決してありません。

私たちの海軍の勝利を圧倒しても、私たちの商取引はひどく苦しむでしょう。戦争においても、国民全体の最初の生産的エネルギーは兵器に捧げられなければなりません。キャノンは綿の産業交換としては不十分です。私たちは仕事のやりとりの性格として着実な貧困に苦しむでしょう。このすべてを私は強く感じたので、この惨めさにつながる原因を十分に数えることができません。だから私は辞任しました。

彼(ロイド・ジョージ)、ボーシャン、モーリー、バーンズは、宣戦布告前の土曜日に、グレイのカンボン(ロンドンのフランス大使)に対するグレイの誓約に同意できなかったという理由で、すべて内閣を辞任した。これをドイツとの戦争と同等と見なす、ドイツに対するフランス。アスキスの緊急の表明について、彼(ロイド・ジョージ)とボーシャンは月曜日の夜、彼に関する限り、内閣にとどまることに同意し、政策への異議を撤回したが、混乱の出現を防ぐためだけだった。深刻な国家的危険に直面して。それは彼の立場のままです。彼は、いわば、内閣の無所属のメンバーです。

私は戦争が嫌いだった。私は、世界の人々は戦争を嫌い、お互いを憎んでいないと信じていました。ひどい闘争が私の胸を引き裂きました。私はドイツ人を憎むことができませんでした。私が私のものを愛したように、彼らは彼らの土地を愛していました。彼らにとって、彼らの伝統と歴史、彼らの宗教と彼らの歌は私にとって私のものでした。それでも私は兵器庫で働いていて、1つの目的のために銃と砲弾を作りました-彼らが男性を殺さないようにするために男性を殺すために。なんて混乱だ!私は何をしましたか?私は良心的兵役拒否者ではありませんでした。私は政治的反対者でした。金融と商業の競争が戦争につながったと私は信じていました。

私たちは、ドイツが服従に屈服する可能性が高いのか、それとも抑圧の手段によって復讐に憤慨する可能性が高いのかを自問しなければなりません。これは心理学の問題です。そして心理学は、私たち自身の考えや感情を観察することによる人間性の研究にすぎません...勝利者が私たちを押しつぶそうとした場合、私たちはどのように感じ、行動すべきですか?刺激された出生率、改善された知的および産業訓練のすべてのリソースを、私たちに課せられた制限に逆らうか回避するために使用しませんか...自由と復讐を達成するために、犠牲や陰謀を惜しまないでください。 ...屈辱的な、不安定な、または裾上げされたドイツは、おそらくイエナの後にライプツィヒのためにもう一度ドイツが武装していることを意味します。

政治家たちは、私たちの子供たちのために、彼らが生まれた世界よりも悪い世界を準備しています。そして、現在蔓延している国内および国際的な認知症に対する理性の究極の勝利への信頼を維持しているのではなく、この国に膨大な数の意見があると信じているのであれば、私たちはほとんど将来の絶望に傾くはずです。政治家やマスコミによって、そしてどちらよりもかなり賢い。

民主的統制連合評議会は、征服の権利に基づく平和とそれに続く商業戦争では永続的な和解を確保することはできず、国籍の主張を考慮した平和によってのみ確保できるという揺るぎない信念を再確認します。 、そしてそれは本当のヨーロッパのパートナーシップの基礎を築きます。

私たちの民主的統制連合には2つの目的があります。一つは、この戦争に従事している他のすべての国と同様に、戦争を望まず、平和が来ると決心している数十万人のイギリス人男性と女性を組織化した組織にまとめることです。それは現実であり、将来の戦争を引き起こすための温床ではありません。私たちは政府が戦争をしたと感じています-人々自身が平和を作らなければなりません!私たちは、時が来れば効果的に行動できるように組織化しています。私たちの2番目の目的は、この目的のために自分自身と他の人を教育することです。

暴徒が数人の論文または数人の人によって熱心に働きかけ、会議を解散したり、講演者を暴行したりしたとき、保護はなく、当局は「彼らに権利を提供した」という口調でした。 UDCのメンバーは警察に隠され、事務所や民家を襲撃し、多くの場合、検閲官が通過した出版物は押収されて押収され、それらの販売に従事した人々は取り上げられ、脅迫され、脅迫されました。

安全保障は、ヨーロッパと外部の国々がすべてがそれぞれを保証し、それぞれがすべてを保証することに同意するスキームによってのみ得ることができます。戦争の目的は、単なる侵略に対して絶対的かつ決定的な拒否権を持ち、戦争に関与している国のいずれかが利益を得ることができるかもしれない正当な主張を考慮した国際連盟が存在する場合に達成されます。古いリベラルの伝統に戻り、すべての人とすべての国に見られる、きちんとした、親切で、人道的な力に大胆に信頼してください。

2つのポリシーから選択できます。一つ目は交渉による平和であり、二つ目は何ヶ月も何ヶ月も、おそらく何年もの間戦争を続けています。交渉による平和とは、カイザーに行き、彼が私たちにどのような平和の条件を丁寧に与えるかを尋ね、それらの条件を受け入れることを意味するものではありません。それは降伏による平和でしょう。交渉による平和とは、英国とその同盟国が特定の既約条件を主張し、他の条件に関して和解に達する平和を意味します。

民主的統制連合または徴兵制禁止フェローシップが敵の資金源から資金提供されていることを示す証拠は現在明らかになっておらず、彼らが非常に裕福なクエーカー教徒の家族の支援を指揮しているという事実は、彼らの能力を継続する能力を説明している可能性があります現在の活動。

民主的統制連合は、ラムゼイ・マクドナルド、アーサー・ポンソンビー、チャールズ・トレベリアン、フレデリック・ジョウェットの立場と、E。モレルの悪名のために、他の平和主義団体よりも世間の注目を集めてきました。それは革命的な組織ではなく、戦争の初期には、いずれにせよ、労働者階級よりも知識人階級に魅力的でした。印刷の費用を超えて、その費用はそれほど大きくありません。友の会とMessrs。Cadbury、Fry、Rowntreeはすべて、その資金にかなり寛大に加入しています。

彼が最初に出てきたとき、彼の髪は完全に白く(以前はほとんど白っぽくありませんでした)、主に不十分な食物の結果として、彼は完全に、肉体的および精神的に崩壊しました。彼は、一日の読書は4分の3時間しかない、残りの時間は刑務所の仕事などに費やされていると言います。

劇場は満員で、向かいの広場で大規模なオーバーフローミーティングが開催されました。モレルは自分自身を内部会議に閉じ込めました。しかし、彼はなんとレセプションを受けました。外では、途中で、まるで屋根を持ち上げたいかのように歓声が聞こえました。私たちはモレルを賞賛し、彼に敬意を表するために全力を尽くしました。

一年前に平和条約は概念的に不道徳であり、悲惨なものになるだろうと知っていて言ったすべての人にとって、今それを言う人は何千人もいます。まだ言われていない条約についてはほとんど語られていないようですが、それでも、それを交渉した無情で冷笑的な政治家が英国の本当の気性を表していないことを海外の世論に認識させることは非常に重要です。

ヴェルサイユ条約の根底にある根本的な虚偽は、ドイツが単独で完全に戦争に責任を負っていたという理論です。戦争とその原因についての公正な学生は、この主張を受け入れることができません。しかし、ドイツの唯一の罪悪感の宣伝物語は、パルピット、報道機関、議会から執拗に説教されてきたため、私たちの国民の大部分は、それを世界史上最も残忍で不当な条約の規定を正当化する公理的真実と見なすようになりました。

平和条約は、道徳的および純粋に功利主義的な2つの観点から見ることができるように私には思えます。どちらからも、それは完全に悪いように見え、失敗しており、戦争で戦ったすべての人が私たちが得るはずだったなど、良い結果に到達するのに失敗し続けなければなりません。私たちは、正義、国家間の公正な取引、そして約束の誠実な遵守を確立することを望んでいました。私たちは、必然的に善意で確立されたであろう、善良で永続的な平和を確立しようと考えました。平和条約はそのようなことは何もしていません。

ジークフリード・サスーン... 1916年8月から1917年2月までの休暇中、彼は多くの平和主義者に会い、H。G。ウェルズのストイックな幻滅の小説を読んだことで影響を受けました。 ブリトリング氏はそれを見抜く。前に戻ると、彼は2か月以内に負傷しました。そして1917年4月にイギリスの病院に戻ったとき、バートランドラッセル、ミドルトンマリー、フランシスメネルの助けを借りて劇的な抗議をすることを決意しました。しかし、彼の宣言を発表した後、彼は引き返しましたが、ロバート・グレイブスが軍法会議の代わりとして手配した先駆的な神経衰弱の専門家であるW. R. Rivers教授から精神医学的治療を受け、後に前線に戻りました。 1936年のように、彼がP.P.U.のスポンサーになることに同意したとき(彼は単一の委員会に出席したことはありませんが)、サスーンは平和主義者ではなく、戦争の悲劇に対する詩人の感性、また動機付けられたランズダウン卿の同様のようなノスタルジックな貴族の恐怖を組み合わせた、異常に激しい戦争への憎悪を持った平和主義者だったようです1917年11月29日にデイリーテレグラフに発表された抗議は、戦争が1914年以前の社会構造を破壊し、生涯にわたる政治的無実が彼に交渉による平和の確保の問題を過度に単純化させた。

マックス・プラウマンの抗議の状況は非常に似ていたが、サスーンのように、彼はリバーズ教授によって一時的に扱われ、最終的には軍事的罰を免れた​​負傷した詩人であったが、対照的に、戦争に対する彼の反対は、深く揺るぎない平和主義に基づいていた。戦前でさえ、プロウマンは彼の有罪判決の危険を冒し、父親のレンガ工場を離れて作家としての不安定な生活を始めました。そして、社会主義者として、彼は常に戦争について疑問を抱いていました。彼は1914年12月まで志願せず、その後は救急車の仕事のためだけに志願しました。戦争に関する彼の見解が明らかにされていた最初の兆候は、1915年7月の彼の決定であり、戦闘員と非戦闘員のサービスの間に原則的に違いはなかった。最初、彼は戦うことを決心し、歩兵連隊に任命され、1916年8月に前線に到達した。しかし、1917年1月、彼は混乱し、家を無効にし、塹壕に戻ることはなかった。彼が彼が平和主義者であることを徐々に発見したのは彼の病気休暇の間にでした。そしてそれはタゴールの影響下にありました ナショナリズム 1918年1月、前線から1年後、彼の戦争への憎しみは、あらゆる種類の組織化された戦争は常に組織化された殺人であるという固定された信念に徐々に深まったという理由で、彼は委員会を辞任する措置を講じた。ですから、私は受肉の教義(神は確かにすべての人体に住んでいる)を完全に信じています。それは、人を殺すことは常に神を殺すことであると私は信じています。彼は幸運にも軍隊からの単純な解雇で逃げただけでなく、徴兵手続きの遅れのために(彼は現在退院したボランティアとして責任を負っていた)、絶対主義者としての刑務所を避けた。彼は自由を利用して、1919年に戦争と創造的衝動として出版され、彼が生涯にわたって揺るぎなく主張した古典的な社会主義平和主義を定義した彼の立場の説明を書いた。たとえばウィルフレッド・ウェロックのキリスト教社会主義とほとんどの点で似ていますが、それは超自然的な権威への訴えではなく、プロウマンが長い間持っていた神秘的でほとんどアナキストの社会主義の概念に触発されたという点で明らかに「政治的」でした彼の文学の英雄、ウィリアムブレイクで賞賛されました。


民主統一党

編集者が提出内容を確認し、記事を改訂するかどうかを決定します。

民主統一党(DUP)、北アイルランドの組合主義政党。 DUPは、1971年から2008年まで主導したイアンペイズリーによって共同設立されました。この党は伝統的に、北アイルランドのユニオニストプロテスタントコミュニティとアルスター統一党(UUP)の間で投票を競っています。


私たちの歴史

200年以上にわたり、私たちの党は公民権、医療、社会保障、労働者の権利、女性の権利のための戦いを主導してきました。私たちはバラク・オバマ、ジョン・F・ケネディ、FDR、そしてより完璧な組合を構築するために毎日働く無数の毎日のアメリカ人の党です。私たちの業績のいくつかを見てください。私たちが民主党員であることを誇りに思っている理由がわかります。

修正第19条:女性参政権

民主党のウッドロウ・ウィルソン大統領のリーダーシップの下、米国憲法は女性に選挙権を与えるように改正されました。 1920年8月、テネシー州は女性参政権を批准する36番目の州となり、米国の19番目の改正となりました。

フランクリン・D・ルーズベルト大統領とニューディール

1930年代、アメリカ人は民主党に目を向け、大恐慌を終わらせるためにフランクリンD.ルーズベルト大統領を選出しました。ルーズベルト大統領はアメリカ人にニューディール政策を提案し、人々を仕事に復帰させ、農場の価格を安定させ、田舎の家や地域社会に電力を供給しました。ルーズベルト大統領の下で、社会保障は今日まで続く約束を確立しました:年をとることは二度と貧しいことを意味することはありません。

社会福祉法

フランクリンD.ルーズベルトのニューディール政策の最も永続的な部分の1つである社会福祉法は、退職者、失業者、未亡人、孤児を支援します。この法律に署名することにより、フランクリンD.ルーズベルトは高齢者のための連邦支援を提唱した最初の大統領でした。それは共和党の立法府によって大部分が反対された。

1940年代-1960年代

1944年、フランクリンD.ルーズベルトはG.I.ビル—第二次世界大戦から戻った兵士に前例のない利益をもたらした歴史的な措置。これには、低コストの住宅ローン、起業のためのローン、高等教育を求める人々の授業料と生活費が含まれます。ハリー・トルーマンは、第二次世界大戦後のマーシャルプランでヨーロッパの再建を支援し、北大西洋条約機構の設立を監督しました。軍隊を統合することにより、トルーマン大統領は人種と性別の障壁を取り除き、その後の数年間で公民権の進歩への道を開くのを助けました。
1960年代に、アメリカ人は再び民主党に目を向け、新しい時代の課題に取り組むためにジョンF.ケネディ大統領を選出しました。ケネディ大統領はあえてアメリカ人に人を月に乗せ、平和部隊を創設し、核兵器の大気実験を禁止する条約を交渉しました。
そして、ケネディ大統領の暗殺後、アメリカ人はリンドンジョンソン大統領に目を向けました。リンドンジョンソン大統領は、偉大な社会の新しいビジョンを提示し、公民権法と投票権法に署名しました。

公民権法

この画期的な法律は、アフリカ系アメリカ人と女性に対する主要な形態の差別を非合法化し、人種差別を禁止しました。リンドン・B・ジョンソン大統領によって法に署名され、それは不平等な投票要件を終わらせ、学校、職場、および公共施設を隔離しました。

ジョンソン大統領からオバマ大統領へ

ジョンソン大統領によるメディケアの制定は、アメリカの歴史における分水嶺の瞬間であり、米国の高齢者への取り組みを再定義し、すべてのアメリカ人が健康的な引退の権利を有するという新たな約束を提供しました。
1976年、ウォーターゲート事件をきっかけに、アメリカ人はホワイトハウスの尊厳を回復するためにジミー・カーターを選出しました。彼は教育エネルギー省を創設し、イスラエルとエジプトの間に永続的な平和を築くのを助けました。
1992年、12年間の共和党大統領、記録的な財政赤字、高い失業率の後、アメリカ人は再び民主党に目を向け、ビル・クリントンを選出してアメリカを再び動かしました。クリントン大統領は予算のバランスを取り、経済が2,300万人の新規雇用を追加するのを助け、歴史上最長の平時の経済拡大を監督しました。
And in 2008, Americans turned to Democrats and elected President Obama to reverse our country’s slide into the largest economic downturn since the Great Depression and undo eight years of policies that favored the few over the many.
Under President Obama’s direction and congressional Democrats’ leadership, we reformed a health care system that was broken and extended health insurance to 32 million Americans.

Patient Protection and Affordable Care Act

After decades of trying and despite unanimous opposition from Republicans, President Obama and Democrats passed comprehensive health reform into law in March 2010. The Affordable Care Act holds insurance companies accountable, lowers costs, expands coverage, and improves care for all Americans.

Paving the way

We reined in a financial system that was out of control and delivered the toughest consumer protections ever enacted.
We reworked our student loan system to make higher education more affordable.
We passed the Recovery Act, which created or helped to save millions of jobs and made unprecedented investments in the major pillars of our country.
From America’s beginnings to today, people have turned to Democrats to meet our country’s most pressing challenges—and pave the way for a future that lifts up all Americans.


Party Divisions of the House of Representatives, 1789 to Present

Political parties have been central to the organization and operations of the U.S. House of Representatives. As this chart demonstrates, the efforts of the founding generation to create a national government free of political parties proved unworkable. Parties demonstrated their worth in the House very quickly in organizing its work and in bridging the separation of powers. Within a decade House parties absorbed the various state and local factions.

The chart below emphasizes the traditional two-party structure of the United States, with third-party affiliations in the Other column. Additionally, the numbers of Delegates and Resident Commissioners are reflected in the “Del./Res.” Column for reference. This chart does not address the party affiliation of these Members as they do not hold voting privileges on the House Floor.

The figures presented are the House party divisions as of the initial election results for a particular Congress. This means that subsequent changes in House membership due to deaths, resignations, contested or special elections, or changes in a Member’s party affiliation are not included.


Union of Democratic Control - History

P olitics is compromising , dirty business, at best, and we aren&rsquot flag wavers for any political party. None of them are godly, to say the least. But truth in history is important.

The Republican Party was formed largely on an anti-slavery platform. It emerged in 1854 to combat the expansion of slavery into American territories and new states. The theme was &ldquoFree Soil, Free Labor, Free Men,&rdquo with &ldquoFree Soil&rdquo referring to granting western land to farmers.

The first Republican Party president was Abraham Lincoln, who led the Union&rsquos war against the Southern Confederacy, a war that was not wholly about slavery, but slavery was a fundamental aspect.

In 1865, the Republicans passed the Thirteenth Amendment banning slavery.

In 1868, Republicans passed the Fourteenth Amendment granting citizenship to former slaves and equal protection under the law.

Under President Ulysses Grant (1868-1876), Republicans, backed by federal troops, sought to &ldquoReconstruct&rdquo the South and enforce federal laws granting liberties to blacks. They formed &ldquoUnion Leagues&rdquo and fought the Ku Klux Klan and other segregationist forces.

In 1872, the first seven black members of the United States Senate and House of Representatives were Republicans.

In 1873, Democrats won control of the House of Representatives at the federal level and formed &ldquoRedeemer&rdquo coalitions that gradually gained control over the state governments in the South.

In 1877, federal troops were removed from the Southern states and the era of Reconstruction ended. Democratic-controlled southern governments enacted segregation policies, called &ldquoJim Crow Laws, which effectively disenfranchised blacks and segregated all aspects of society. &ldquoThe region then became the Solid South , giving overwhelming majorities of its electoral votes and Congressional seats to the Democrats through 1964&rdquo (&ldquoHistory of the United States Republican Party,&rdquo ウィキペディア ).

&ldquoThe timing of the agreement was prompted by the presidential election of 1876 between Democrat Samuel B. Tilden, governor of New York, and Republican Rutherford B. Hayes, governor of Ohio. When the votes were counted, Tilden led Hayes by one vote in the Electoral College. But the Republicans accused the Democrats of voter fraud, saying they intimidated African-American voters in three Southern states, Florida, Louisiana and South Carolina, and prevented them from voting, thus fraudulently handing the election to Tilden.

&ldquoCongress set up a bipartisan commission made up of five U.S. representatives, five senators and five Supreme Court justices, with a balance of eight Republicans and seven Democrats. They struck a deal: The Democrats agreed to allow Hayes to become president and to respect the political and civil rights of African-Americans if the Republicans would remove all remaining federal troops from Southern states. This effectively ended the era of Reconstruction in the South and consolidated Democratic control, which lasted until the mid-1960s, nearly a century.

&ldquoHayes kept his side of the bargain and removed all federal troops from Southern states within two months of his inauguration. But Southern Democrats reneged on their part of the deal.

&ldquoWith the federal presence gone, disenfranchisement of African-American voters in the South became widespread and Southern states passed segregationist laws governing virtually all aspects of society--called Jim Crow--that remained intact until the Civil Rights Act of 1964, passed during the administration of President Lyndon B.Johnson. The Voting Rights Act of 1965 followed a year later, finally codifying into law the promises made by Southern Democrats in the Compromise of 1877&rdquo (&ldquoThe Compromise of 1877 Set the Stage for the Jim Crow Era,&rdquo ThoughtCo.com).
__________

The following is excerpted a speech by Dinesh D&rsquoSouza, Stanford University, March 2019 [ web reference ]

The fascists [in Europe], for their part, were deriving and drawing ideas from the United States. This is not known, and I want to give a single example which I have dramatized in my movie The Death of a Nation . .

Leading members of Nazi Germany, 1935, are in a room and they are drafting the so-called Nuremberg laws. These are the laws that make Jews into second class citizens, and they do three things: they segregate Jews into ghettos, they forbid intermarriage between Jews and other Germans, and they condone confiscation of Jewish property. In other words, state-sponsored discrimination against Jews. The Nazis are sitting there, and basically they are saying, &lsquoWe want to make these laws, but there is no international precedent for them. Nobody has done this type of thing.&rsquo Then one of the Nazis who had studied in the United States said, &lsquoActually, gentlemen, you are wrong. Somebody has beaten us to the punch. The Democratic party in the United States has laws that do all of the three things that we want. The Jim Crow laws of the American south have segregation, anti-miscegenation laws outlawing intermarriage, and they condone state-sponsored discrimination. All we have to do is take the laws of the Democratic party, cross out the word , write in the word Jew , and we are home free.&rsquo What am I saying here? I&rsquom not saying that the Nazis got a parallel idea. I&rsquom saying that actual Nazis had in their hands the blueprints of the Democratic laws and they used it to create the Nuremberg laws, and this fact has been completely suppressed in progressing historiography in the United States.

Now I said the Nazis were talking about the Democratic laws, and you might be thinking, &lsquoDemocratic laws? Aren&rsquot you talking about the southern laws?&rsquo See, the Nazis actually knew something that we don&rsquot know, namely, every segregation law in the United States, from the 1880s to the 1950s was passed by a Democratic legislature, signed by a Democratic governor, enforced by Democratic officials, and there is not a single exception to this rule . 。 I want to pull back and say just a word about slavery. When I speak on campuses, it is not atypical to tell students that the Democratic party was the party of slavery, and I say it so matter of factly that the students are a little puzzled because they have always heard that slavery was done by the white man, or by America. And I say, Look, America didn&rsquot do anything. Some Americans did it, and other Americans stopped them. We need to distinguish who did it, and who did it was the Democratic party in the north and the south. That&rsquos the key. The whole idea of knocking Confederate monuments is essentially a strategic stage tactic to fool you into thinking that the slavery debate was north-south. But Abraham Lincoln knew better. When he identified the Four Horsemen of the Apocalypse, the four bad guys of slavery, he mentioned Roger Taney, who wrote the Dred Scott decision. He was a southerner [Democrat] from Maryland. Then Lincoln mentions Franklin Pierce, the former President from New Hampshire, northern Democrat James Buchanan from Pennsylvania, northern Democrat and Stephen Douglas, Lincoln&rsquos supreme antagonist, from Illinois, northern Democrat. So three of the four pro-slavery champions are northerners.

Inevitably when I tell students this, the following happens. Some professor . stands up and says, &lsquoMr. D&rsquoSouza, you are misleading the audience by pointing a finger of blame solely at one party, whereas we all know that there was plenty of blame to go around.&rsquo Very interesting statement. First of all it retreats from the position that the Republicans are the bad guys. It now tries, sort of with a squid-like cloud of obfuscation, to spread the blame so broadly so that no one really knows what&rsquos going on. So it is really important at this time to unfurl what I call &lsquothe crushing fact.&rsquo It is the fact that settles the argument at one blow. This is the time for me to point out that in 1860, the year before the Civil War, no Republican owned a slave . Think about this for a moment. I&rsquom not saying that no Republican leader owned a slave. I&rsquom saying no Republican in the United States owned a slave. 。 All you have to do is name one Republican who owned a slave, and I would have to take this back. And yet from the time I made this statement well over two years ago not a single valid counter-example has surfaced. Several months ago I got an email from a demographer at the University of Michigan who said, &ldquoDinesh, I&rsquove been working this. I&rsquove got you. Ulysses S. Grant inherited a slave on his wife&rsquos side.&rsquo I said, Well, that is an impressive riposte. I need to point out to you that at the time this occurred, Ulysses S. Grant was a Democrat. He became a Republican later.

私は何をしているのですか? We have a really strange phenomenon. If you look at what&rsquos going on now, you have Democrats, on the left, pointing the finger of racism at the very people who fought racism from the beginning of this country&rsquos history, while suppressing the fact that the actual racism came from their party . This is not just about slavery. The Democrats were the party of slavery, of segregation, of founding the Ku Klux Klan, of reviving the Ku Klux Klan, of racial terrorism, and of opposition to the civil rights movement of the 1960s. The opposition to the civil rights act of 1964, the voting rights act of 1965, the fair housing bill of 1968 came mainly from the Democratic party, and that&rsquos a fact .

Faced with this crushing history, we have a puzzle. First of all, the very guys who have poisoned the waters are now showing up pretending to be the water commissioner. They did it! They have never admitted it. They have never apologized for it. They haven&rsquot paid one penny of restitution for it. And yet they presume to lecture the rest of us who are completely innocent on this score of being the real culprits. This is really funny. My wife, Debby, is Latina. Her father is Venezuelan, her mother Mexican, and we were at Dartmouth: an east Indian and Latina. And a bunch of white guys were screaming at us, &lsquoRacist!&rsquo What is this, 土曜日の夜のライブ ! And this is an Ivy League college.

I want to address one final point. This is a very important point for the Left. It is the idea that the two parties switched sides. 。 The main thrust of the argument is that racist Dixiecrats (those who voted against the civil rights acts) all became Republicans. If true, this would vindicate the idea that the Democrats may have once been the bad guys but now the bad guys have sort of moved over. The beauty of this kind of statement is the fact that it is empirical. It&rsquos not one of those, &lsquoWho&rsquos to say what&rsquos true?&rsquo No, all you have to do is do a web search for &lsquoDixiecrat&rsquo and then you count how many of the racist Dixiecrats became Republican. The correct answer, which I will tell you now, is two. In the House, one guy Albert Watson, and in the Senate, one guy Strom Thurmond, and all the other racist Dixiecrats lived and died in the Democratic party. They are lionized to this day. There are buildings in Washington D.C. named after them. So this notion of a party switch is a big lie.

The racists stayed in the Democratic party. Their tactics shifted over the years. Where does this leave us today? Very sadly, some of these terrible things from history--bigotry, a fascist streak--we still have it in America. But where is it coming from? People say, &lsquoTrump&rsquos the fascist. He hates democracy. He won&rsquot tolerate dissent.&rsquo I&rsquom thinking, &lsquoIf Trump is a fascist and he won&rsquot tolerate dissent, how come you are dissenting? Trump is bashed on every platform every minute of the day. He is bashed on the Emmys. Broadway shows are interrupted to bash Trump. If this was Mussolini he would send a bunch of goons and beat those guys up and that would be the end of that. That&rsquos how dictators actually behave. I saw Cher complaining that Trump beat her up on Twitter. on Twitter! That being said, there is a streak of bullying and intimidation and intolerance. I would argue that simple empirical evidence shows that it is coming from the Left.

The previous is excerpted a speech by Dinesh D&rsquoSouza, Stanford University, March 2019 [ web reference ]

Sharing Policy: Much of our material is available for free, such as the hundreds of articles at the Way of Life web site. Other items we sell to help fund our expensive literature and foreign church planting ministries. Way of Life's content falls into two categories: sharable and non-sharable. Things that we encourage you to share include the audio sermons, O Timothy magazine, FBIS articles, and the free eVideos and free eBooks. You are welcome to make copies of these at your own expense and share them with friends and family. You may also post parts of reports and/or entire reports to websites, blogs, etc as long as you give proper credit (citation). A link to the original report is very much appreciated as the reports are frequently updated and/or expanded. Things we do not want copied and distributed are "Store" items like the Fundamental Baptist Digital Library, print editions of our books, electronic editions of the books that we sell, the videos that we sell, etc. The items have taken years to produce at enormous expense in time and money, and we use the income from sales to help fund the ministry. We trust that your Christian honesty will preserve the integrity of this policy. "For the scripture saith, Thou shalt not muzzle the ox that treadeth out the corn. And, The labourer is worthy of his reward" (1 Timothy 5:18). Questions? [email protected]

Goal: Distributed by Way of Life Literature Inc., the Fundamental Baptist Information Service is an e-mail posting for Bible-believing Christians. Established in 1974, Way of Life Literature is a fundamental Baptist preaching and publishing ministry based in Bethel Baptist Church, London, Ontario, of which Wilbert Unger is the founding Pastor. Brother Cloud lives in South Asia where he has been a church planting missionary since 1979. Our primary goal with the FBIS is to provide material to assist preachers in the edification and protection of the churches.


The Alliance of U.S. Labor Unions and the Democratic Party

Ever since industrial unions worked to reelect President Franklin Roosevelt in 1936, organized labor and the Democratic Party have worked together in U.S. politics. Unions provide votes, money, and volunteer time, and Democrats offer policy benefits when they take office. This partnership is often taken for granted. Yet it differs from partnerships in other Western democracies, and the distinctive U.S. alliance of unions and a major party has also shifted over time as Democrats have shed their conservative southern wing and the unionized share of the U.S. labor force has fallen threefold over the last six decades. Just eleven percent of all American workers are currently unionized, and a mere six percent in the private sector.

Unique U.S. Political Conditions

Across the world, parties of the center-left ally with trade unions, yet institutional arrangements in the United States have circumscribed labor’s influence. Winning seats only in cities where industrial workers were concentrated gave the early British Labour Party a toehold in the House of Commons, from which it ultimately overtook the Liberal Party. In Canada, the New Democratic Party, a small party with backing from unions and radical wheat farmers, pressured the Liberals to adopt its health insurance program for all Canadians. But in the United States, the Electoral College requires political parties to cobble together national majorities by winning elections outright across 50 heterogeneous states and 435 districts. Unions have mattered in many but never in all of these jurisdictions.

Distinctive historical sequences also matter. In many European countries, unions formed labor parties to push for universal male suffrage long after industrialization was under way. Present-day U.S. trade unions, however, banded together in the American Federation of Labor in 1886, decades after male suffrage expanded and mass political parties emerged in agrarian America. Federal court injunctions also limited early U.S. unions, which responded by focusing on winning benefits on the job for skilled workers and sticking to local-level political alliances.

The New Deal and Its Aftermath

The New Deal transformed both unions and Democrats. The 1935 National Labor Relations Act was spearheaded by Robert F. Wagner, an urban liberal and a loyal Democrat from New York. It gave federal sanction to union contracts, and set up the National Labor Relations Board to enforce collective bargaining rights in the private sector. After the newly formed Congress of Industrial Organizations organized mass-production workers, it departed from organized labor’s longstanding reluctance to take national positions, backing Democrats and New Deal legislation.

  • In the summer of 1936, the Congress of Industrial Organizations led by John L. Lewis of the United Mine Workers formed labor’s Non-Partisan League to re-elect Roosevelt and contribute about a tenth of Democrats’ total campaign dollars. Although the League did not get involved in Congressional elections or reach out to state or local unions, a more ramified and permanent political infrastructure emerged by 1943.
  • Hopes for outright political dominance were soon tempered. After a wave of strikes, a coalition of Republicans and southern Democrats, worried about biracial labor organizing that would threaten Jim Crow, passed the 1947 Taft-Hartley Act over President Harry Truman’s veto. This law created barriers to new union organizing, expanded management rights, and allowed states to enact “right-to-work” provisions to ban the union shop. Many states in the Sun Belt did exactly that.
  • After postwar bills for full-employment and national health insurance fell short in Congress, unions relied on collective bargaining to secure health and pension benefits for their own members, supporting public programs as supplements. Even so, anger about Taft-Hartley pushed the American Federation of Labor into continuing alliance with northern Democrats.

Alliance Persists amid Adversity

The New Deal era labor-Democratic partnership profoundly reshaped the electoral landscape, and remained strong as Democrats later lost ground and union enrollments plummeted.

  • Unions increase overall voter participation and also tilt voters toward the Democrats. Of course, labor’s clout has declined with membership losses. But Democratic candidates still benefit, because voters in union households have consistently preferred them by margins between 9 and 16 percentage points greater than voters in non-union households.
  • Ever since 1947, Republicans and Democrats have continued to clash over legal rights for unions, yet Democrats have not been able either to repeal Taft-Hartley or to deliver major new supports. In 1965, 1978, and 2009, pro-union bills failed due to the Senate filibuster.
  • After the 1940s, unions committed scant resources to workplace organizing – and they faced long odds when they tried to change course in the 1990s. Only miniscule slivers of U.S. workers have recently formed unions, and changing this reality would cost thousands of dollars per union member each year. Ironically, a 2005 survey found that 53 percent of America’s non-union employees would favor a union. If such sentiments could be translated into organizational reality, unions would represent almost three-fifths of the U.S. workforce.
  • Backed by a rightward-trending Republican Party, corporations have steadily accelerated efforts to weaken unions. During the 1970s, the share of organizing campaigns in which federal regulators found illegal firings rose from less than a tenth to approximately a quarter, a level of infractions that has since persisted. After Democrats failed to expand union rights, Republican President Ronald Reagan fired striking air controllers in 1981 and banned them from federal employment for life. Further counter-attacks include recent moves by conservative GOP governors and legislatures to extend anti-union laws into previous labor strongholds such as Michigan and Wisconsin.

Just before the 2012 election, the head of the Amalgamated Transit Union worried aloud that if Republicans “take over the federal government, there will be no such thing as a labor movement.” His statement pinpoints why longstanding partnerships between unions and Democrats continue in today’s transformed environment of weak unions, polarized parties, and a fiercely resurgent anti-union Right.


Aims and Principles ↑

The UDC declared its four “Cardinal Points” on 10 September 1914:

  1. Affected populations should be consulted by plebiscite before transferring sovereignty of any area from one state to another.
  2. “Secret diplomacy” should be replaced by public parliamentary sanction for all British foreign policy.
  3. Foreign policy should seek international cooperation rather than the “balance of power”. An “international council” should be established to ensure peace.
  4. Britain should advocate substantial international disarmament and nationalised armaments production.

Extending Point three, the UDC member Goldsworthy Lowes-Dickinson (1862-1932) soon coined the term “league of nations”, and he and several other members were active in the “Bryce Group”, which developed the idea further. The UDC claimed that U.S. President Woodrow Wilson’s (1856-1924) later advocacy of the League of Nations, and other aspects of his Fourteen Points, were influenced by their ideas.


Founding of the Democratic-Republican Party

Jefferson and Madison founded the party in opposition to the Federalist Party, which was led by John Adams, Alexander Hamilton, and John Marshall, who fought for a strong federal government and supporting policies that favored the wealthy. The primary difference between the Democratic-Republican Party and the Federalists was Jefferson's belief in the authority of local and state governments.

"Jefferson's party stood for rural agricultural interests urban commercial interests represented by Hamilton and the Federalists," wrote Dinesh D'Souza in Hillary's America: The Secret History of the Democratic Party.

The Democratic-Republican Party was initially just a "loosely aligned group that shared their opposition to the programs introduced in the 1790s," wrote University of Virginia political scientist Larry Sabato. "Many of these programs, proposed by Alexander Hamilton, favored merchants, speculators, and the rich."

Federalists including Hamilton favored the creation of a national bank and the power to impose taxes. Farmers in the western United States strongly opposed taxation because they worried about not being able to pay and having their land being bought up by "eastern interests," Sabato wrote. Jefferson and Hamilton also clashed over the creation of a national bank Jefferson did not believe the Constitution permitted such a move, while Hamilton believed the document was open to interpretation on the matter.

Jefferson initially founded the party without the prefix its members were initially known as Republicans. But the party eventually became known as the Democratic-Republican Party. Jefferson initially considering calling his party the "anti-Federalists" but instead preferred to described its opponents as "anti-Republicans," according to the late ニューヨーク・タイムズ political columnist William Safire.


A difficult transition to progressivism

In the country’s second critical election, in 1896, the Democrats split disastrously over the free-silver and Populist program of their presidential candidate, William Jennings Bryan. Bryan lost by a wide margin to Republican William McKinley, a conservative who supported high tariffs and money based only on gold. From 1896 to 1932 the Democrats held the presidency only during the two terms of Woodrow Wilson (1913–21), and even Wilson’s presidency was considered somewhat of a fluke. Wilson won in 1912 because the Republican vote was divided between President William Howard Taft (the official party nominee) and former Republican president Theodore Roosevelt, the candidate of the new Bull Moose Party. Wilson championed various progressive economic reforms, including the breaking up of business monopolies and broader federal regulation of banking and industry. Although he led the United States into World War I to make the world “safe for democracy,” Wilson’s brand of idealism and internationalism proved less attractive to voters during the spectacular prosperity of the 1920s than the Republicans’ frank embrace of big business. The Democrats lost decisively the presidential elections of 1920, 1924, and 1928.


The 1856 Platform

Resolved, that we reiterate with renewed energy of purpose the well-considered declarations of former conventions upon the sectional issue of domestic slavery, and concerning the reserved rights of the states.

  1. that Congress has no power under the Constitution, to interfere with or control the domestic institutions of the several states, and that such states are the sole and proper judges of everything appertaining to their own affairs, not prohibited by the Constitution that all efforts of the abolitionists, or others, made to induce Congress to interfere with questions of slavery, or to take incipient steps in relation thereto, are calculated to lead to the most alarming and dangerous consequences and that all such efforts have an inevitable tendency to diminish the happiness of the people and endanger the stability and permanency of the Union, and ought not to be countenanced by any friend of our political institutions.
  2. that the foregoing proposition covers, and was intended to embrace the whole subject of slavery agitation in Congress and therefore, the Democratic Party of the Union, standing on this national platform, will abide by and adhere to a faithful execution of the acts known as the compromise measures,[3] settled by the Congress of 1850 “the act for reclaiming fugitives from service or labor,” included which act being designed to carry out an express provision of the Constitution, cannot, with fidelity thereto, be repealed, or so changed as to destroy or impair its efficiency.
  3. that the Democratic Party will resist all attempts at renewing, in Congress or out of it, the agitation of the slavery question under whatever shape or color the attempt may be made.
  4. that the Democratic Party will faithfully abide by and uphold, the principles laid down in the Kentucky and Virginia resolutions of 1798, and in the report of Mr. Madison to the Virginia Legislature in 1799[4] that it adopts those principles as constituting one of the main foundations of its political creed, and is resolved to carry them out in their obvious meaning and import.

And that we may more distinctly meet the issue on which a sectional party, subsisting exclusively on slavery agitation, now relies to test the fidelity of the people, North and South, to the Constitution and the Union—

  1. Resolved, that claiming fellowship with, and desiring the co-operation of all who regard the preservation of the Union under the Constitution as the paramount issue—and repudiating all sectional parties and platforms concerning domestic slavery, which seek to embroil the states and incite to treason and armed resistance to law in the territories and whose avowed purposes, if consummated, must end in civil war and disunion, the American Democracy recognize and adopt the principles contained in the organic laws establishing the territories of Kansas and Nebraska as embodying the only sound and safe solution of the “slavery question” upon which the great national idea of the people of this whole country can repose in its determined conservatism of the Union— non-interference by Congress with slavery in state and territory, or in the District of Columbia.
  2. that this was the basis of the compromises of 1850 confirmed by both the Democratic and Whig parties in national conventions—ratified by the people in the election of 1852, and rightly applied to the organization of territories in 1854.
  3. that by the uniform application of this Democratic principle to the organization of territories, and to the admission of new states, with or without domestic slavery, as they may elect—the equal rights, of all the states will be preserved intact the original compacts of the Constitution maintained inviolate and the perpetuity and expansion of this Union insured to its utmost capacity of embracing, in peace and harmony, every future American state that may be constituted or annexed, with a republican form of government.

Resolved, that we recognize the right of the people of all the territories, including Kansas and Nebraska, acting through the legally and fairly expressed will of a majority of actual residents, and whenever the number of their inhabitants justifies it, to form a Constitution, with or without domestic slavery, and be admitted into the Union upon terms of perfect equality with the other states.

Resolved, finally, that in view of the condition of popular institutions in the Old World (and the dangerous tendencies of sectional agitation, combined with the attempt to enforce civil and religious disabilities against the rights of acquiring and enjoying citizenship, in our own land) a high and sacred duty is devolved with increased responsibility upon the Democratic Party of this country, as the party of the Union, to uphold and maintain the rights of every state, and thereby the Union of the states and to sustain and advance among us constitutional liberty, by continuing to resist all monopolies and exclusive legislation for the benefit of the few, at the expense of the many, and by a vigilant and constant adherence to those principles and compromises of the Constitution, which are broad enough and strong enough to embrace and uphold the Union as it was, the Union as it is, and the Union as it shall be, in the full expansion of the energies and capacity of this great and progressive people.


ビデオを見る: 张维为被问起中国政府合法性的来源 张维为这样回答对方 (十一月 2021).